ACSLが東証マザーズ上場 初値は2830円

ACSLが東証マザーズ上場 初値は2830円

 ドローン開発、製造、技術開発の自立制御システム研究所が12月21日、新興企業が多く上場する東京証券取引所マザーズ市場に上場した。午前9時27分に2830円で取引が始まった。ドローン専業のスタートアップが上場するのは国内では初のケースとなった。


ドローンのスタートアップでは日本初の上場

 公募価格の3400円に対し、初値は2830円。一時、2900円まで切り返したものの、その後じりじりと値を下げ、午前9時45分現在、2330円で取引されている。この日は地合いが軟調だったほか、IOT銘柄の新規上場がほかにもあり、買いが集まりにくいと指摘されていた。

 ACSLは、2018年3月期の最終損益が4億6000万円の赤字だが、政府の政策や、楽天のドローン事業にも関わるなど、国内の成長を広く担うと期待されている。公募は90万株。

ACSLはドローン産業にさまざまな話題を提供している

この記事のライター

関連する投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月30日、ドローンなど無人航空機の新たな安全評価基準の研究開発に着手すると発表した。東京大学、イームズロボティクスなど6者による共同提案を採択する方針となった。今後、各メーカーが独自に取り組んでいる安全対策の性能をどう評価するか、などを検討する。


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

三信建材工業株式会社(愛知県豊橋市)は、土木、構造物そして、特に非GPS環境下でドローンを使った点検の実験を繰り返し、すでに実際の現場で活用し紹介していた。。


【橋梁・トンネル技術展】自律制御システム研究所がインフラ点検や測量用ドローンを展示

【橋梁・トンネル技術展】自律制御システム研究所がインフラ点検や測量用ドローンを展示

幕張メッセで開催中の橋梁・トンネル技術展のドローンエリアに出展した株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県美浜区、代表取締役:野波 健蔵)は、測量やインフラ点検など、用途に合わせてアクセサリを組み替えられるPF1シリーズを展示していた。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。