Velodyne Lidarがニコンとの技術開発および製造の協業を発表

Velodyne Lidarがニコンとの技術開発および製造の協業を発表

2018年12月21日 – カリフォルニア州サンノゼ。自動運転や自律航行のLiDARセンサーを開発・製造するVelodyne Lidar社(サンノゼ)は、ニコン(日本)から2,500万ドル(約27億円)の投資を受け、多方面での事業提携の協議を開始したと発表した。


ニコンの光学技術と精密技術をVelodyneのセンサー技術に組み込む

Velodyne Alpha Puck™センサー

 両社は、ニコンの光学技術と精密技術をVelodyneのセンサー技術と組み合わせることを目指し、技術開発と製造のコラボレーションを含む幅広いビジネス関係の調査を始める。Velodyneは、この関係が自律型および高度な安全性のグローバル市場向けのLIDARの製造および量産のスケジュールを早めると確信している。両社は、ロボット工学、マッピング、セキュリティ、シャトル、無人偵察機、および道路上の安全性など、幅広い用途のための高度な知覚技術の未来的なビジョンを共有していく。
 Velodyne Lidarの創設者兼最高経営責任者(CEO)のデビッド・ホール(David Hall)氏は「Velodyneは、世界の自律型自動車産業を支える強力な提携関係のネットワークを構築しています。100年前、Nikonのような光学技術とカメラ技術が人々の視野や視力を良くしてきました。現在、これらのテクノロジの基盤は、コンピュータの画像認識に貢献しています」と語る。

この記事のライター

最新の投稿


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。