高萩市の2万㎡フィールドで体験会  参加したカメラ愛好家「地元の絶景撮りたい!」

高萩市の2万㎡フィールドで体験会  参加したカメラ愛好家「地元の絶景撮りたい!」

 茨城県高萩市の旧君田小中学校を活用した「高萩ユーフィールド」で、ドローンスクール「ドローンエンジニアラボラトリー」が無料体験会を開催し、参加者がドローンの魅力を満喫しました。好奇心旺盛な参加者は、講師の説明を前のめりに聞き、頭に浮かんだ疑問をすぐに質問をして理解を深めていました。


旧君田小中学校を再生させた「高萩ユーフィールド」 ドローン拠点として運用開始!

 この日の体験会は1時間弱のプログラム。ドローンの簡単な説明と、少しだけ飛ばしている体験とを組み合わせてありました。この日、一番乗りで会場に到着したのは、地元高萩市の風景を50年以上にわたり写真に収めているアマチュアカメラマンKさん。「以前からドローンに興味がありました。今回、地元で体験会が開催されていると聞いて、これはいかなくては、と思い体験することにしました」

 1回目の体験会は3人でスタート。施設庁のあいさつのあと、ドローンエンジニアラボラトリーの講師が、学校の教室だった場所を改装した講習会場で、ドローンの飛ぶ仕組みや操作の方法、知っておかなければいけないルールなどの概要を説明すると、参加者からは「(ドローンを)買うと、いくらぐらいするんですか?」「小さいのもあるんですよね」など、積極的に質問。積極的な質問に、講師もていねいにこたえながら、ドローンの理解を深めていました。

 説明のあとは、体育館で体験。この日はRyze techのミニドローン、「Tello」をとばしてみました。スマホとの接続や、操作の手順などをみせて、やってみると一番乗りのKさんも、「はあ、これで飛ぶんだ」と感心。機体に搭載されたカメラから届いた画像に「映像もここまで映せるとはおもわなかった」などとすっかり夢中になっていました。Kさんは、「スマホも覚えなきゃならんな? あと映像をパソコンで編集する方法も覚えないと。これは大変だ」と言いながら、もニコニコ。

 見本として置いてあったTelloとPhantomの機能や性能の違いは? 雨だと飛ばせないの? 飛行禁止エリアは許可があれば飛ばせるの? それはどこに申請すればいいの?・・・と、次から次へと質問をして、答えを聞くたびに大きくうなずいて、一通り納得をしたところで、トイドローンTelloの購入と、スクールへの参加を決めていました。

約2万平方メートルの屋外フィールドでのびのびフライト

体育館を使った高萩ユーフィールドの屋内フィールドで体験中。ドローンを飛ばしながら、質問も飛ばす好奇心旺盛な参加者

一般開放もスタート! 1時間1000円で広々体験!

 体験会が行われた高萩ユーフィールドは、もともとは地元の公立小・中学校の校舎、校庭、体育館等であった施設・敷地。今年発足したJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定ドローンスクール「ドローン エンジニア ラボラトリー」(茨城県日立市)の運営するスクールなどをメインコンテンツに、ドローンの拠点として高萩ユーフィールドとして生まれ変わりました。

 特徴は旧校庭を改修した、広さ約2万平方メートル屋外フライトフィールド。高萩ユーフィールドは、この屋外フライトフィールドの貸し出しも始めました。スクールやイベントで使用していない日は、ドローンが飛ばせます。

概要は以下の通りです。

■解放期間:
スクール及びイベントが行われていない日の、午前 10 時~午後 3 時。

■解放場所:
屋外フライトフィールド(広さ約2万平方メートル)

■利用方法:
利用規約に同意し、電話、メール、ホームページで申請し、料金を支払ったら利用が確定
※原則、利用前の事前振込か、当日利用前に支払う

■料金:
屋外フライトフィールドを、定員4人(同時フライト4機まで)で貸し出し。料金は、1 人 1 時間あたり1,000円。
※同一機を、複数利用者でシェアすることも場合、シェアするグループを1人と換算。
※同一時間帯の他の利用者とはフィールドを等分した区画を利用エリアに割り当て。また同一時間帯に他の利用者がいない場合はフィールド全面の利用が可能。
※雨天などの場合、屋内フライトフィールド(体育館=高さ8メートル、広さ530平方メートル)に別の予約、利用がない場合に利用可

■付帯設備:
電源、エアコン、トイレ、休憩室、フリードリンク

高萩ユーフィールド: https://www.you-field.com/
申し込み:https://www.you-field.com/rental

改修にあたり高さネットも完備。安全面にも配慮した高萩ユーフィールド。フリードリンクも利用できる

廃校になった小中学校は、「高萩ユーフィールド」として運用が始まり、これからも学ぶ利用者を迎える

旧君田小中学校の門扉跡が、ドローンの学ぶ利用者を迎える。この奥に広々とした屋外フィールドが広がる

この記事のライター

関連する投稿


茨城・高萩の旧小中学校がドローン拠点に 12月にはドローンスクール開講予定

茨城・高萩の旧小中学校がドローン拠点に 12月にはドローンスクール開講予定

 1年半前まで児童・生徒の学び舎だった茨城県高萩市の旧・高萩市立君田小・中学校がドローンの拠点「高萩ユーフィールド ドローン・エンジニア・ラボラトリー」として再始動することになり、10月末に開所式が行われた。12月にはドローン操縦士の養成スクールが始まる予定で、新たな“生徒”を迎えることになる。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。