STU48の2ndシングル『風を待つ』 ドローンによるワンカットMVが話題

STU48の2ndシングル『風を待つ』 ドローンによるワンカットMVが話題

 アイドルユニットSTU48の2ndシングル『風を待つ』(https://youtu.be/asLJiYOf_No)のミュージックビデオがドローンによる1カット撮影であると話題だ。広島県尾道市の尾道文学室から千光寺公園周辺を舞台に、名物の階段をメンバーがダンスをしながら駆け上がる様子が、周辺の景色とともに堪能できる。


尾道の階段を舞台に撮影 メイキングで手持ち撮影の様子も

 『風を待つ』のミュージックビデオはドローンを使って、最初から最後まで中断せずに撮影し切る、いわゆる「1カット」の映像となっていることが特徴だ。高台の公園までのぼり坂が続く階段が撮影の舞台で、高い撮影技術が求められるロケーションの中、撮影スタッフは、メンバー16人の表情を、頭上から、正面から、上空から、と変化に富んだ視点でとらえている。できあがりまでの様子をたどるメイキング映像には、ドローンを飛ばす映像のほか、手持ちで接近して撮影している様子も記録されている。

 メンバーは撮影中、ダンスをしながら階段を駆け上がっていて、「誰かがミスをしたらやり直し」と緊張の強いられる状況だったといい、センターの瀧野由美子さんは「カメラが見えていないところでも、全速力で走って、回り込んで先にスタンバイしていたことが何度もあった」とも話している。

 このミュージックビデオの撮影は、2018年7月の西日本豪雨による災害で延期されていたという。

 ドローンによる2カット撮影のミュージックビデオとしては、米国のロックバンド、オーケー・ゴー(OK Go)の「I Won't Let You Down」(2014年、https://www.youtube.com/watch?v=u1ZB_rGFyeU)が知られる

 女性ボーカルユニット、パフュームが出演していたり、撮影場所が千葉県内であったりしたことなどから話題にのぼった。最近は多くのミュージックビデオ、プロモーションビデオでドローンの映像を取り入れている。

メイキング映像には、ドローンが操縦スタッフの手からを浮上するハンドリリースの様子が記録されている

『風を待つ』の冒頭のシーン。16人が階段でパフォーマンスをはじめる様子を周囲の風景とともに頭上からとらえている

ドローンを活用している様子が分かる場面

千光寺公園でパフォーマンスをするメンバーを俯瞰すると、周辺の美しい風景を同時に堪能できる

この記事のライター

関連するキーワード


STU48 尾道 1カット

最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。