管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

 国交省航空局は1月1日付で、管理団体、講習団体に関するHPの内容を更新した。ドローン操縦技能指導などを提供する「講習団体」として新たに17団体が加わり304団体が掲載された。講習団体を管理する「管理団体」は前月から3団体増え32団体となり、1年前の2倍超になった。最大は管理数が86と掲載されたJUIDAだった。


「管理数」2位はDJI JAPAN 6団体が“管理数”10以上

 1月1日のHPに掲載された管理団体は32団体で、それぞれ管理下にある「講習団体」の数が「管理数」として公表されている。管理数が最多だった管理団体は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)で管理数は86。DJI JAPAN株式会社がこれに次ぎ、30だった。

 JUIDAは2018年10月15日時点で185の認定スクールを抱えている。航空局のHPに管理数として掲載されている数字は、航空局が申請を受けて掲載を認定した数字であり、管理団体が運営している認定スクールの数ではないので、数字をみるうえでは注意が必要だ。

 管理団体としてはそのほか、一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の管理数が27、一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会が13、一般社団法人無人航空機操縦士養成協会が12、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)と、一般社団法人日本ドローン協会がそれぞれ11、一般社団法人日本ドローンコンソーシアムが10と、それぞれ2ケタの「管理数」を持っている。

アマナビが「3刀流」 管理団体のない独自の技能認証は61

 一方、講習団体は304団体で、1月1日付で17団体が新たに加わった。それぞれが特定の技能認証を授けるサービスを実施していて、HPでは、消費者がそれぞれの講習団体で指導を受けた場合に、取得が可能なライセンスを「技能認証名」として紹介してある。

 講習団体の中には複数系統の技能認証を扱っているところがある。広告ビジュアル業界最大手、株式会社アマナ株式会社(東京)のグループ会社、株式会社アマナビは「アマナドローンスクール」として、JUIDA、DJI JAPAN、「アマナドローングラファーライセンス」の3系統の技能認証を提供する、“三刀流”だ。取り扱っている技能認証のうち、JUIDAとDJI JAPANは管理団体の管理下だが、「アマナドローングラファーライセンス」は管理団体を持たない、同社の独自の技能認証だ。

 “三刀流”は現在、アマナビのみだが、2系統のライセンスを授与する二刀流の講習団体は13ある。

 一方、アマナビの「アマナドローングラファーライセンス」のように、講習団体独自の技能認証としては61が掲載されている。このため、管理団体32の系統とあわせ、HP上では93の技能認証が紹介されていることになる。

スクール網2倍以上に 管理団体は14→32 講習団体137→304

 また1年前の2018年1月1日は管理団体が14、講習団体が137だった。この2019年1月までの間に、管理団体は18、講習団体は167と、それぞれ2倍以上に増えたことになり、HP掲載分とはいえ、国内のドローンスクール網が拡大していることを物語っている。

航空局のHP:
http://www.mlit.go.jp/common/001259370.pdf

1月1日に更新した時点で管理団体は32団体だった

この記事のライター

関連する投稿


JUIDAがマレーシアで無人航空機教育カリキュラムを紹介、両者事業協力でMOU締結

JUIDAがマレーシアで無人航空機教育カリキュラムを紹介、両者事業協力でMOU締結

JUIDAがマレーシアの民間航空局Civil Aviation Authority of Malaysia:CAAM)を訪問、JUIDAの無人航空機教育カリキュラムを紹介。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

 一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドローンユーザーの安全な飛行を支援するため、ドローン飛行支援地図サービスと保険をセットにした「SORAPASS care」を12月5日に発売した。保険は業務用、ホビー用のいずれにも対応する。


ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

 ドローンの国際標準策定を目指す国際標準化機構(ISO)総会「ISO/TC20/SC16」が日本で開幕し、26日から議論が始まった。30日まで各国の委員が分野ごとに意見を交換する。26日には一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)がレセプションパーティーを開催し、シンガーSaashaが歌で会場を盛り上げた。


JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は31日、「認定スクールフェスタ2018」を開催し、2019年にドローン操縦の技能に応じて級が授与される「技能テスト」を導入すると発表した。7歳から16歳未満の若年層向けには「UASジュニアパイロット」も設定し、今後、ドローン人口拡大に取り組みを本格化させる。


最新の投稿


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。