管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

 国交省航空局は1月1日付で、管理団体、講習団体に関するHPの内容を更新した。ドローン操縦技能指導などを提供する「講習団体」として新たに17団体が加わり304団体が掲載された。講習団体を管理する「管理団体」は前月から3団体増え32団体となり、1年前の2倍超になった。最大は管理数が86と掲載されたJUIDAだった。


「管理数」2位はDJI JAPAN 6団体が“管理数”10以上

 1月1日のHPに掲載された管理団体は32団体で、それぞれ管理下にある「講習団体」の数が「管理数」として公表されている。管理数が最多だった管理団体は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)で管理数は86。DJI JAPAN株式会社がこれに次ぎ、30だった。

 JUIDAは2018年10月15日時点で185の認定スクールを抱えている。航空局のHPに管理数として掲載されている数字は、航空局が申請を受けて掲載を認定した数字であり、管理団体が運営している認定スクールの数ではないので、数字をみるうえでは注意が必要だ。

 管理団体としてはそのほか、一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の管理数が27、一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会が13、一般社団法人無人航空機操縦士養成協会が12、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)と、一般社団法人日本ドローン協会がそれぞれ11、一般社団法人日本ドローンコンソーシアムが10と、それぞれ2ケタの「管理数」を持っている。

アマナビが「3刀流」 管理団体のない独自の技能認証は61

 一方、講習団体は304団体で、1月1日付で17団体が新たに加わった。それぞれが特定の技能認証を授けるサービスを実施していて、HPでは、消費者がそれぞれの講習団体で指導を受けた場合に、取得が可能なライセンスを「技能認証名」として紹介してある。

 講習団体の中には複数系統の技能認証を扱っているところがある。広告ビジュアル業界最大手、株式会社アマナ株式会社(東京)のグループ会社、株式会社アマナビは「アマナドローンスクール」として、JUIDA、DJI JAPAN、「アマナドローングラファーライセンス」の3系統の技能認証を提供する、“三刀流”だ。取り扱っている技能認証のうち、JUIDAとDJI JAPANは管理団体の管理下だが、「アマナドローングラファーライセンス」は管理団体を持たない、同社の独自の技能認証だ。

 “三刀流”は現在、アマナビのみだが、2系統のライセンスを授与する二刀流の講習団体は13ある。

 一方、アマナビの「アマナドローングラファーライセンス」のように、講習団体独自の技能認証としては61が掲載されている。このため、管理団体32の系統とあわせ、HP上では93の技能認証が紹介されていることになる。

スクール網2倍以上に 管理団体は14→32 講習団体137→304

 また1年前の2018年1月1日は管理団体が14、講習団体が137だった。この2019年1月までの間に、管理団体は18、講習団体は167と、それぞれ2倍以上に増えたことになり、HP掲載分とはいえ、国内のドローンスクール網が拡大していることを物語っている。

航空局のHP:
http://www.mlit.go.jp/common/001259370.pdf

1月1日に更新した時点で管理団体は32団体だった

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」開幕 15日まで

日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」開幕 15日まで

発展を遂げる民間ドローン産業に関する日本最大級の国際展示会&国際コンファレンス「Japan Drone 2019」(主催:一般社団法人日本UAS産業振興協議会/JUIDA)が、 3 月13日、千葉県の幕張メッセで開催された。15日まで。


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


目視外飛行に向け福島RTFを使った実証実験実施 JUIDA、JUTM、JUAV3団体連携

目視外飛行に向け福島RTFを使った実証実験実施 JUIDA、JUTM、JUAV3団体連携

JUIDA、JUTMおよびJUAVの3団体は、昨年開所した福島 RTF の通信塔の機能を用いて、将来的な無人航空機の発展のために、福島 RTF において目視外飛行に向けた実証実験を1月23日開催し、今回その内容を公表した。


DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

 国交省航空局は2月1日、ドローンの講習団体や管理団体を掲載するHPを改訂した。講習団体は前月の304から332に増加。増加分28のうち22が一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)系で、DPCAは講習団体の掲載が33になり、掲載数では一気にJUIDAに次ぐ2位となった。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。