米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


操縦者と機体の安全性を確保する条件で飛行制限を緩和

 FAAが提案する規制緩和の提案は2件。ひとつは、夜間におけるドローンの飛行。FAAでは、2017年12月31日の時点で、1年間に申請された4,837件の夜間飛行に対して、1,233件を承認し2,256件を却下した。却下の多くは、必要な情報の不備によるものが多く、FAAでは提案を作成した時点まで、夜間における小規模なドローンの事故報告は受けていない。こうした背景から、特定の条件を満たした機体とパイロットに関しては、承認申請を不要にした夜間飛行の許可を検討しているという。主な条件は、パイロットが夜間の飛行における十分なトレーニングと知識を習得していることと、ドローンが衝突防止のために3マイルを照射できる照明を備えることの2件。
 もうひとつの規制緩和は、人の頭上での飛行に関するもの。2016年に施行された規則では、人の頭上における飛行は原則として禁止されていた。今回の提案では、ドローンの機体別に3つのカテゴリーに分けて、飛行条件を緩和する。
 カテゴリー1は、0.55ポンド(約250グラム)以下のドローン。FAAでは、軽量のドローンは人に対する危害が少ないと判断し、基本的に頭上の飛行を許可する。
 カテゴリー2は、0.55ポンド(約250グラム)以上のドローンに対する緩和案で、機体が人に衝突した場合に、障害の程度が一定の条件を下回ることが証明できれば、頭上への飛行を許可する。
 カテゴリー3は、カテゴリー2よりも損傷におけるしきい値を高くするが、人に衝突した際に、指定した運動エネルギーによる損傷よりも軽度になることが条件となる。カテゴリー3でもカテゴリー2でも、人の皮膚を裂傷する危険性のある回転部分の露出は禁じている。
 これらの提案は、FAAの以下のサイトで公開され、60日間のコメント期間を経て正式な案として公開される可能性が高い。

https://www.faa.gov/uas/programs_partnerships/DOT_initiatives/media/2120-AK85_NPRM_Operations_of_Small_UAS_Over_People.pdf

公開されたFAAのドラフト案

この記事のライター

関連する投稿


米国で最も人気のある商業用固定翼ドローンはsenseFly eBee

米国で最も人気のある商業用固定翼ドローンはsenseFly eBee

連邦航空局(FAA)の2018年の商用ドローン登録数で、senseFlyのeBeeが、米国で最もよく使用されている固定翼(VTOLを含む)となった。


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


ドローンネット、ドローンの夜間飛行をサポートする「スカイサーチライト」を9月13日から販売開始

ドローンネット、ドローンの夜間飛行をサポートする「スカイサーチライト」を9月13日から販売開始

ドローン関連商品&サービスの企画・開発を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、 強力LED照明で夜間を照らす「スカイサーチライト」を9月13日から「スカイビジネス会員」限定で発売開始、 9月末より順次出荷をはじめる。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。