ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


未来のドローン技術を目指すプロジェクトRACHEL(レイチェル)

1時間10分52秒の飛行時間を示す動画のワンシーン

 ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローンは、未来のUAV技術を目指すプロジェクトRACHEL(レイチェル)で開発された。このプロジェクトには、水素ドローンを開発したPRODUCTIV社と、ライブ中継ドローンを提供するBATCAM社に、燃料電池を開発するIntelligent Energy社が参加している。3社は、英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」にサポートされて、水素ドローンを開発した。
 プロジェクトRACHELのサイトには、5KGのペイロードで1時間10分52秒の飛行を終えた様子が、タイムラプス動画で掲載されている。飛行を成功した機体は、4本アームの8プロペラ型ドローンで、水素タンクが搭載されている。フライトコントローラーは、DJI製のN3を使用している。
プロジェクトRACHELでは、2019年内に実用性のある水素ドローンの提供を目指している。

プロジェクトRACHELのサイト
https://thehydrogendrone.com/

プロジェクトRACHELに参加する3社

この記事のライター

関連する投稿


120分の連続飛行と30kmの伝送を実現した水素ドローンNarwhal 2

120分の連続飛行と30kmの伝送を実現した水素ドローンNarwhal 2

BSHARK HOLDINGS LIMITED(中国)は、水素燃料電池で120分の飛行を可能にしたNarwhal 2を発表した。LTE技術による遠隔制御を可能にして、専用のトランスミッターで30kmのビデオ伝送を実現する。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。