Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


更新された機能の数々

 Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116の英文のリリースノートに記載されている更新情報は以下になる。

・Mobile SDKアプリで使用するための内蔵ディスプレイなしのリモートコントローラーのサポートを追加。
・写真測量およびリニアフライト操作に時限撮影モードを追加。
・写真測量操作を計画するときに詳細設定にオプションを追加して、操作領域の余白を自動的に設定。
・microSDカードを使用して計画された操作のエクスポートとインポートのサポートを追加。
・カスタムネットワークRTKを使用するときのRTCM 3.2 MSM 3のサポートを追加。
・FPV表示モードとしてグリッドを選択するためにカメラビューの一般設定にオプションを追加。
・カメラビューでジンバルピッチステータスバーをダブルタップしてジンバルをセンタリングする機能を追加。
・運航計画時の飛行経路長の制限を解除。
・飛行経路と運航期間の計算を最適化。
・ランダム操作によるアプリのクラッシュを修正。
・操作を一時停止した後にブレークポイントのマーカーが消えるバグを修正。
・自動操作中に撮影された写真の保存パスのバグを修正。
・アプリ内の一部のテキストの表示のバグを修正。
・システム言語が日本語のときのGSD値の表示のバグを修正。

 ファームウェアのアップデートには長い時間がかかる。更新は時間の余裕があるときに作業する方がいい。更新中は、ドローンの電源を切らないように配慮する。また、必ずドローンとリモコンの両方のファームウェアを更新する。一方だけを更新すると、動作しないという。
 今回のファームウェアは、v1.2.0以下のPC GS Proで使用することは推奨されていない。いくつかの機能が、適切に働かない可能性があるという。

PHANTOM 4 RTKダウンロードサイト

https://www.dji.com/jp/phantom-4-rtk/info#downloads

この記事のライター

関連する投稿


イギリス民間航空局がDJI Matrice 200シリーズの飛行中の停電の問題を報告

イギリス民間航空局がDJI Matrice 200シリーズの飛行中の停電の問題を報告

2018年10月26日、英国。イギリス民間航空局は、SN-2018/008文書でDJI Matrice 200シリーズの飛行中の停電に対処するために、最新のファームウェアへのアップデートを推奨し、特定のエリアでの飛行禁止を発表した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。