ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ボーイングの自律型旅客機(PAV)の試験飛行を動画で公開

自律飛行の試験に成功したボーイングのPAV

 ボーイング社のサイトに公開されたプレスリリースでは、バージニア州マナッサスで行われた試験飛行の動画が公開されている。試験飛行では、自律制御による飛行と地上の制御システムが検証された。
 ボーイングの最高技術責任者であるグレッグ・ハイスロップ氏は、「ボーイングの専門知識と技術革新は、世界で最も安全で効率的な交通手段として、航空の発展に欠かせません。私たちは、安全で革新的で責任ある新しいモビリティソリューションへの取り組みを続けていきます」と話す。
 将来のフライトでは、前進モード、翼型フライト、さらには垂直モードと前進モード間の移行フェーズがテストされる。この移行段階は、通常、あらゆる高速VTOL航空機にとって最も重要な技術的課題となっている。今回の飛行試験は、ボーイングにとって画期的な出来事であり、同社は1世紀以上にわたり空の革新を通して世界を変えてきたという。
 ボーイングの社長兼最高経営責任者(CEO)であるデニス・ミレンバーグ氏は、「これらのテストフライトが現実のものとなるように懸命に努力してくれたチームの皆さん、おめでとうございます。これから先に続くたくさんのエキサイティングなマイルストーンを楽しみにしています」と述べる。
 ボーイングネクストは、規制機関や業界のパートナーと協力して、新しいモビリティエコシステムの責任ある導入を導き、自律型航空機とパイロット航空機が安全に共存する将来を確実にしていく考えだ。

試験飛行の動画が掲載されているサイト:
http://www.boeing.com/features/2019/01/pav-first-flight-01-19.page

この記事のライター

関連する投稿


ボーイングとSparkCognitionがジョイントベンチャーのSkyGridを創設

ボーイングとSparkCognitionがジョイントベンチャーのSkyGridを創設

2018年11月20日-テキサス州オースチン。航空大手のボーイングとAI開発のSparkCognitionは、都市の空中モビリティの未来を可能にする新会社SkyGridの創設を発表した。


オーストラリア発、ボーイング社がクイーンズランド州で複数UAV機の自律飛行に成功

オーストラリア発、ボーイング社がクイーンズランド州で複数UAV機の自律飛行に成功

2018年8月17日、オーストラリア-ブリスベン。ボーイング社は、自社で開発した自律的な制御技術を使用して、セスナ型UAVの試験飛行に成功したと発表した。


ロールスロイスがEVTOLプロジェクトを発表

ロールスロイスがEVTOLプロジェクトを発表

航空機エンジンメーカーのロールスロイス(英国)は、イングランド南部のハンプシャー州で開催されたファーンボロー国際航空ショー(Farnborough International Airshow)で、EVTOL(電気式垂直離着陸機)のコンセプトを発表した。


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


ボーイング社が無人空輸カーゴの試作モデルを発表

ボーイング社が無人空輸カーゴの試作モデルを発表

米国シカゴ、1月10日。米国ボーイング社(NYSE:BA)は、VTOL(垂直離着陸)型の無人空輸カーゴのプロトタイプを発表した。500ポンドの積載量を目指して設計されている。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。