ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ボーイングの自律型旅客機(PAV)の試験飛行を動画で公開

自律飛行の試験に成功したボーイングのPAV

 ボーイング社のサイトに公開されたプレスリリースでは、バージニア州マナッサスで行われた試験飛行の動画が公開されている。試験飛行では、自律制御による飛行と地上の制御システムが検証された。
 ボーイングの最高技術責任者であるグレッグ・ハイスロップ氏は、「ボーイングの専門知識と技術革新は、世界で最も安全で効率的な交通手段として、航空の発展に欠かせません。私たちは、安全で革新的で責任ある新しいモビリティソリューションへの取り組みを続けていきます」と話す。
 将来のフライトでは、前進モード、翼型フライト、さらには垂直モードと前進モード間の移行フェーズがテストされる。この移行段階は、通常、あらゆる高速VTOL航空機にとって最も重要な技術的課題となっている。今回の飛行試験は、ボーイングにとって画期的な出来事であり、同社は1世紀以上にわたり空の革新を通して世界を変えてきたという。
 ボーイングの社長兼最高経営責任者(CEO)であるデニス・ミレンバーグ氏は、「これらのテストフライトが現実のものとなるように懸命に努力してくれたチームの皆さん、おめでとうございます。これから先に続くたくさんのエキサイティングなマイルストーンを楽しみにしています」と述べる。
 ボーイングネクストは、規制機関や業界のパートナーと協力して、新しいモビリティエコシステムの責任ある導入を導き、自律型航空機とパイロット航空機が安全に共存する将来を確実にしていく考えだ。

試験飛行の動画が掲載されているサイト:
http://www.boeing.com/features/2019/01/pav-first-flight-01-19.page

この記事のライター

関連する投稿


ボーイングの後援するGoFly賞が有人ドローン競技の受賞チームを発表

ボーイングの後援するGoFly賞が有人ドローン競技の受賞チームを発表

2019年3月26日。ボーイングが後援するGoFlyのパーソナルフライヤーコンペティションで、フェーズ2に選考された5チームが発表された。各チームには、5万ドル(約550万円)の賞金が授与される。


ボーイングとSparkCognitionがジョイントベンチャーのSkyGridを創設

ボーイングとSparkCognitionがジョイントベンチャーのSkyGridを創設

2018年11月20日-テキサス州オースチン。航空大手のボーイングとAI開発のSparkCognitionは、都市の空中モビリティの未来を可能にする新会社SkyGridの創設を発表した。


オーストラリア発、ボーイング社がクイーンズランド州で複数UAV機の自律飛行に成功

オーストラリア発、ボーイング社がクイーンズランド州で複数UAV機の自律飛行に成功

2018年8月17日、オーストラリア-ブリスベン。ボーイング社は、自社で開発した自律的な制御技術を使用して、セスナ型UAVの試験飛行に成功したと発表した。


ロールスロイスがEVTOLプロジェクトを発表

ロールスロイスがEVTOLプロジェクトを発表

航空機エンジンメーカーのロールスロイス(英国)は、イングランド南部のハンプシャー州で開催されたファーンボロー国際航空ショー(Farnborough International Airshow)で、EVTOL(電気式垂直離着陸機)のコンセプトを発表した。


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。