FLIR Systemsのナノドローンが米陸軍やフランス軍の契約を獲得

FLIR Systemsのナノドローンが米陸軍やフランス軍の契約を獲得

2019年1月24日 - 米国オレゴン州。1978年に設立されたセンサーシステムの世界的リーダーのFLIR Systems,Inc.(NASDAQ:FLIR)は、ナノドローンのFLIR Black Hornet Personal Reconnaissance Systems(PRS)が、米陸軍やフランス軍の契約を獲得し


兵士用センサーシステムのBlack Hornet Personal Reconnaissance Systems

各種センサーを搭載し25分の飛行が可能なナノドローンのFLIR Black Hornet

 FLIR Systems,Inc.(NASDAQ:FLIR)は、米国陸軍を支援するFLIR Black Hornet Personal Reconnaissance Systems(PRS)を納入するために3,960万ドルの受注を獲得した。Black Hornet PRSは、世界最小の戦闘実績のあるナノ無人航空機システム(UAS)で、現在30カ国以上で8,000を超える納入実績がある。ナノドローンのBlack Hornetは、どのような任務地であっても、戦闘員が状況認識、脅威の検出、監視の維持を支援する。電気光学/赤外線センサーと最大25分の飛行能力を備えたBlack Hornetは、空中センサーと地上センサー間のギャップを埋め、大型の無人航空機および地上車両と同じ状況認識および脅威検出機能を提供する。米陸軍では、Black Hornet PRSを兵士装備センサー(SBS)プログラムの一部として採用し、小隊および小型ユニットレベルの監視および偵察能力をサポートする。すでに2018年6月に米軍は、FLIR Black Hornet PRSの契約を締結し、初期装備は米軍に納入されている。
 FLIR Systemsの社長兼CEOであるジム・キャノン氏は、「我々は、米軍のSBSプログラムに選ばれたことを誇りに思います。この契約は、当社に新たに設立された無人システムおよび統合ソリューション事業部門にとって大きな勝利であり、ナノUAV技術に対する強い緊急の需要を示しています。私たちの無人ソリューションで米国の戦闘員を守ることが重要な目的です」と話す。
 一方のフランス国防調達局(DGA)は、上限額8,900万ドル(約97億円)で、FLIR Black Hornet Personal Reconnaissance Systems(PRS)の契約を結んだ。
 FLIR Systems,Inc.は、世界中で8,000を超えるBlack Hornet ナノUAVを納入している。同社は米国での無人航空機システム(UAS)サポートに対する需要の大幅な増加により、ケンタッキー州サマセットにあるUASサービス修理センターを拡大する。

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結  赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結 赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 赤外線カメラメーカーFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結し、世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始した。1月17日(水)から開催される「ロボデックス ロボット開発・活用展」で展示される。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。