テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

空撮写真の火災保険申請への活用と、ドローン操作講習の受講が可能に


 テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、「ほけん申請の窓口」により火災保険の申請をサポートする一般社団法人 日本住宅保全協会(東京都渋谷区)と、ドローンを用いた屋根点検の事業パートナーとして業務提携した。また株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)がドローン操作の講習をサポートする。
 今回の業務提携の内容は、日本住宅保全協会の加盟店に対し、テラドローンのTerra Rooferの特別プランを提供。同アプリを用いて屋根点検を実施した後、火災保険を適切に申請するためのサポートを日本住宅保全協会が行い、ドローン操作の講習をドローン・フロンティアがサポートするというもの。 これにより、ドローンを安全に利用しながら屋根点検を簡単に、かつ火災保険の申請に必要な情報を収集することができるようになった。

【Terra Roofer 特長】
・初心者でも簡単、ドローンの自動航行にて屋根の撮影
・クラウドサーバーにて屋根写真の保存
・撮影した写真から屋根の面積の積算

図1:Terra Rooferのイメージ

図2:Terra Rooferアプリの動作画面

■問い合わせ先
【Terra Rooferに関するお問い合わせはこちら】
社 名:株式会社テラドローン(https://terra-drone.net/
代表者:代表取締役社長 徳重徹
担当者:事業開発部 吉田達也
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53番67号 コスモス青山SOUTH棟303
電 話:03-6419-7193(代表)
メール:info_terra-roofer@terra-drone.co.jp(直通)

【ほけん申請の窓口へのお問い合わせはこちら】
社 名:一般社団法人日本住宅保全協会(http://www.jhdrc.com/
代表者:理事長 酒井孝
所在地:〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-29-9-4F
電 話:0120-926-703(フリーダイヤル)
メール:offer@jhdrc.com

【ドローン・フロンティアへのお問い合わせはこちら】
社 名:株式会社ドローン・フロンティア(https://www.drone-frontier.co.jp/
代表者:代表取締役社長 弓削拓実
所在地:〒120-0026 東京都足立区千住旭町38-1 東京電機大学内かけはし4F
電 話:03-5284-7594
メール:info@drone-frontier.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

RTK付き固定翼・AIを活用した3D送電線マップ・植生除去レポートを作成


テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、インドネシアのUAVサービス企業であるAeroGeoSurvey (インドネシア)と出資契約を締結し、 Terra Drone Indonesiaを設立すると発表した。


テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローンは、従来製品の約1/3価格を達成したUAVレーザ「Terra Lidar(テラライダー)」のレンタルサービスが開始された。2月末日まで各都道府県先着2社限定で計測キャンペーンを実施。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。