千葉功太郎さん生放送で軽快トーク! 「代理ロボ開発中」「ホバーバイクを3月お披露目」

千葉功太郎さん生放送で軽快トーク! 「代理ロボ開発中」「ホバーバイクを3月お披露目」

 DroneFundの代表パートナー、千葉功太郎さんが1月29日、GYAO!のオリジナル生放送番組「ぶるぺん」に出演し軽快なトークを披露した。千葉さんは、自分の代理になるロボットを製作中であることや、投資先の企業開発中のホバーバイクを3月にお披露目する計画であることなどを明かし、番組を盛り上げた。


「子供のころは六本木交差点をランドセル姿で横断」プライベートトークも!

 千葉さんが出演したのは、番組は、毎週火曜日の午後8時~午後9時15分にGYAO!が放送しているオリジナルの生放送番組「ぶるぺん」。MCを松尾陽介さん(ザブングル)、アシスタントを小池美由さんが務めるトークバラエティーで、毎回「そろそろ世に出そうな“あったまった人々”」をゲストに招いている。千葉さんは、「日本を代表するエンジェル投資家」として招かれた。

 千葉さんは、大学(慶應義塾大学SFC)時代にインターネットに向き合ってきたことを説明。その延長線上で日本のインターネット史を振り返り、携帯電話からスマホに移行した経緯や、それに伴って開発が進んできた技術などを紹介した。画期的な出来事のひとつとして、携帯電話対応のインターネットサービスであるi-modeの登場を指摘したりした。

 また話の中では、もともと実家のあった場所は六本木で、子供のころは六本木交差点をランドセル姿で横断していたことや、投資をはじめたきっかけが、母親からマンションを買うよう指導されたことだった、などのプライベートなトピックスも飛び出した。

 千葉さんは「妄想を膨らませることが大好き」と話し、「“ドローン前提社会”はぼくの脳内では100%実現します」と断言。DroneFundとして作成したドローンが活躍する近未来の姿の描いたイラストを示しながら、今後のどんな段階をたどってドローンが普及していくか、という世界観を説明した。その中で、浮いて走るホバーバイクのイラストについて、「2か月後の3月にお披露目する計画です。いま最終の仕上げをしています」と予定の一端を明らかにした。

 ドローンの話が続く中で、MCの松尾さんが「芸人仲間でドローンに詳しい谷プラスワンという芸人がいて・・」と切り出すと、千葉さんも「ぼくもめっちゃ友達です」と、共通の知人で盛り上がった。また松尾さんが「自分はアナログだからなあ」と発言したさいには「アナログ分野にこそ、テクノロジーと組み合わせれば大きな可能性があるんです。農業の“アグリテック”も財務の“フィンテック”もそう。既存分野にテックをつけていきましょう」と力説。アシスタントの小池さんは千葉さんの話を身を乗り出すように聞き、次々と質問を浴びせては、それに対する回答のひとつひとつに「ええっ!」と大きく驚いてみせて、明確な反応で番組を盛り上げた。

 また、千葉さん自身が自分の代理をするようなロボットを開発中であることを明かし、「1か月後ぐらいにお披露目できるのではないかと思う」と述べた。

 番組の最後に視聴者へのメッセージを求められた千葉さんは「やりたいことがある人はぜひ、起業をまじめに考えてください。いまは昔と異なり、起業しやすい環境になっている。サラリーマンでも会社をやめずに起業できるところもある。スモールチャレンジでいい。どうしようかな、と悩むぐらいであれば、やってみればいいと思います」と、スタートアップをライフデザインに組み入れることを提案し、75分の生放送は終始、笑いと感心で満たされた。

 

DroneFundの代表パートナー、千葉功太郎氏が出演したGYAO!オリジナルの生放送番組「ぶるぺん」は、お笑いコンビザブングルの松尾陽介氏がMCを務める

生放送で軽快なトークを披露した千葉功太郎さん(GYAO!番組「ぶるぺん」の画面から)

生放送の中で千葉功太郎さんが示したドローンが飛ぶ近未来社会のイラストのひとつ。農業機器が自動で農地に出掛け決められた作業をするようになる

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

 慶應義塾大学SFCのOBである千葉功太郎・DroneFund創業代表パートナーが4月9日、慶大で特別招聘教授として登壇した。授業では、教室で模擬ドローンレースをしたり、大学の敷地内でフライトしているドローンからの中継映像を映し出したりと規格外な取り組みが盛り込まれ、教室を大いに沸かせた。


「500Startups Japan」から「Coral Capital」へ 新ブランドの2号ファンドと会社設立を発表

「500Startups Japan」から「Coral Capital」へ 新ブランドの2号ファンドと会社設立を発表

 ベンチャー投資ファンド500 Startups Japanのメンバーは「サンゴの日」の3月5日、2号ファンド「Coral Capital」を組成したと発表した。出資者にはDroneFundの千葉功太郎氏、みずほ銀行などが名を連ねる。同名の株式会社の設立も発表、より日本のスタートアップが成長する環境を整える。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

 青森県のドローン産業を振興し、地域の活性化を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」は9月27日、青森公立大学で発足を説明する会見を開いた。青森公立大学の香取薫学長が「青森をドローン利活用の先進県に」とあいさつ。顧問に就任したDrone Fundの大前創希共同代表パートナーも「青森でこそドローンが有効」と話した。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。