千葉功太郎さん生放送で軽快トーク! 「代理ロボ開発中」「ホバーバイクを3月お披露目」

千葉功太郎さん生放送で軽快トーク! 「代理ロボ開発中」「ホバーバイクを3月お披露目」

 DroneFundの代表パートナー、千葉功太郎さんが1月29日、GYAO!のオリジナル生放送番組「ぶるぺん」に出演し軽快なトークを披露した。千葉さんは、自分の代理になるロボットを製作中であることや、投資先の企業開発中のホバーバイクを3月にお披露目する計画であることなどを明かし、番組を盛り上げた。


「子供のころは六本木交差点をランドセル姿で横断」プライベートトークも!

 千葉さんが出演したのは、番組は、毎週火曜日の午後8時~午後9時15分にGYAO!が放送しているオリジナルの生放送番組「ぶるぺん」。MCを松尾陽介さん(ザブングル)、アシスタントを小池美由さんが務めるトークバラエティーで、毎回「そろそろ世に出そうな“あったまった人々”」をゲストに招いている。千葉さんは、「日本を代表するエンジェル投資家」として招かれた。

 千葉さんは、大学(慶應義塾大学SFC)時代にインターネットに向き合ってきたことを説明。その延長線上で日本のインターネット史を振り返り、携帯電話からスマホに移行した経緯や、それに伴って開発が進んできた技術などを紹介した。画期的な出来事のひとつとして、携帯電話対応のインターネットサービスであるi-modeの登場を指摘したりした。

 また話の中では、もともと実家のあった場所は六本木で、子供のころは六本木交差点をランドセル姿で横断していたことや、投資をはじめたきっかけが、母親からマンションを買うよう指導されたことだった、などのプライベートなトピックスも飛び出した。

 千葉さんは「妄想を膨らませることが大好き」と話し、「“ドローン前提社会”はぼくの脳内では100%実現します」と断言。DroneFundとして作成したドローンが活躍する近未来の姿の描いたイラストを示しながら、今後のどんな段階をたどってドローンが普及していくか、という世界観を説明した。その中で、浮いて走るホバーバイクのイラストについて、「2か月後の3月にお披露目する計画です。いま最終の仕上げをしています」と予定の一端を明らかにした。

 ドローンの話が続く中で、MCの松尾さんが「芸人仲間でドローンに詳しい谷プラスワンという芸人がいて・・」と切り出すと、千葉さんも「ぼくもめっちゃ友達です」と、共通の知人で盛り上がった。また松尾さんが「自分はアナログだからなあ」と発言したさいには「アナログ分野にこそ、テクノロジーと組み合わせれば大きな可能性があるんです。農業の“アグリテック”も財務の“フィンテック”もそう。既存分野にテックをつけていきましょう」と力説。アシスタントの小池さんは千葉さんの話を身を乗り出すように聞き、次々と質問を浴びせては、それに対する回答のひとつひとつに「ええっ!」と大きく驚いてみせて、明確な反応で番組を盛り上げた。

 また、千葉さん自身が自分の代理をするようなロボットを開発中であることを明かし、「1か月後ぐらいにお披露目できるのではないかと思う」と述べた。

 番組の最後に視聴者へのメッセージを求められた千葉さんは「やりたいことがある人はぜひ、起業をまじめに考えてください。いまは昔と異なり、起業しやすい環境になっている。サラリーマンでも会社をやめずに起業できるところもある。スモールチャレンジでいい。どうしようかな、と悩むぐらいであれば、やってみればいいと思います」と、スタートアップをライフデザインに組み入れることを提案し、75分の生放送は終始、笑いと感心で満たされた。

 

DroneFundの代表パートナー、千葉功太郎氏が出演したGYAO!オリジナルの生放送番組「ぶるぺん」は、お笑いコンビザブングルの松尾陽介氏がMCを務める

生放送で軽快なトークを披露した千葉功太郎さん(GYAO!番組「ぶるぺん」の画面から)

生放送の中で千葉功太郎さんが示したドローンが飛ぶ近未来社会のイラストのひとつ。農業機器が自動で農地に出掛け決められた作業をするようになる

この記事のライター

関連する投稿


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

 青森県のドローン産業を振興し、地域の活性化を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」は9月27日、青森公立大学で発足を説明する会見を開いた。青森公立大学の香取薫学長が「青森をドローン利活用の先進県に」とあいさつ。顧問に就任したDrone Fundの大前創希共同代表パートナーも「青森でこそドローンが有効」と話した。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

 日本を代表する個人投資家の1人、千葉功太郎氏が率いるドローン・スタートアップ特化型ファンドDrone Fundは7月31日、「Drone Fund2号」を8月1日付で設立すると発表した。ファンドの規模は30億~50億円を見込む。特化型として「暫定で世界最大級でドローン前提社会とエアモビリティー社会の創造に邁進する。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。