NSW、DJI、日本マイクロソフトがドローンと AI を活用した建築物メンテナンスサービスの開発で協業

NSW、DJI、日本マイクロソフトがドローンと AI を活用した建築物メンテナンスサービスの開発で協業

日本システムウエア株式会社(東京都渋谷区: NSW)、DJI JAPAN株式会社(東京都港区)、日本マイクロソフト株式会社(東京都港区)は、人手に頼っている建築物の外壁調査に対し、民生用ドローンと AI 技術を活用した「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業する。


3 社の強みを生かしたサービスの開発

 建築物の外壁調査は、専門知識を有する技術者による目視や打診を通じた点検が行われている。しかし、昨今の技術者の高齢化や少子化問題による人手不足が深刻になる一方、老朽化するインフラ・施設などの割合はますます高くなっていくことが見込まれており、建築物を安全に効率よく検査し、維持管理に役立てる仕組みを作ることは重要な課題となっている。
 今回の協業では、NSW の DeepLearning を活用した AI ソリューションと DJI のドローンおよび空撮技術力、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォームという 3 社の強みを生かしたサービスの開発により、建築物の外壁調査業務効率化の推進を目的としている。
 協業に関する各社の役割については、NSWがAI ソリューション「ToamiVisionシリーズ」のひとつ「CrackVision(クラックビジョン)」を用いて、DeepLearning により建築物のひび割れを判定する AI エンジンの作成とクラウドシステムの構築を行う。DJI JAPANは、ドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順、データ分析など専門的なトレーニングプログラムを体系的に受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center) を、2018 年 9 月より開設し、ドローン操縦者の業務支援を行っており、本外壁調査についてもドローン操縦者向けトレーニングカリキュラムを提供する予定。日本マイクロソフトは、AI およびマシンラーニングにおける技術をドローンに活用するグローバルな戦略的パートナーシップを DJI と締結している。今回は、日本における第一弾のプロジェクトとして、NSW の持つ AI エンジンとともに建築物の調査業務の実用化に向けた実証実験を行い、その基盤としてパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azure を提供する。
 既に 3 社で本サービスの実証実験を実施している。ドローン撮影した建築物の全体画像を3Dモデル化し、AI で自動抽出したひび割れ個所を 3D モデルに重ねた損傷図を作成するシステムを構築し検証している。
実験結果として、ドローンの撮影画像から一般的なひび割れの許容範囲といわれている 0.2mm 幅相当のひび割れ箇所の検出ができた。これはひび割れ検出技術とドローン撮影・操縦技術が実用に耐えうることを示したものであり、今後はより巨大な建築物に対しても適用できるよう改善を進めていく。

実施結果(0.2mm 幅相当のひび割れ箇所の検出)

3社は、サービスの正式リリースに向け、専門家を交えた検証プロジェクトを開始している。今後も NSW、DJI JAPAN、日本マイクロソフトの 3 社は、建築物メンテナンスへの IT 活用の取り組みを協力して進めていく。

3社のデータ連携のイメージ

この記事のライター

関連する投稿


自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューション

自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューション

2019年1月28日。日本マイクロソフト株式会社(東京都品川区)は、自社のブログで自律制御のドローンと AI を連携した外観検査ソリューションを上海とシアトルに本社を構えるスタートアップ企業 Clobotics が開発したと公開した。


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(2/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(2/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)の開催した新型ドローンMAVIC 2の体験会に参加し、新機能の数々を確かめられる実機の飛行を通して、どのくらの「買い」度なのかを見極めてきた。(田中亘)


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)は、8月29日と30日の両日にわたり、報道関係者を集めて新型ドローンMAVIC 2の体験会を実施した。実際にコントローラーを手にして実機を飛行できる体験会に参加して、MAVIC 2の「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


DJIドローンの見つめる将来を呉社長が語る

DJIドローンの見つめる将来を呉社長が語る

2018年5月22日。あきる野ドローン協会の主催した「あきる野DRONE FORUM 2018」の基調講演に登壇したDJI JAPAN株式会社の呉韜代表取締役は、「DJIドローンの見つめる将来」というテーマで講演した。(田中亘)


【CP+】プロ写真家がDJIブースでドローン空撮の魅力を語る

【CP+】プロ写真家がDJIブースでドローン空撮の魅力を語る

パシフィコ横浜で3月1日〜4日まで開催されたCP+ 2018のDJI JAPANブースで、プロ写真家の内山香織氏が、DJIのドローンで撮影した作品の魅力や体験談を語った。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。