米国IntelがドイツのAscending Technologiesで50人以上を解雇か!?

米国IntelがドイツのAscending Technologiesで50人以上を解雇か!?

2019年2月1日。海外のドローンメディアのsUAS Newsは、米国IntelがドイツのAscending Technologiesのスタッフ50名以上を解雇したと報じた。


CEOの交代がドローン事業再編を加速か?

Ascending Technologiesの大量解雇を報じたsUAS News

 米国Intelでドローン事業を牽引してきた立役者は、2018年6月までCEO(最高経営責任者)を務めていたブライアン・クリザニッチ氏。クリザニッチ氏は、自身もドローンマニアで過去のCES(コンシューマ家電ショー)では、基調講演でドローンを飛ばすなど、積極的なデモンストレーションを披露していた。ドローン戦略を強化してきた米国Intelでは、ドイツのベンチャー企業Ascending Technologiesを買収し、香港のYuneecに出資するなど、積極的な事業を展開してきた。買収したAscending Technologiesが開発していたFalcon8ドローンは、インテル製品としても販売してきた。また、日本でも開催されたドローンライトショーで使われているIntel Shooting Starドローンも、フライトコントローラーなど主要な技術はAscending Technologiesが開発していた。そのAscending Technologiesの社員が50名以上も解雇されたと、海外のドローンメディアのsUAS Newsが報じている。記事では、詳細について米国Intelに問い合わせ中で、回答は得られていない。
 ドローン事業をけん引してきたクリザニッチ氏は、2018年6月に従業員との不適切な関係が社内の規則違反となり、CEOを辞任している。代わって、2019年1月からはロバート・スワン氏が正式なCEOとなっている。米国Intelでは、理系出身のCEOが多いが、スワン氏は歴代で2人目となる文系出身。2006年から9年間は米国eBayのCFO (最高財務責任者)を務め、米国Intelでも直前までCFOだった人物。
 今回のAscending Technologiesにおける大量解雇も、財務畑出身の新CEOによるドローン戦略の転換を示すものなのかもしれない。

米国Intelの新CEOのロバート・スワン氏

この記事のライター

関連する投稿


Intelがスーパーボウルのハーフタイムショーで150台のShooting Starをライブフライト

Intelがスーパーボウルのハーフタイムショーで150台のShooting Starをライブフライト

2019年2月3日- 米国アトランタ。Intel(米国)は、スーパーボウルのハーフタイムショーでMaroon 5のパフォーマンスを向上させるために、強化されたインテルShooting Starドローン150台をライブで飛行させた。


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

米国の半導体大手メーカーのインテルは、韓国や中国の文化遺産を守るために、Intel Falcon 8+ドローンを使い、3Dモデルの作成に取り組んでいる。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのパースで、リソース資産の検査や視覚化を事業にしているAirscope社は、インテルのFalcon 8+ドローンを活用して、石油ガス施設の撮影画像から3-Dモデリングによる仮想キャンバスの開発に成功した。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。