ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

 東京証券取引所マザーズ市場では前週末の1日、ドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、4180円と上場来高値を更新した。ドローン事業者や利活用する関係者の期待が高まっている。


先月末には埼玉県秩父市で楽天の実験に採用

 ACSLの株価は2月1日、午前9時に3905円で寄り付いて以降、買いが先行し上場してから初めて4000円台を突破すると、午前9時44分に4180円をつけた。その後は利益確定売りに押される場面もあり一時3515円まで値を下げたものの、前日終値比110円安の3790円で、この日の取引を終えた。

 ACSLはドローンの自律航行に関する国産技術に強みを持ち、昨年11月に日本郵政が福島県で開始した郵便局間配送でもACSLが開発した機体が使われている。政府はドローンの自動航行に関連し、飛行の様子を肉眼で監視する「補助者」を配置しなくても飛行を認める動きをみせていることから、補助者なしでの自動航行が拡大すると見込まれている。

 1月22日には埼玉県秩父市で、ACSLに出資する楽天がゼンリン、東京電力ベンチャーズとともに、空中にドローンの飛行ルートを設定する「ドローンハイウェイ」の実験をACSL製の機体を使って実施、80人ほどの報道陣の前で、「補助者なし自動航行」として2例目となるフライトを見せた。

 ACSLは昨年12月21日に株式とマザーズに、公開価格3400円で上場。公開直後の公開価格を下回る水準での値動きから、年明け1月8日に一時公開価格を超えるなど買いが集まりはじめている。

1月22日に埼玉県秩父市で公開された楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズなどによる実験では、ACSL製のドローンが使われた

この記事のライター

関連する投稿


デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社のデジタルハリウッド ロボティクスアカデミーで、ドローンの活用を積極的に推進する企業3社のドローン担当者を招き、 ドローンの最新活用事例を学ぶイベント「DroneTalk(ドローントーク)」が1月31日、開催された。


ドローンと送電線との距離は「30m」で検証 楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズの「ハイウェイ構想」、実用化にまた一歩

ドローンと送電線との距離は「30m」で検証 楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズの「ハイウェイ構想」、実用化にまた一歩

 楽天、東京電力ベンチャーズ、ゼンリンなどが1月25日に、埼玉県秩父市で実施したドローンによる荷物配送の実用化に向けた実験では、すべてのシナリオが想定通りに進み、ドローンの飛ばせるルートとなる「ドローンハイウェイ」の実用化に道筋を示した。送電線とハイウェイとの距離は「30m」で、今後この距離を軸に検証が進みそうだ。


秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

2019年1月25日。楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズ、秩父市で構成する「秩父市ドローン配送協議会」が、国内で2例目となる補助者を配置しない目視外飛行で、約3kmのドローン配送を実施した。民間企業としては、国内初の成功例となる。


ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

 東京証券取引所マザーズ市場では1月8日の午前の取引で、2018年12月21日に上場したドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、上場来高値を更新する3500円をつけ、公開価格の3400円を上回った。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。