BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

BVLOS(目視外飛行)の経済効果をSkylogic Researchがレポート

ドローン業界の大手調査会社のSkylogic Researchは、商用ドローンのBVLOS(目視外飛行)における経済効果を発表した。公開されたホワイトペーパーは、PrecisionHawkがスポンサーとなり同社のサイトから無料でダウンロードできる。


ヘリコプターとのコストや安全性などの比較

ヘリコプターとの比較を中心にまとめられているホワイトペーパー

 “The Economics of Using Drones for BVLOS Inspections”(BVLOS検査にドローンを使用することの経済学)と題されたホワイトペーパーは、ドローンによる検査や点検が、作業の効率や安全性を向上させるかなどについてレポートされている。
 ドローンによる検査は、石油やガスに公共事業や保険、さらには多くの業界のビジネスモデルを大きく変える可能性がある。効果的なドローン戦略を実践していくためには、それらを運用する経済性の理解が不可欠となる。こうした目的から、PrecisionHawkでは、Skylogic Researchと共同で、同ホワイトペーパーを制作した。ホワイトペーパーの中では、いつ、どのように、石油やガスの資産を検査するためにドローンを展開するかについてのガイドが紹介されている。また、ドローンによる調査や点検を、従来の方法と比較したユースケースや、PrecisionHawkの石油およびガス顧客からの検査戦略の改善方法とその結果についての洞察などが記載されている。例えば、コロラド州のXcel Energyによる試算では、ドローンによるBVLOS飛行は、1マイルあたり平均1,200ドルから1,600ドルのヘリコプターと比較して、1マイルあたり200ドルから300ドルの費用に削減できるという。また、目視飛行のドローン運用でも、ヘリコプータによる事故のリスクを大幅に削減し、より効率的な検査プロセスを実現できる、という意見も掲載されている。さらに、ヘリコプターで実施されている日常的なライン検査も、ドローンの目視外飛行により大きな経済効果が得られるとも指摘している。
 ホワイトペーパーでは、点検や検査だけではなく災害時の保険支払いなどのケースについても検証し、より迅速な調査と補償が実現できると提案している。

ホワイトペーパーの掲載サイト
https://lp.precisionhawk.com/unlock-bvlos-drone-operation?utm_campaign=bvlose&utm_source=Skylogic

目視飛行と目視外飛行の効果の違いも検証されている

この記事のライター

関連する投稿


秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

秩父市ドローン配送協議会が国内2例目となる目視外飛行を実施

2019年1月25日。楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズ、秩父市で構成する「秩父市ドローン配送協議会」が、国内で2例目となる補助者を配置しない目視外飛行で、約3kmのドローン配送を実施した。民間企業としては、国内初の成功例となる。


国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


日本郵便、11月7日にドローン輸送開始 「レベル3」を福島から実装へ

日本郵便、11月7日にドローン輸送開始 「レベル3」を福島から実装へ

 日本郵便株式会社は10月30日、ドローンによる輸送を11月7日に始めると発表した。輸送するのは福島県の小高郵便局(南相馬市)と浪江郵便局(浪江町)の約9キロの区間。日本郵便は10月26日に、国交省から補助者なしでの目視外飛行の承認を得ておりさっそく運用する。事実上、ロードマップの「レベル3」を実装することになる。


DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

2018年10月24日、PrecisionHawk,Inc(米国)は、ジオフェンシング技術を向上させるために、民間用のドローンおよび空中映像技術の世界的リーダーであるDJIとの提携を発表した


提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

2018年9月5日。米国のドローン大手プロバイダーのPrecisionHawkは、エネルギー分野の検査サービスに長けたHAZONとInspecToolsを買収し、屋根や不動産データ分析を得意とするEagleViewと提携し、ドローンのデータ解析に関連するビジネスを強化した。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。