米国セブンイレブン、自動飛行ドローンによる商品の宅配に成功

米国セブンイレブン、自動飛行ドローンによる商品の宅配に成功

 米国セブンイレブンが、米国内で初めて自動飛行するドローンによる商品の自宅配送に成功したことを発表しました。配送用ドローンを開発するFlirteyと共同し、ネバダ州で行ったもの。


 正確なGPSを使って、ドローンを配送先の住宅まで自動的に移動させる仕組み。庭の上空からサンドイッチ、ドーナツ、ホットコーヒーなどの商品を衝撃を与えないように下ろし、購入者は数分で商品を受け取りました…この記事の続きを読む

情報提供元:ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/27/news109.html

この記事のライター

関連する投稿


米セブンイレブン、昨年のドローン配送77回 食品や薬品で

米セブンイレブン、昨年のドローン配送77回 食品や薬品で

昨年7月に、ドローン開発企業のFlirteyと協力してドローンによる初の商業配達に成功した米セブンイレブン。日本のセブンイレブンじゃありませんよ、アメリカのセブンイレブンです。その米セブンイレブンは昨年末までに、77回もの食品や薬品のドローン配達に成功していたことが発表されました。


Amazon、ドローン宅配「Prime Air」開始 実機映像を公開  完全自動で荷物の宅配が実現

Amazon、ドローン宅配「Prime Air」開始 実機映像を公開 完全自動で荷物の宅配が実現

Amazonが、自動宅配を可能にするドローンの映像を初公開した。


ドローン19年宅配実用化へ 千葉市舞台に「空の産業革命」第一歩

ドローン19年宅配実用化へ 千葉市舞台に「空の産業革命」第一歩

 荷物を積んだ小型無人機「ドローン」がマンションのベランダに次々着陸-。千葉市と国、大手企業などが、高層マンションの立ち並ぶ同市美浜区の幕張新都心を舞台に、ドローン宅配を2019年ごろに実用化する検討を本格化させている。安全面やコストなど課題は残るが、関係者は「『空の産業革命』の第一歩」と意気込んでいる。


幕張新都心の「ドローン宅配」実験レポート 人工知能搭載で自律修正も

幕張新都心の「ドローン宅配」実験レポート 人工知能搭載で自律修正も

千葉市が幕張新都心でドローン宅配の実証実験を進めている。4年後の実現を目指すという。


最新の投稿


PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwC、6/26にドローンビジネスセミナー DPA、慶大、FLIGHTSがゲスト登壇

PwCコンサルティング合同会社が6月26日、企業のドローン活用に関するセミナー、「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制  最新情報~」を開く。PwCのロボテフィクス専門チームや、ゲストが最新動向を紹介する。


ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

ポートレート撮影にドローンを活用する写真家・茂手木秀行氏

日本で唯一最大スケールのプロカメラマン向けフォトビジネスフェア「PHOTONEXT 2017」が横浜市西区のみなとみらいのパシフィコ横浜で6月20日、21日の両日開催され、SONYのブース内ではセミナーが開かれSONY製のカメラを搭載したドローンによる撮影方法や写真ビジネスの提案などが行われた。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


セキドがはじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナーを東京・大手町で開催!

セキドがはじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナーを東京・大手町で開催!

DJI社の正規代理店である、株式会社 セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は、7月25日(火)東京 大手町ファーストスクエアカンファレンスにて、はじめてのドローン自動航行システム DJI GS PRO セミナー【ドローン自動航行検定付】を開催する。


福島のFSGカレッジリーグが「ドローン人材育成プロジェクト」を発表

福島のFSGカレッジリーグが「ドローン人材育成プロジェクト」を発表

福島県郡山市にある専門学校グループ「FSGカレッジリーグ」では、空の産業革命と呼ばれ、物流・災害救助・点検測量・観光振興・農業・映像利用など、様々な業界や地方公共団体等で活用が高まっているドローンについて、その知識や操作技術、活用方法を習得した人材の重要性を認識し、新たな人材育成プロジェクトをスタートさせる。