パーソルプロセス&テクノロジー、ドローン大学校と業務提携 企業のドローン実用化を後押し

パーソルプロセス&テクノロジー、ドローン大学校と業務提携 企業のドローン実用化を後押し

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区/ パーソルP&T)は、 ドローンスクールを運営する一般社団法人ドローン大学校と業務提携し、 企業のドローン実用化の促進および豊富な知識と高い操作技術を有するドローン業務活用者を育成し、 ドローン人材の雇用促進モデル開発を進める。


ドローン業務活用者を育成

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区/ パーソルP&T)は、 ドローンスクールを運営する一般社団法人ドローン大学校と業務提携し、 企業のドローン実用化の促進および豊富な知識と高い操作技術を有するドローン業務活用者を育成し、 人材サービスを提供するパーソルキャリア株式会社とも協業することでドローン人材の雇用促進モデル開発を進める。

 ドローンビジネス市場では現在、安全性への配慮等により厳しい規制が敷かれているものの、 2020年台前半には規制緩和が進むことから、 多くの産業でドローンの実用化が加速すると予想されている。
 このような社会状況を反映して、国内におけるドローンビジネスの市場規模は、 2017年度は503億円(前年比42%増)と推測され、 2018年度には前年比71%増の860億円に拡大、 2024年度には3,711億円(2017年度の約7倍)に達すると見込まれている。 (※出所例:『ドローンビジネス調査報告書2018』インプレスより)また、 PwCの発表では、2020年の海外を含むドローン市場は14兆円ともいわれている。

 しかしながら、一方でドローンの商用利用を検討・進める企業においては、 様々な法律を遵守しなければならず、 その定義やルールを遵守したビジネスモデルを構築するには専門的な知識を持った人材が必要となっている。 そのような中、多くの企業やスクールで、 ドローン操縦士を育成するプログラムが組まれているものの、 基礎的な操作方法のみに留まり、 実際の事業やサービスで活躍ができるレベルまでの育成は困難となっていることから、ドローンの実用化を進める技術者の不足は、 企業の商用化の実現も困難な状況になることが懸念されている。

 そこで今回両社が行うサービスでは、 既にドローンの業務利用を手掛けている企業、 およびドローンの業務利用を検討している企業を対象に、 業務構築から担当者の育成支援まで、 実用化を支援する「ドローンの活用促進サービス」と、 ドローンに興味がある・ドローンに携わる仕事をしたいという人を対象にドローン業務活用者を育成する「ドローンビジネススタッフ育成サービス」の2つのサービスの提供が予定されている。

企業のドローンの実用化を全面的にバックアップ

 これまでパーソルP&Tでは、 ビジネスにおける業務モデルの構築から、 業務プロセスの可視化、 運用まで支援しており、また、 ドローンの実用化においても様々な分野で新規事業企画や新技術開発も支援している。 その知見やノウハウを活かし、 ドローンの実用化に向けた業務構築からルール化、 運用、 業務に合わせたドローン機材の選定まで、 トータルにご支援し、 企業のドローン実用化を全面的にバックアップするとしている。

「業務に合わせてドローンを活用できる人」を育成

 各サービスの人材育成プログラムにおける操縦研修は、 これまで多くの専門技術者を育成してきたドローン大学校が担当し、 業務で必要となる知識に関しては、 両社の強みを活かし、 独自の育成プログラムを開発する予定となっている。 操縦研修、 および業務研修を実施することにより「業務に合わせてドローンを活用できる人」を育成する。
 また受講者は市場価値の高いドローン技術者としてキャリアアップにもつながる。

修了者へは雇用促進までを支援

 さらに、 講座修了者には、 人材紹介サービスや正社員領域等の求人広告、 求人メディアの運営を手掛けるパーソルキャリアの転職サービス「doda」が、 ドローン事業を行う企業の求人を紹介し、 就業を支援していく。

問い合わせ・申し込み

<問い合わせ>
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 広報担当:木村
TEL:03-6385-6866 
MAIL: pr@persol.co.jp

<申し込み>
URL: https://www.persol-pt.co.jp/drone/contact.html

この記事のライター

関連する投稿


ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格が取得できるカリキュラムを開始し、 リモートセンシングをビジネスとするプロパイロットを育成。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

一般社団法人ドローン大学校のグループ会社である株式会社ドローンラボと映像圧縮伝送技術のスペシャリストである天馬諮問株式会社が、ドローンによる映像伝送の運用について 協力。


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。