ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


しろまいさんと登壇したDRONE MEDIAのトークイベントで!

 ササモモさんはこの日、DRONE MEDIAが主催したトークイベントDRONE MEETUPに、女性ドローンレーサーとして多方面で活躍しているしろまい(白石麻衣)さんとともに登壇しました。ドローン産業で名の知れた女性のトークを生でみられる機会とあって、会場には多くの来場者が訪れて話に耳を傾けていました。客席の7割は女性で、同姓からの支持の高さを裏付けた形にもなりました。

 はなやかなパネルデフィスカッションの最後にササモモさんは、「このたび新しいチームをつくることになりまして、名前をL’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)にすることにしました。“幸せの青い鳥”の意味で、きょうがこの名前でのスタートです」とあいさつ。会場から拍手があがりました。

 また新チーム「ロワゾ・ブルー」のほかに、愛好家向けのメルマガ会員サークル「L’oiseau Petit(ロワゾ・プチ)」も創設され、今後、2本立てで運営されます。

 ロワゾ・ブルーは「洗練された女性の社会進出を」がキャッチフレーズで、女性の活躍の場の創出と拡大を目指して活動する方針をたてています。ロワゾ・ブルーの加入条件は、ドローン歴が1年以上ある方で、仕事でドローンを使っている女性、または、直接ドローンをつかってはいなくても社業などでドローンに関わっている女性。また取材を受けたり、写真がHP上に公開されたりすることに同意できることもクリアする必要があります。男性はチームには入れません。映像製作、フライトスポットなどの情報共有、座談会運営などの活動を予定しています。

 「ロワゾ・プチ」はメルマガ会員のサークルで、ドローン情報やイベント情報、活動報告などのメルマガが届きます。男性も登録可能です。ロワゾ・ブルーへの加入希望者も、まずは公式LINEに登録してサークルの「ロワゾ・プチ」のメンバーになったうえで、チーム加入を申請することになります。なお、3月16日には、「女性ドローンオペレーター座談会」を企画しているので、気になる方はいまからチェックしてみてください。

顔をほころばせて来場者を楽しませるササモモさん

レース機を披露し来場者を魅了したしろまいさん

Saashaがサプライズでビデオメッセージ

 この日のトークイベントのテーマは、女性の社会進出がテーマでした。

 ササモモさんは、「ドローンを操縦する女性が活躍できる現場はまだまだあると実感しています」と語り、「センスに自信がある人は空撮ができるし、測量、点検のようにすべきことが決まっている仕事は、センスよりも、きまったことならきちんとこなす人に向いていると思います」などと話すと、来場者は大いにうなずいていました。

 またしろまいさんは、「自分がレースをはじめたときには、女性はいませんでした。だからこそ珍しがられた。まだまだ男性社会なので、めずらしがられるメリットは今もあると思います」と、ドローンの活躍する現場を冷静に分析していました。

 さらにイベントではこの日、ササモモさんが新チームの名前を発表することを祝うため、交流のあるシンガーソングライターのSaashaが、サプライズでビデオメッセージを寄せました。ステージ正面のスクリーンに映し出されるたSaashaは祝辞を述べたあと、「またのみに行きましょう!」と手を振りながらお誘い。ササモモさんも「いくいく~」と言いながらスクリーンに手を振り返していました。このあと、この日のためにつくった楽曲を披露。ササモモさんもじーっと見つめていました。

Saashaのビデオメッセージに見入るササモモさん(左)と、しろまいさん

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

 慶應義塾大学SFCのOBである千葉功太郎・DroneFund創業代表パートナーが4月9日、慶大で特別招聘教授として登壇した。授業では、教室で模擬ドローンレースをしたり、大学の敷地内でフライトしているドローンからの中継映像を映し出したりと規格外な取り組みが盛り込まれ、教室を大いに沸かせた。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさんの新チーム名公表は2月14日 DRONE MEDIA主催「ミートアップ」で! しろまいさんと女子トーク!

ササモモさんの新チーム名公表は2月14日 DRONE MEDIA主催「ミートアップ」で! しろまいさんと女子トーク!

 女性ドローンユーザーの第一人者として知られるササモモ(佐々木桃子)さんは、新たに結成したチームの名前を、2月14日に都内で開かれるイベントで公表することを決めた。イベントは、DRONE MEDIAが主催する「ミートアップ」で、当日はドローンパイロットのしろまい(白石麻衣)さんと、女子トークを繰り広げる。


祝!ササモモさん、新チーム結成!  注目のチーム名は2月に公表予定!

祝!ササモモさん、新チーム結成!  注目のチーム名は2月に公表予定!

 ドローン好きな女性の活動を盛り上げてきたササモモ(佐々木桃子)さんが、新チームを結成したことが分かった。新チームはより技能向上、知識拡充などメンバー自身の成長を軸足に据え、ドローンの普及を目指す「ドローンジョプラス」とすみわけを図りながら、ドローン産業を盛り上げる。注目の新チーム名は2月に公表する予定だ。


「ドローントークPIT in しずおか」を賑やかに開催  「へえ~」連発の講義とワークショップ 謎のサプライズつきw

「ドローントークPIT in しずおか」を賑やかに開催  「へえ~」連発の講義とワークショップ 謎のサプライズつきw

 DroneTimesが主催の雑談系交流会、「ドローントークPIT inしずおか」が、静岡県男女共同参画センター「あざれあ」(静岡市)で開催され、株式会社Dron é Motion(ドローン・エモーション)の田口厚代表、株式会社シアンの岩井隆浩代表が「地域の魅力発信」をテーマに会場を盛り上げました。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。