次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。


複数の測位衛星からの信号をUAV側で補足するだけでリアルタイムに高精度の写真測量を実現

 GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。

 「KLAU PPPシステム(Precise Point Positioning:精密単独測位)」は、UAV写真測量システム開発をリードするKLAU Geomatics社(クラウジオマティックス:オーストラリア)と高性能・高精度なGNSSエンジンを開発するNovAtel社(ノバテル:カナダ)が共同開発した、最新のUAV写真測量技術。
  「KLAU PPPシステム」は、RTKのような現場での携帯接続環境の確保や電子基準点の設定は一切不要で、リアルタイムに±3~5cmの高精度測位を実現する。
 また基準点の範囲制限を受けないため、洋上のような遠隔地や山岳に囲まれた閉塞地などにおいても無制限且つ広範囲における正確な座標取得が可能となる。
 これまでのRTK(Real Time Kinematic)およびPPK(Post Processing Kinematic)とは異なり、電子基準点からの補正情報を必要とせず、複数の測位衛星からの信号をUAV側で補足するだけでリアルタイムに高精度の写真測量を実現する。
 今回GeoLink Japanでは、KLAU PPPについて検証をしていただける大学、研究機関、一般企業様を広く募り、日本国内における有効性を確認した上で年内の製品化を目指すとしている。

株式会GeoLink Japan
本社:〒603-8053京都市北区上賀茂岩が垣内町98-2-2F
TEL : 075-706-5557

【本製品に関するお問い合わせ先】
担当窓口:稲田
電話:080-9741-0057
E-mail:j.inada@geolinkjapan.com
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-1-507

この記事のライター

関連する投稿


SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開する、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company :京都市北区)は、航空写真測量ソフトウェアの開発を手がけるPix4D社(スイス)と共催し、ドローンを活用した測量分析ツールの公式セミナー、およびフィールドワークショップを京都で開催する。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

ドローンを使用した3次元空中測量のノウハウを座学を通じて学ぶ。


セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

株式会社 セキド(東京都国立市)はテラドローン株式会社と共同で、 土木測量業界でドローンでの測量運用を検討されている方を対象とした、 三次元化ソフト「Terra Mapper」による地形データの活用デモンストレーションならびに、 ドローン測量セミナーを11月6日に開催する。


エンルートラボが高精度なGNSS衛星測位による自律航行可能なドローンを開発

エンルートラボが高精度なGNSS衛星測位による自律航行可能なドローンを開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、高精度なGNSS衛星測位であるReal Time Kinematic(RTK)GPSを用いた自律航行可能なドローンを開発したと発表した。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。