【SLUSH TOKYO 2019】ピッチコンテスト優勝はClarity! エアロネクストも超善戦! 2日間の大興奮,閉幕

【SLUSH TOKYO 2019】ピッチコンテスト優勝はClarity! エアロネクストも超善戦! 2日間の大興奮,閉幕

 スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2019は2月23日、ピッチングコンテストのファイナルで、働き方のデータベースで職場検索ができるサービスを提供するClarityが優勝した。エアロネクストは惜しくも優勝を逃したが、ピッチでは4D Gravityの映像がオーディエンスの目をくぎ付けにした。


「ラーメンも運びます」に会場大ウケ!

 ファイナルは、会場をそれまでのピッチングステージから、会場最大のメインステージに移して開催。エアロネクストはファイナルに勝ち進んだ4組の最後に登壇し、田路圭輔代表取締役CEOが、5分間のピッチ、5分間のQ&Aに挑んだ。

 ピッチの中で田路氏は、ドローンの開発状況について、「進んでいるのはソフト部分。機体構造は30年前のまま」と指摘。同社が開発したプロペラなどの駆動部と本体とを独立させる技術「4D Gravity」があれば、フライトのさいにフル稼働している駆動部とは独立して、本体の姿勢を安定させることできることを映像をまじえて紹介すると、映像を初めて見たオーディエンスからどよめきが起こった。
 
 このあと、ターゲットとする市場やその規模、工程表、ビジネスモデル、世界で圧倒的なシェアを誇る最大手、DJIとの違いや、勝算などについてスライドを投影して説明。途中、活用シーンのひとつとして「ラーメンの配達もできるようになる」と説明をすると、オーディエンスから笑いが上がった。

 4人のジャッジとの質疑応答では、製造業を目指すのか技術提供に専念するのかを問われ、「製造業は目指さない」と明言。機体価格については「現状はほぼ手作業で製造しているの等しく高価だが、量産できればその半分になる。実際先ごろ、量産体制を整えたことについて発表をした」と回答。質疑応答後、質疑応答を終えると、田路CEOはオーディエンスに丁寧に頭をさげたあと、かるく手を挙げて拍手に答えた。

SLUSH TOKYO 2019のピッチングコンテストのファイナルで、インテルが主要なコンピューターに搭載されているように、4D Gravityの機体構造もドローンに搭載されるようになることを目指す、と力強くプレゼンするエアロエクストの田路圭輔CEO

4D Gravityと従来機の違いをわかりやすく説明

優勝のClarity、女性の社会復帰支援をプレゼン

 一方、優勝したClarityは、「リモートワーク」「育児休暇」「フレックス」「企業内保育所」など、女性が求める職場環境をキーワードごとに検索できるサービスを提供していることを説明。実際、同社はウェブサイトで4000社以上の働き方情報が公開されている。古谷聡美CEOは、「出産後に社会復帰を望んでいる女性は90%。しかし実際には60%が再就職できていない。これは社会的な損失ではないか」とオーディエンスに問題提起した。

 ピッチ終了後、4組の登壇者は、審査のためいったんステージから退出。この間、メインステージでは、過去の受賞者によるパネルディスカッションが行われたり、オランダのDJデュオW&W、バーチャルYouTuber、キズナアイによるコラボ楽曲「The Light」を“W&W × Kizuna AI × Wave VR -XR Music Video Special Premier- Supported by Avex Future of Music”としてエイベックスによって初披露されたりして、会場の気分が最高潮に達したとこで、優勝者の発表時間が到来。

 ファイナル登壇者の4組と、4人のジャッジが再び登壇し、会場の目が注がれる中、まず優勝者にはAWS、PRTIMES、PWCからそれぞれ賞が贈られることを告げられ、優勝者がClarityに贈られることが発表された。

 優勝が発表された瞬間、Clarityの古谷COEは両手で口元を覆い“Oh my God”を2回繰り返し、会場の拍手を確認してから笑顔を見せた。古谷CEOが喜びの優勝コメントを述べたあと、古谷代表を中心にフォトセッションが行われた。エアロネクストの田路CEOが古谷CEOに声をかけ、優勝を祝うシーンも見られた。

 SLUSH TOKYO 2019はその後、参加者全員が参加できるアフターパーティーで余韻を楽しみ、大興奮の中、2日間のプログラムを終了した。関係者によるとすでに2020年の構想づくりもスタートしているという。

ピッチングコンテストでの、ファイナルの登壇者は以下の通り

株式会社Clarity=優勝
https://www.clarity.tokyo/
株式会社エアロネクスト
https://aeronext.blue/
株式会社グレースイメージング
https://www.gr-img.com/
Zuper GmbH
https://www.getzuper.com/

SLUSH TOKYO 2019のピッチングコンテストで優勝したClarityの古谷聡美CEOのピッチも多くのオーディエンスをひきつけた

キズナアイとW&Wのコラボ楽曲も披露されて希望は最高潮に!

優勝発表の瞬間!古谷CEO(右から5人目)はOh,my God!と喜びを爆発させた

Clarity古谷聡美CEOが喜びのコメント。右端はエアロネクスト田路圭輔CEO

登壇者、ジャッジ、MCの登壇者全員によるフォトセッションでピッチングコンテストは幕を閉じた

この記事のライター

関連する投稿


エアロネクスト、Japan Drone 2019で物流用ドローンの量産試作機を初公開

エアロネクスト、Japan Drone 2019で物流用ドローンの量産試作機を初公開

エアロネクストは、 3月13日から15日に幕張メッセで開催される国際展示会「Japan Drone 2019」に出展、 業務提携した開発した小橋工業製造の物流用ドローンの量産試作機、 ならびに新型VTOLや新型VRドローンの試作機を初公開する。


エアロネクスト、“Mizuho Innovation Award” (2019年1-3月期) を受賞

エアロネクスト、“Mizuho Innovation Award” (2019年1-3月期) を受賞

エアロネクスト(東京都渋谷区)は,、みずほ銀行が、 イノベーティブな事業に挑戦するスタートアップ企業(ノベーション企業)の成長をサポートしていく観点から、 有望なイノベーション企業を表彰する“Mizuho Innovation Award”(2019年1-3月期) を受賞した。


エアロネクスト、“EY Innovative Startup 2019”を受賞 重心制御技術の産業用途可能性を高く評価

エアロネクスト、“EY Innovative Startup 2019”を受賞 重心制御技術の産業用途可能性を高く評価

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)はEY新日本有限責任監査法人(以下、EY)が企画し、日本全国のスタートアップの中から今後著しい成長が期待される企業を表彰する“EY Innovative Startup 2019”に選ばれと発表した。


エアロネクストとトルビズオンが業務提携、上空権市場の創造と新しい空域の経済化推進 また日本初の都市部での配送実証実験実施へ

エアロネクストとトルビズオンが業務提携、上空権市場の創造と新しい空域の経済化推進 また日本初の都市部での配送実証実験実施へ

エアロネクスト(東京都渋谷区)は上空シェアリングサービスsora:share(TM)を提供する株式会社トルビズオンと業務提携した。また水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」を使った日本初の都市部での配送実証実験を実施すると発表した。


【SLUSH TOKYO 2019】エアロネクスト、ファイナル進出

【SLUSH TOKYO 2019】エアロネクスト、ファイナル進出

 SLUSH TOKYO 2019のピッチングコンテストに出場している株式会社エアロネクストがファイナルに進む4社に選ばれた。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。