アイ・ロボティクス,農業用ドローンの可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を開催

アイ・ロボティクス,農業用ドローンの可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を開催

アイ・ロボティクス社は、ドローンを使った精密農業の可能性とそのために欠かせないドローンの技術向上をテーマとした農業利用の可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を3月8日〜9日に開催する。


 茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクス社は、ドローンを使った精密農業の可能性とそのために欠かせないドローンの技術向上をテーマに、農業利用の可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を3月8日〜9日、開催する。 また、 コンテスト前日の3月8日は、産官学民の農業やロボティクスに精通した有識者が、 農業の課題解決に貢献できる「農業用ドローンの可能性」を紹介するシンポジムを開催する。

ドロコン2019公式HP - http://drocon.jp/index.html

コンテスト概要

 コンテストは、除草剤/追肥の散布に利用可能なドローン技術の開発・開拓を目標とし、 目標とする容器の中にBB弾を投下する。 正確に投下されたBB弾の数によって優勝者が決まる。 優勝者には賞金30万円の他、 地元のお米などが副賞として贈呈される。

※コンテストのルールや概要は大会規約を参照 -
http://drocon.jp/regulation.html

■イベント名■
ドロコン2019 in KAWACHI
第2回 農業用ドローンの可能性を探るコンテスト


■日時■
平成31年3月8日(金)・9日(土)


■場所■
つつみ会館(茨城県稲敷郡河内町金江津7501-2)
ドローンフィールドKAWACHI(茨城県稲敷郡河内町金江津645−227)

スケジュール

■ 3月8日(金)
16:30~18:00 「農業利用に向けた有識者シンポジウム」
場所:つつみ会館大集会室

◆基調講演
  南政樹氏 慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアム 副代表

◆パネルディスカッション
  モデレーター :勝俣喜一朗氏(ドローン・ジャパン株式会社 )
  パネリスト  :伊勢村浩司氏(ヤンマーアグリ株式会社、 ライステクノロジーかわち株式会社)
          山田浩之氏(サン建設工業株式会社)

■平成31年3月9日
10:30~15:00 ドローンコンテスト
場所:つつみ運動公園

  10:30~15:30 ドローン体験会
  場所:ドローンフィールドKAWACHI(旧金江津中学校 体育館)
  10:30~15:00 模擬店
  場所:つつみ会館前芝生広場

■主催/共催■
河内町、 株式会社アイ・ロボティクス

■協賛■
一般社団法人 日本ドローンレース協会(JDRA)

■協力■
株式会社ドローンエンタテインメント

ドロコン2019公式HP - http://drocon.jp/index.html

■お問い合わせ■
河内町役場 企画財政課 TEL: 0297-84-6970
ドロコン2019公式HP - http://drocon.jp/index.html
アイ・ロボティクス・ドロコン事務局 E-mail: drocon@irobotics.co.jp
ドローンフィールドKAWACHI E-mail: info_dfk@irobotics.co.jp TEL:080-8161-1718

この記事のライター

関連する投稿


対岸の二子玉川を背景に防災デモ アイ・ロボティクスがイベントの一環で

対岸の二子玉川を背景に防災デモ アイ・ロボティクスがイベントの一環で

 アイ・ロボティクスは3月2日、川崎市の多摩川河川敷で、有事を想定してドローンをフライトさせる、防災デモンストレーションを実施した。この日開催された「カワサキキャンプin多摩川」の一環で、東急線の行き交う鉄橋に隣接し、大型ショッピングセンターや楽天の本社ビルを対岸にのぞむ会場で、ドローンのフライトが来場者を沸かせた。


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

「ドローンフィールドKAWACHI」を中心に、 プラント向けのドローン・ソリューションの開発を行っているアイ・ロボティクスは、ドローンを利用したプラント向けソリューションの実現で、プラントオペレーションにドローンの導入を検討する企業へのPOC提供やコンサルティングを開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。


「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

来たる3月18日、茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催する。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。