KDDIのスマートドローンが2019年6月から用途別ソリューションの提供を開始

KDDIのスマートドローンが2019年6月から用途別ソリューションの提供を開始

KDDIは、広域監視と鉄塔点検に風力点検、測量解析、精密農業の5つの用途に向けて、2019年6月からドローンによるソリューションを提供すると発表した。


KDDIが提供するプラットフォームと5つのソリューション

 KDDIは、2016年からスマートドローンの構想を発表し、約3年間にわたってドローンによるプラットフォームの構築と実証実験を行ってきた。その結果、KDDIの通信環境とプロドローンなどが開発した機体に、ウェザーニューズやゼンリンと提携した気象・地図情報、そしてテラドローンによる運行管理システムで構成されるプラットフォームを構築した。KDDIでは、このスマートドローンソリューションを実現するプラットフォームを活用して、5つの用途別ソリューションの提供を2019年6月から開始する。

 5つの用途は、広域監視と鉄塔点検に風力点検、測量解析、精密農業になる。この5つのソリューションの中で、測量解析と精密農業に関しては、それぞれパートナー企業と連携する。測量解析ソリューションでは、アイサンテクノロジーの大規模3D点群高速編集ツール「Wing Earth」と連携する。精密農業ソリューションでは、スカイマティクスの葉色分析サービス「いろは」や農薬散布サービス「はかせ」を活用する。残る3つのソリューションでは、過去にKDDIが実施してきた実証実験の結果をもとに、事業展開を進めていく。例えば、広域監視ソリューションでは、これまで連携してきた近畿日本鉄道やJR東日本に、首都高速道路、さらには御殿場市などが、インフラ点検や災害時の状況把握に遭難時広域操作などでの実用化を目指していく。

2019年度は2桁台の億単位での売上を目指す

 ソリューションの実用化にあたり、KDDIの商品・CS統括本部 副統括本部長の山田靖久理事は、「2桁台での億単位の売上を目指します。」と話す。例えば、通信鉄塔の点検などは、従来の人手による作業では1塔あたり約100万円のコストがかかる。これをドローンで省力化することで、半分の50万円で提供する計画を立てている。KDDIが開発した鉄塔点検ソリューションでは、最初にドローンが塔の周りを飛行して、3Dモデルを作成する。作業員は、タブレットの画面に表示された鉄塔のモデル画像に対して、点検したい箇所を指定するだけで、対象となる部分をピンポイントで撮影し、自動でデータを管理する。KDDIでは、鉄塔点検のためにプロドローンと共同で専用の機体「KD-I01」を開発している。専用ドローンのポイントは、LUMIX製のミラーレスカメラと深度センサーを連動させて、対象となる箇所に的確にフォーカスを合わせて、高精細な画像を撮影できる点にある。また、3D鉄塔モデルを作成する自律飛行を制御するために、DJI製のフライトコントローラーやアプリケーションは使わずに独自でシステムを開発している。山田氏は、「今後は電力鉄塔のように、電線や電磁波の影響がある塔でも自律飛行での点検が可能になるように、中部電力などと共同で研究開発を推進していきます。」と今後に向けた取り組みにも触れる。
 一方で、風力点検ソリューションでは「KD-W01」という耐風性の高いドローンを採用した。「KD-W01」は、4本のアームにデュアルプロペラを備えたオクタコプター型モデルで、最大16m/sまでの耐風性能を備える。カメラは、ソニー製の4,200万画素ミラーレスを搭載し、最長で30分の飛行を可能にしている。機体のデザインや構造から、プロドローン製ではないと推測されるが、「海外製」という情報以外は、詳細については非公開だった。そのため、搭載されているフライトコントローラーや制御システムなども不明だが、風力点検ソリューションでは、風力タービンの周囲を自律飛行して、ブレードの破損状況などを撮影し、自動で管理レポートまで作成する。
 2019年6月からの用途別ソリューション提供に向けて、KDDIでは営業やSEにIoT部門など、関連する部署が一丸となり、「会社をあげて対応していく」と山田氏は話す。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

KDDIはプロドローンと共同の展示スペースに、先ごろ発表したスマートドローンの機体とソリューションを展示した。プロドローンでは、開発中の最新モデルも公開した。


【Japan Drone 2019】ドコモがドローン関連ソリューションを一堂に展示

【Japan Drone 2019】ドコモがドローン関連ソリューションを一堂に展示

NTTドコモは、Japan Drone 2019で10種類のドローン関連ソリューションを展示した。そのなかでも、映像伝送や基地局点検など4つの重点的な取り組みを前面にアピールしていた。


NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心として、複数の参画企業が、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムの実証実験を3月1日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで実施、10機のドローンによる同時飛行に成功した。


米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

-米国カリフォルニア州。防衛および商用ドローンを開発するAeroVironment社(NASDAQ:AVAV)社は、次世代のQuantixおよびAV Decision Support System(AV DSS)を2月12日に発表した。


デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社のデジタルハリウッド ロボティクスアカデミーで、ドローンの活用を積極的に推進する企業3社のドローン担当者を招き、 ドローンの最新活用事例を学ぶイベント「DroneTalk(ドローントーク)」が1月31日、開催された。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。