センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」提供開始

センシンロボティクス、ドローンによる顧客業務自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」提供開始

株式会社センシンロボティクス(東京都渋谷区)はこのたび、 顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」の新製品を発表、 提供を開始した。


フライト設定からデータ一元管理、拡張機能を実装

 株式会社センシンロボティクス(東京都渋谷区)は、 顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」の新製品を発表、 提供を開始した。 実際の業務における活用を通し寄せられた要望を元に、 格段にユーザビリティを向上、 UI、 UXデザインも刷新した製品となった。

詳細情報  https://www.sensyn-robotics.com/solution/sensynflightcore

SENSYN FLIGHT CORE の概要

 サンプル設定を元にした簡単なフライト設定、 フライトプラン・実績データの一元管理、 その他の豊富な拡張機能を備えた、 顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォームとなっている。

かんたんなフライト設定

・ウェイポイント飛行:ドローンを飛行させるウェイポイントと、 各ウェイポイントでの機体アクションを個別に設定することができる。
・エリアスキャン:太陽光発電所点検や測量など特定のエリアを指定することで網羅的に撮影する飛行ルートを自動生成することができる。

地図上にウェイポイントを指定してルート設定(左)、エリアを選択すると飛行ルートを自動生成(右)

フライトプラン・実績データの一元管理

 ドローンのフライトログデータはサーバーに自動的に保存され、 飛行実績画面から確認することができる。 また、 撮影データは画面上でアップロードすることで、 容量が大きく今まで一括管理が難しかったデータを飛行実績に紐づけて保存・一元管理することが可能。 ドローン関連業務に必要な情報を集約することができ、 業務管理が容易になる。
 保存した画像データは他の業務特化アプリケーションに連携することが可能。

豊富な拡張機能

 複数機での同時飛行や様々なメーカーのドローンへの対応、 UTMへの接続など、 業務の自動化に不可欠な豊富な拡張機能を備えており、 多様な業務への対応が可能となっている。 また、 今後はウェイポイント飛行、 エリアスキャン以外の様々な撮影方法も実装していく。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】センシンロボティクスがドローン自動化の「SENSYN DRONE HUB」を展示

【Japan Drone 2019】センシンロボティクスがドローン自動化の「SENSYN DRONE HUB」を展示

センシンロボティクス(東京都渋谷区)は、先ごろプレスリリースした完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」を展示した。


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


センシンロボティクス、通信鉄塔点検におけるドローン撮影からレポーティングまでをすべて自動化

センシンロボティクス、通信鉄塔点検におけるドローン撮影からレポーティングまでをすべて自動化

鉄塔点検パッケージ「TOWER CHECK」β版の提供を開始。


CEATEC JAPAN 2018  共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

CEATEC JAPAN 2018 共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。