テラドローン、世界約20カ国の現地法人の経営陣が出席する第1回世界サミットを開催

テラドローン、世界約20カ国の現地法人の経営陣が出席する第1回世界サミットを開催

日本やアジアを中心として全世界でのビジネス展開を加速しているテラドローンは、この1年で世界20カ国にグループ企業を拡大してきた。そのグループ企業を日本に集め、今後の世界戦略を推進するためのグローバルサミットを開催した。


テラドローンの現地法人の経営陣が出席した第一回世界サミット

3日間にわたり世界の現地グループ企業と熱い情報交流

 テラドローンのグローバル会議は、都内で3日間にわたって開催された。参加した国は、アジアの他にも南米やアフリカにヨーロッパ、カナダとオーストラリア、さらにロシアと世界各国にわたる。初日は、テラドローン代表の徳重徹社長による挨拶や、参加した各企業の紹介や交流会が催された。二日目は、先進的なドローン関連のテクノロジー企業が、プレゼンテーションを行った。テラドローンも、日本で展開している測量、レーザーや点検などのテクノロジーを紹介し、各国のチームと共有した。そして最終日は、Terra Wayの説明、今後のグローバル戦略、財務・事業計画について活発な意見交換を行った。
 テラドローンでは、この1年で約20カ国にグループ企業の設立や出資に提携などを展開してきた。新たにグループとなった各国の企業は、サービスとテクノロジーに分かれる。例えば、先ごろ発表されたインドネシアのTerra Drone IndonesiaやインドのTerra Drone Indiaなどは、測量や点検にマイニングなどのサービスを展開するグループ企業になる。海外で設立するサービス系企業には、テラドローンが51%を出資し日本から事業統括の責任者を派遣している。現地でのオペレーションやサービスの提供は、基本的に各国の裁量を優先しているという。なぜなら、ドローンを活用したサービスを提供する企業の多くは、起業家精神に溢れたスタッフがいるため、テラドローンが日本で培ってきたビジネスやサービスモデルなどのノウハウを共有してもらうことで、短期間で効果的な事業の拡大を推進できるからだ。一方で、優れたテクノロジーを開発していても、その技術をビジネスに展開できないベンチャー企業も多い。そうした企業をテラドローンが発掘し、各国で展開するサービス系企業と連携することで、一気にテクノロジーの世界展開が可能になる。

世界から参加した経営者たちが産業用ドローン市場における新たな革新を目指す

 今回のグローバル会議は、テラドローンが推進するドローンビジネスの世界戦略を共有する目的で開催された。インドネシアから参加したTerra Drone Indonesiaのマイケル・シアジアン氏は、「(世界会議を終えて)、世界各国から来ているメンバーと知り合えるいい機会だったし、多くの情報を得ることができた。この世界会議を終えて、次に何が起こるのかと思うとすごくワクワクしている。テラはもっと面白くなっていくと思うし、ドローン事業がグローバルビジネスになっていく未来が見える」と語り、徳重社長について、「彼を尊敬している。それぞれの海外支社がベストを尽くせるように力を尽くしてくれている。彼はマン・ウィズ・ア・ミッション(使命を背負った男)だよ!」と評する。
 また、ブラジルから参加したベルティ・マルセロ氏は、「ブラジルでのオイル&ガス関連では、最近オフショア事業として行ったPoC(実証実験)で、ペトロブラス(ブラジルに本社を置く南半球最大の石油採掘会社)といい関係を築いた。テラドローンとパートナーになったことで、今後はオイル&ガスだけではなく、マイニング、送電線点検、建設、GIS(地図情報サービス)など様々な分野で事業の拡大をしていけると思う」と期待を述べる。
 テラドローンの描く世界戦略について徳重氏は、「1年半前に初めて進出した豪州での大きな挫折からテラの怒涛の攻撃が始まっている。日本から新産業領域で世界トップクラスのメガベンチャーを生み出したい」と話す。世界でも類を見ない圧倒的なスピードでグローバルビジネスを展開するテラドローンは、サービスとテクノロジーを世界的な規模で連携し、産業用ドローン市場における新たな革新を起こしていく。

会議室を離れても熱い世界戦略を語る各国の経営者たち

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


テラドローン、ドローンによる非破壊検査サービスを開始

テラドローン、ドローンによる非破壊検査サービスを開始

テラドローンは、 ドローンによる非破壊検査サービス(超音波板厚検査サービス(UT))を開始したと発表した。


テラドローン、ロシアのドローンサービス企業Unmanned Technology買収 ロシアでの偉業拠点へ

テラドローン、ロシアのドローンサービス企業Unmanned Technology買収 ロシアでの偉業拠点へ

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ロシアのドローン業界を牽引するUnmanned Technology(ロシア)に出資し、 Terra Drone Russiaを設立する。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

RTK付き固定翼・AIを活用した3D送電線マップ・植生除去レポートを作成


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。