DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


国際航業と DJI の監修による実践的トレーニング  UTC で3 月開講

 DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と do 株 式会社(東京都千代田区)は、日本アジアグループ 株式会社(東京都千代田区)傘下の国際航業株式会社と業務提携契約を締結、国際航業が⻑年培かった 写真測量の知見を、DJI Phantom 4 RTK の機体特性に最適な形で反映させた、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発した。
 今後は全国の提携講習団体が、3 月から受講者の募集 を開始し、受講者は、Phantom 4 RTK を使用した写真測量と対象地形を撮影した複数の写真を国 際航業の「3 次元空間解析クラウドサービス(KKC-3D)」で解析する概要手順を最短1日で学習する。

「Phantom 4 RTK 写真測量講習プログラム」

■本プログラムの特徴 本プログラムでは、1日の講習で以下の3点を習得することができます。
(1)UAV 写真測量の前提となる知識

 Phantom 4 RTK を使った写真測量を行なう上で必要となる、写真測量の原理や SfM 概論、各種測
位方式の仕組みを習得することができる。航空写真測量のリーディングカンパニーとして、建設、地質・海洋調査、防災分野での先進的な測量技術やノウハウを持つ国際航業が監修を行った。

(2)Phantom 4 RTK 等の機器の正しい使用方法

 Phantom 4 RTK で使用するネットワーク RTK や地上局の使用方法、操作を行うためのソフトウェアの正しい使用手順を習得することができる。

Phantom 4 RTK

(3)3次元データ作成方法

 国際航業が提供する3次元空間解析クラウド「KKC-3D」や「Pix4Dmapper」を活用した3次元
データ作成方法を習得することができる。さらに、受講者には特典として KKC-3D の優待プログラ ム(最大 13 万円相当)が提供される。

■本プログラムの概要

(1)座学コース(1 日)

Phantom 4 RTK を購入、もしくは購入を考えている人


①写真測量概論、SfM 概論、測位方式の種類
②Phantom 4 RTK と関連機器および概念、GS RTK アプリの使用方法
③KKC-3D、Pix4Dmapper の使用方法、国際航業による精度検証事例


90,000 円(税抜)

(2)座学+屋外実習コース(1.5 日)

Phantom 4 RTK を購入、もしくは購入を考えている人
※飛行経験のない方は講習開催企業に予めご要相談


座学コースに加え、Phantom 4 RTK を使用した半日間の屋外実習を行う。


140,000 円(税抜)

[プログラム受講後の認定について]
受講者全員に修了証を発行する。
※修了証発行には、講習後のオンラインテスト受験が必須となる。

[受講者募集開始]
2019 年 3 月 11 日(月) 北海道、栃木、東京、大阪、福岡(全9キャンパス)で開講予定

[受講申し込み]
UTC web サイト内 https://www.uastc.com/jp/

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

DJI Japanの展示コーナーでは、メインのプレゼンテーション用ステージの他に、ソリューションや販売パートナーごとに小さな展示スペースを設けて、協力各社の説明員が来客の対応にあたっていた。


ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローン「YMR-08」や産業用無人ヘリに よる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソ フトウェア・サービス「 YSAP」の提供開始に向け、観測・解析などのエキスパート企業 3 社と協業を開始すると3月8日、発表した。


DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJIは、 アジア太平洋地域の24ヵ国と地域で,空港の保護などを強化するのGEO 2.0システムの運用を開始し、 ジオフェンス技術をさらに向上したと発表した。


DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI JAPANは、パシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2019(シーピープラス)」に、DJIが空と動画をテーマに出展した。2月28日から3月3日(日)まで、


400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

ダウ・デュポン(ニューヨーク証券取引所:DWDP)のアグリカルチャー事業部門Corteva Agriscienceは、DroneDeployの商用ドローン向けクラウドソフトウェアプラットフォームを採用し、世界最大の規模となる400機以上のDJI製ドローンを導入する。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。