米調査会社、自律型航空機市場は2030年までに237億米ドル(約2.6兆円)に成長すると予測

米調査会社、自律型航空機市場は2030年までに237億米ドル(約2.6兆円)に成長すると予測

調査会社のMarketsandMarkets(米国)は、自律型航空機市場が、2018年から2030年までの間に17.06%のCAGR(成長率)で、2018年の推定36億米ドルから2030年までに237億米ドル(約2.6兆円)に成長すると予測した。


3つの成長セグメント

 ソフトウェアセグメントは、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想される。構成要素に基づいて、自律型航空機市場は、飛行管理コンピュータ、航空データ慣性基準装置、センサー、作動システム、ソフトウェア、インテリジェントサーボ、カメラ、レーダーとトランスポンダー、および推進システムに分割される。フライト管理コンピュータセグメントは、予測期間中に自律型航空機市場をリードすると予想される。ソフトウェアセグメントは、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想され、飛行管理コンピュータは、航空機の自律性を監視および制御する最も重要なコンポーネントとなる。航空機が完全な自律性に向かって進むにつれて、航空機に命令を提供するソフトウェアアルゴリズムはより高い需要を有すると予想される。そのため、ソフトウェアは高成長分野になると予測されている。
 完全自律型セグメントは、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予測される。技術に基づいて、自律型航空機市場は、自律型と完全自律型に分割されている。完全自律型セグメントは、航空機の自律性が高まり、将来的に完全自律型になる方向への動きにより、最高のCAGRで成長すると予測されている。現在、軍用UAVはすでに完全に自律的な機能で動作している。現在の民間航空機は、パイロットの作業負荷を軽減した自律型部品の設置により、ますます自律的になっている。業界の目的は、これらの民間航空機を完全に自律的にすること、ならびに完全に自律的になるであろう商用配達用無人機と一緒に新しい乗客および個人用の航空機を導入すること。このように、完全自律型セグメントはこの市場で高い成長を遂げると予測されている。
 民間航空機セグメントは、予測期間中に自律型航空機を主導すると予想される。自律型航空機市場は、最終用途に基づいて民間航空機、戦闘&ISR(情報収集、監視、偵察)、貨物&配達航空機、旅客機、個人用航空機、航空医療サービスなどに区分され、分析されている。民間航空機セグメントは、予測期間中に自律型航空機を主導すると予想され、現在の民間航空機には、自律性を高めるための自律コンポーネントが搭載されている。民間航空機の旅客数の増加により、このセグメントが自律型航空機の最終用途セグメントをリードしている。

国別の成長予測

主要なマーケットプレーヤー

 自律型航空機市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、その他の国々で研究されている。北米は、2018年に世界の自律型航空機市場の最高シェアを占めると推定されている。したがって、北米は市場の成長を促進すると予想される。北米に存在する主要な民間航空機製造業者は、ボーイング社(米国)およびロッキードマーティン社(米国)であり、したがって自律型航空機製品に対する高い需要を生み出している。北米は、予測期間中も引き続き市場をリードすると予想される。
 新興国における収益性の高い航空会社の不足は、自律型航空機市場の成長を抑制する要因の1つ。さまざまな企業が行っている主な戦略には、新製品の開発と契約がある。競争力のあるリーダーシップマッピングマトリックスは、自律型航空機市場で事業を行っているさまざまな会社を比較したもの。自律型航空機市場の主要企業は、とりわけボーイング社(米国)、エアバス社(フランス)、ロッキードマーチン社(米国)、ノースロップグラマン社(米国)、およびエルビットシステムズ社(イスラエル)となる。

最近の動向

 2018年7月、Northrop Grummanは、Battlefield Airborne Communications Node(BACN)を装備した自律型航空機であるGlobal Hawkを納入するために米国空軍から契約を受けた。BACNは、さまざまな情報源から取得した戦場情報を翻訳および配布するゲートウェイとして機能する。

 2018年2月、AeroVironmentは、Pant II AE、Mantis i45センサーと360度アンテナシステムを装備したUASの供給に関してカナダ海軍から契約を受けた。

 2018年8月、ボーイング社は4基のMQ-25空中給油用無人航空機の設計および製造について、米国海軍から8億500万ドル相当の契約を受けた。

レポートで取り上げられている主な質問

 自律型航空機市場に対する規制の影響は?
 航空タクシーなど、自律型航空機産業を混乱させる新興の技術やユースケースは何か?
 業界のマーケットプレーヤーは、インフラストラクチャや一般の人々の受け入れなどの課題にどのように対処しているか?
 自律性への移行と自律性への投資は競争環境にどのような影響を与えるか?
 今後5年間で、大手マーケットプレーヤーの財布シェアにどのような影響があるか?
 自律型航空機市場ではどのような新興企業が取り組んでいるか?
 市場でトップのプレイヤーが持続的に成長し、市場シェアを伸ばすのを助けているのは何か?

目次

1はじめに
1.1調査の目的
1.2市場の定義
1.3市場の範囲
1.3.1地域の範囲
1.3.2考慮される年
1.4通貨と価格
1.5制限
1.6市場関係者

2調査方法
2.1調査データ
2.1.1二次データ
2.1.1.1二次データからの主要データ
2.1.2一次データからの主要データ
2.1.2.1一次データからの主要データ
2.1.2.2 一次データの内訳
2.2市場規模の推定
2.2 .1市場の定義と範囲
2.2.2除外
2.3研究手法と方法論
2.3.1ボトムアップ手法
2.3.1.1地域自律航空機市場
2.3.1.2自律航空機市場の規模
2.3.1.3最終用途の自律航空機市場
2.3.1.4未来技術のための自律型航空機市場
2.3.2トップダウンアプローチ
2.4市場の内訳とデータの三角測量
2.5仮定

3エグゼクティブサマリー

4 プレミアムインサイト
4.1自律型航空機市場の概要
4.2自律型航空機市場の成長、自律性コンポーネントによる
4.3自律型航空機市場、技術別
4.4 自律型航空機市場地域分析
4.6自律型航空機市場、地域別分析最終用途

5市場の概要
5.1はじめに
5.2市場の動向
5.2.1 推進力
5.2.1.1作業効率の向上とコスト削減
5.2.1.2ヒューマンエラーの減少
5.2.1.3人工知能の進歩(Ai)
5.2.2制限
5.2.2.1緊急事態における安全性
5.2.3機会
5.2.3.1削減された排出量
5.2.3.2 オンデマンドの可用性
5.2.4課題
5.2.4.1公衆の受け入れ
5.2.4.2インフラストラクチャ
5.2.4.3規制

6業界の動向
6.1はじめに
6.2自律型航空機市場を牽引するメガトレンド
6.2.1人工知能
6.2.2ビッグデータ分析
6.2.3モノのインターネット(IoT)
6.3技術動向
6.3.1スマートドローン
6.3.1スマートドローンの進化
6.3.2自律型(IA)システム
6.3.2.1 IAシステムの特性と機能
6.3.3電気推進
6.4革新と特許登録、2008年 - 2018 年

7自律型航空機、技術別
7.1はじめに
7.2 自律型航空機(IA)
7.2.1半自律型航空機
7.3完全な自律型
7.3.1人手を介さずに航空機を運用する、遠隔監視

8自律型航空機、最終用途
8.1はじめに
8.2民間航空機
8.2.1ますます自律的な能力
8.3貨物と配達の航空機
8.3.1 貨物の集配と配達、貨物輸送
8.4航空医療サービス
8.4.1緊急医療リモートエリア、アクセスできないエリア、または渋滞エリアでのサービス
8.5旅客機
8.5.1都市内における航空移動性 - 旅客輸送、航空タクシー
8.6個人用航空機
8.6.1イントラシティ旅行のための1および2人乗り航空機
8.7戦闘とISR
8.7.1自律能力を持つ軍事作戦
8.8その他
8.8.1農業、科学研究、調査、地図作成および写真撮影

9自律航空機、Autonomyコンポーネント別
9.1はじめに
9.2飛行管理コンピュータ
9.2.1自律運用のための処理装置
9.3航空データ慣性基準装置(ADIRU)
9.3.1 Efisに入力を提供するためのデータ収集および飛行管理コンピュータ
9.4センサー
9.4.1センサー技術の進歩が市場を牽引しています
9.5 駆動システム
9.5.1完全自律航空機
9.6ソフトウェアの数の増加によって推進
9.6.1自律航空機を駆動するアルゴリズム
9.7インテリジェントサーボ
9.7.1自律飛行制御
9.8カメラ
9.8.1ディスプレイシステムへの入力プロバイダー
9.9レーダーとトランスポンダー
9.9.1感覚と回避システム
9.10推進システム
9.10.1技術の進歩とEvtolsの導入が成長を牽引

10地域分析
10.1はじめに
10.2北アメリカ
10.2.1アメリカ
10.2.2カナダ
10.3ヨーロッパ
10.3.1イギリス
10.3.2フランス
10.3.3ドイツ
10.3.4ロシア
10.3.5スウェーデン
10.3.6その他の地域ヨーロッパ
10.4アジア太平洋
10.4.1中国
10.4.2 日本
10.4.3インド
10.4.4オーストラリア
10.4.5その他のアジア太平洋
10.5その他の地域
10.5.1中東
10.5.2アフリカ
10.5.3ラテンアメリカ

11競争力のある風景
11.1概要
11.2競争力のあるリーダーシップのマッピング
11.2.1自律型航空機市場産業の風景
11.2.1.1先見の明のある人
11.2.1.2革新者
11.2.1.3動的微分器
11.2.1.4新興企業
11.3企業ランキング分析:2018
11.4競合シナリオ
11.4.1 M&A
11.4.2新製品の発売
11.4.3契約、パートナーシップ、および合意

12会社概要(事業概要、提供製品、最近の動向、SWOT分析、MnMビュー)
12.1はじめに
12.2 Northrop Grumman
12.3 Elbit Systems
12.4 Aerovironment
12.5 Lockheed Martin
12.6ボーイング
12.7 Aeronautics
12.8 Raytheon
12.9 Saab
12.10 BAEシステム
12.11一般的なアトミック航空システム
12.12エアバス
12.13エンブラエル
12.14ベルヘリコプター
12.15スタートアップ企業のプロフィール
12.15.1 Volocopter GmbH
12.15.2キティホーク
12.15.3 Joby Aviation
12.15.4アストンマーティン
12.15.5ウィング
12.15.6カレムエアクラフト社
12.15.7リフト

この記事のライター

最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。