クイーンズランド工科大学(QUT)がドローンでコアラの生息数を検出

クイーンズランド工科大学(QUT)がドローンでコアラの生息数を検出

2019年3月1日。NatureジャーナルのScientific Reportsに、クイーンズランド工科大学(QUT)の技術者が、ドローンと赤外線カメラに機械学習を組み合わせて、森に生息するコアラの個体数を検出する方法を発表した。


ドローンでコアラの生息数を計測

野生生物の保全に貢献する新たなマイルストーン

赤外線カメラを搭載したドローンを活用

 クイーンズランド工科大学(QUT)が NatureジャーナルのScientific Reportsに発表した研究レポートによれば、ドローンと赤外線カメラの機械学習による解析を組み合わせることで、森に生息するコアラの個体数を計測できるという。具体的な方法は、赤外線カメラを搭載したドローンを気温の低い早朝に飛行させ、ユーカリの森に生息するコアラの熱信号を記録する。取得した熱データを機械学習により、コアラと他の熱源を区別して抽出することで、約85%の検出率を達成した。検出の精度は、条件によって異なるが、全体的に手動での調査に比べて、高い確率が得られている。
 より詳細な計測方法や結果については、以下のサイトに公開されている。

https://www.nature.com/articles/s41598-019-39917-5

従来の計測方法に比べて時間も労力も削減できる

この記事のライター

最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。