DJI JAPAN 日本企業と連携し社会に貢献

DJI JAPAN 日本企業と連携し社会に貢献

□DJI JAPAN 呉韜(ごとう)代表取締役に聞く  折りたたみ式高性能ドローン、「Mavic Pro」(マヴィック プロ)の日本での発売を発表したドローン最大手、DJIの日本法人、DJI JAPANの呉韜(ごとう)代表取締役が、産経新聞のインタビューに応じ、今後の戦略や日本市場の特徴について語った。(村山繁)


--Mavicは日本でどんな役割を果たすのか

 「最大の特徴はコンパクトなのにパワフルなこと。いつものカバンに入るので、持ち運びやすい。日本では(昨年4月に、首相官邸で落下する事件があって)ドローンに対するネガティブな印象があるので、持ち歩くだけで『あ、ドローンだ』と言われたり、中には警察に通報されたりと、警戒された経験を持つユーザーがいる。しかし新製品はカバンに入れられるので、便利だと思う」

--DJIは2006年に設立され2016年は10周年に当たる。今後の戦略は

 「DJIはドローンを売るだけでなく、修理、教育、サポートをし、法律などのルール作りにも関わっている。メーカーという立場を超えて、ドローンの活動環境であるエコシステム(生態系)の構築を進める」

--日本で力を入れる産業分野は

 「まずは農業と建設業。農業では農薬散布、データに基づき細かく管理する精密農業、林業、資源管理、野生動物の数の把握や害獣駆除など。また建設では検査、計測、防災。そのほか情報通信技術(ICT)の活用による建設業の生産向上を目指す『アイ・コンストラクション』(i-Construction)の取り組みも進んでいる。それぞれで抱える課題が異なるため、日本の専門メーカー、専門機関などとも積極的に連携していきたい」

--今後の日本での立ち位置をどう考える

 「立ち位置よりも、日本の社会の役に立ちたい、ということを考えている。ユーザー、たとえば農産物の生産者がドローンを使って生産性を高めることなどに役に立ちたい」

--日本市場の特徴は

 「ホビー(趣味)としてのユーザーが少ない。米国では55万人の登録者のうち52万人がホビー用途なのに、日本ではほとんどが業務用だ。若者や子供に趣味として広がれば新しい発想が出てくる。たとえば子供がドローンをみて、『こう使いたい』『こうしたい』と話し始めると、それが次のビジネスになる。日本はドローン市場としては初期段階。これから広がる」

--日本企業との連携に積極的だというのは

 「すでに日本製の部品を多く使っている。日本のパーツを乗せたドローンが世界で売れれば、日本の増収になる。DJIはほかのどのドローンメーカーよりも、日本のGDP(国内総生産)に貢献していると思う。日本企業とはこれからも協力しあいたい。われわれだけですべての課題に対応できるとは思っていない。日本国内には『メード・イン・ジャパン』を重視する風潮が根強いが、それは表面だけのこと。「メード・イン・チャイナ」と表示してある携帯電話も、中身は日本製ということは多い。その認識が広がれば、連携はもっと広がる」

--日本でドローンの裾野を広げるためにたちはだかる障害は、マイナスイメージか

 「それと人口が密集していること。日本では人口の90%が人口密集地に住む。そこで全員がドローンを飛ばすことは非現実的だ。日本に合うドローンの普及のしかたがあるはずだ。今回のMavicは超入門機として展開したい。アウトドアを中心に、登山、レース、釣りなどのそばにあるようにしたい。これらの趣味を持つ方は情熱があるので、使っていただければ、次のステップにつながるはずだ」

「MavicPro」の記者発表をするDJIJAPANの呉韜代表取締役=9月29日、東京都千代田区外神田(渡辺照明撮影)

情報提供元:SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161012/bsl1610120500003-n1.htm

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 呉韜 Mavic Pro

関連する投稿


DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、事業部門のバイスプレジデントを務める Roger Luo(ロジャー ルオ)が新たにプレジデントに就任したと発表した。Luo氏は、革新的 なドローンとカメラアプリケーションの需要が急激に拡大するグローバル市場において、DJI の事業展開に注力するとしている。


DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、株式会社ポケモン(:東京都港区)が 「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」に参加し、Spark による空撮セルフィーを体験できる「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を、MARK ISみなとみらいで、8 月15 日まで開催。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

1万円から6万円台の入門用ドローンの種類がわかったところで、基本的な飛行方法について紹介しよう。ドローンがホビーからビジネスでの利活用まで注目されている理由は、「簡単に飛ばせる」ことに尽きる。模型飛行機やラジコンヘリとは違い、初心者でもすぐに飛ばせる手軽さが、ドローンの最大の魅力だ。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。