【Japan Drone 2019】秋田県発、純国産ドローンを開発するTOKO

【Japan Drone 2019】秋田県発、純国産ドローンを開発するTOKO

純国産ドローンを開発する秋田県の東光鉄鋼株式会社UAV事業部は、農家の声を反映した使い勝手の良い農薬散布ドローンと災害支援ドローンを展示、発表した。


農家の声を反映したオリジナルドローンや災害支援ドローンを開発

TSV-AH2は農水協認定機。

 秋田県の東光鉄鋼株式会社(大館市)は、2015年にUAV事業部を立ち上げ、測量や点検、農業分野で活用する国産ドローンを製作してきた。TOKOでは地元秋田の農家の声を反映するため、農薬散布ドローンも開発し、今回展示された「TSV-AH2」は昨年2月から販売しているモデル。10Lの液剤が搭載可能で、1.25haと比較的広い圃場に適している。粒剤も散布可能で、液剤と粒剤はワンタッチで交換できる。これも農家の要望を取り入れ開発された者だ。機体はアームが折りたためるため軽トラックへの積み込みも楽にできる。コントローラーはDJI製だが、自律飛行させるためのソフトはオリジナルで作り込んだ。
 また災害支援ドローン「TSV-RQ1」も発表した。機体は災害時の厳しい天候にも左右されずに飛行できる、完全防水性で15m/sの強風にも耐える。ペイロードは1.5kgで、飛行時間は30分。被災現場で必要な、物資投下装置、サーチライト、高感度カメラといった様々ユニットが使えるようになっている。
 TSV-RQ1と並行して開発されたのが、防塵防滴の災害レスキューカメラ「WCAM001」だ。ISO100万相当の超高感度で光学20倍ズームカメラと高性能サーモカメラがIP64相当の防塵ケース1つに収められている。これによって天候、昼夜を問わず災害対応が可能となった。今後はTSV-RQ1にも搭載される予定。

災害支援ドローンTSV-RQ1。

防塵防滴の災害レスキューカメラWCAM001。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】TERRA LABO、長距離無人航空機の量産化を目指す

【Japan Drone 2019】TERRA LABO、長距離無人航空機の量産化を目指す

TERRA LABOで展示された固定翼機は、昨年8月、自動飛行実験を実施され、連続100kmの自動飛行を実現した。


【Japan Drone 2019】田中電気、中国HARWAR社の強力な災害支援ドローンD-HOPEを紹介

【Japan Drone 2019】田中電気、中国HARWAR社の強力な災害支援ドローンD-HOPEを紹介

秋葉原でJUIDA認定のドローンスクールを開講する田中電気株式会社(東京都千代田区)は、これまでに有線給電ドローン「PARC」を防災、警備などに提案している。今回は今年5月に実機が入荷予定の中国HARWAR社の強力な災害支援ドローン「D-HOPE」を紹介した。


「マイクロドローン組立会」12月9日(土)秋田県仙北市

「マイクロドローン組立会」12月9日(土)秋田県仙北市

重量わずか30g!航空法の規制を受けない小型ドローンの組立会を開催します。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。