国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において大日本コンサルタントと日立システムズの技術を適用

国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において大日本コンサルタントと日立システムズの技術を適用

大日本コンサルタント株式会社(東京都豊島区/以下、大日本コンサルタント)と株式会社日立システムズ(東京都品川区/以下、日立システムズ)は、点検記録作成支援ロボットの社会実装に向けて前進したと発表した。


点検記録作成支援ロボットの社会実装に向けて前進

 大日本コンサルタントと日立システムズは、かねてから点検業務の効率化に向けた技術の社会実装に協業して取り組んできた。両社は国が実施する平成30年度のフィールド試行業務においてドローンによる点検画像の撮影と画像の加工技術を適用し、3案件、7橋脚に対して「点検記録作成支援ロボットを用いた3次元成果品納品マニュアル(橋梁編)(案) 平成30年3月 国土交通省」に基づく3次元成果品の作成まで可能であることを確認した。これにより、点検記録作成支援ロボットの社会実装に向けて前進することができたことを発表した。
 全国には約70万の道路橋があるが、昨今、老朽化が問題となっており、落橋などの事故を未然に防ぐことはもちろん、長寿命化対策の実施(予防保全)を課題として、平成25年の道路法などの一部改正に基づき、全国的に近接目視点検や措置を急いでいる。一方、近接目視点検においては、点検員や交通誘導員の量的不足、外業時の安全確保、膨大な内業などの問題が顕在化しており、必要な点検精度の確保を条件として、それらの解決が強く望まれてきた。
 そこで、国土交通省は平成25年度に「次世代社会インフラ用ロボット現場検証委員会」を設置し、新たに開発されたロボット技術の現場導入に向けた取り組みとして、道路橋点検記録の作成支援を行うロボット技術を公募、検証および評価を実施してきた。昨年3月には、点検記録作成支援ロボットを用いて取得した橋梁点検記録の納品仕様を定めた「点検記録作成支援ロボットを用いた3次元成果品納品マニュアル(橋梁編)(案)」の作成に至った。平成31年2月には、ロボット技術をはじめとした新技術の導入に一定の道筋を付ける「点検要領(技術的助言) 道路橋定期点検要領 平成31年2月」として点検要領が改定され、新技術導入の際の参考資料として位置付けられる「新技術利用の際のガイドライン(案) 平成31年2月」、「点検支援技術性能カタログ(案) 平成31年2月」もあわせて発出されている。
 建設コンサルタントの大日本コンサルタントとITサービス企業の日立システムズは、ドローンを活用した橋梁点検の分野で協業し、鋼橋・ロボットメーカーの川田テクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:川田 忠裕、本社:富山県南砺市/以下、川田テクノロジーズ)とも連携して、点検業務の効率化に向けた技術の社会実装に取り組んできた。
 大日本コンサルタントは、川田テクノロジーズとともにNEDOの支援を受け、「複雑な風の変化に強い回転翼機構」「点検区域外に機体を逸脱させない第三者安全装置」「充実した操縦・画像撮影支援機能」などの特長を持つ橋梁点検用ドローン「マルコ™」を開発するなど、橋梁点検におけるドローンの活用に取り組んでいる。なお、「マルコ™」は、「点検支援技術性能カタログ(案) 平成31年2月」掲載技術。
 また、日立システムズは、2016年9月に「ドローン運用統合管理サービス」の販売を開始して以降、ニーズに合わせてさまざまな機能を開発してきた。本サービスの特長的な機能である「3次元管理台帳機能」は、ドローンで撮影した大量の2次元画像(写真)と、それらから生成した構造物全体の3次元モデルを紐付ける機能で、点検結果や劣化箇所などについても3次元管理台帳上で管理が可能。
 今回、これらの技術を国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において適用することで、点検記録作成支援ロボットの社会実装に向けて前進することができた。
 今後も、大日本コンサルタントと日立システムズは、川田テクノロジーズも含めた各社の技術を融合した点検サービスの提供を通じて、安心・安全な社会の実現に貢献するとともに、次年度以降のフィールド試行にも積極的に対応して技術を更新し、点検業務の課題解決に貢献していく。

協業イメージ図

この記事のライター

関連する投稿


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。


日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、航空測量大手の株式会社パスコ(代表取締役社長:島村 秀樹、本社:東京都目黒区/以下、パスコ)は協業し、ドローンによる 3 次元測量 (*1) を支援するサービスを 9 月から提供する。


国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催した。会場では屋外でのデモ飛行や、ドローンの活用例から実際の導入費用など具体的なテーマでセミナーが行われた。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

幕張メッセで開催されたジャパンドローン2018に出展した日立システムズは、企業向けドローン検査のフルパッケージサービスや閉鎖空間での検査に適したドローンなどを紹介していた。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。