新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

ドローンの楽しみ方を広げる最新モデルの発表が相次いでいる。飛行申請のいらない200グラム未満のミニドローンと、折りたたみ式で持ち運びが簡単でありながら本格的な空撮が楽しめるプロフェッショナルなモデルがその主役だ。


 フランスのドローンメーカー、Parrot(パロット)は「Mambo」と「SWING」の、飛行申請不要のミニドローン2モデルを発表した。このうちMamboは付属アクセサリーを装着すると、4グラムまでのものをつかみ、運ぶことができる。発表会では、小さいお菓子を運んだ。最高速度29キロメートルでアクロバット飛行も楽しめる。同時に発表されたSWINGは、SF映画「スターウォーズ」に登場する戦闘機「Xウイング」のようなスタイルの翼が特徴的だ。

 中国のメーカー、ZEROTECH(ゼロテック)も、199グラムの「Dobby」(ドビー)を発表。飛行申請が不要の軽量モデルながら、高解像度撮影と安定した自律飛行が可能な技術を搭載した。

 本格モデルとしては、DJI JAPANと、米国のアクションカメラメーカー、GoPro(ゴープロ)が折りたたみモデルを発表した。

 Mavic Proは、4Kカメラを備え、高画質の動画、静止画を撮影できる。人物などの被写体を自動的に追いかけて撮影する機能を搭載。機体のカメラに、指でフレームの形を作って示すと、セルフタイマーによる撮影ができる。折りたたむと500ミリリットルのペットボトルサイズになる。

 GoProの「Karma」(カルマ)は、撮影に同社の新型カメラ「GoPro HERO5 Black」を使う。同社はKarmaをカメラのアクセサリーと位置づけているため、フライト以外でカメラを取り外して使うことを想定している。(田中亘)

Parrotの「Mambo」

ZEROTECHの「Dobby」

DJIの「MavicPro」

GoProの「Karma」

情報提供元:SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161012/bsl1610120500004-n1.htm

この記事のライター

関連する投稿


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(1)

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(1)

ドローン女子にドローンレース、産業用ドローンにドローンショーなど、ネットやメディアで「ドローン」という文字を目にする機会が増えている。しかし、いまひとつ「ドローンって何?」と首を傾げている人に、これからはじめるドローンの「ド」をお伝えする。


新しい GoPro app 「GoPro QuikStories」でビデオを自動で作成 Karmaの空撮映像もワンタップ

新しい GoPro app 「GoPro QuikStories」でビデオを自動で作成 Karmaの空撮映像もワンタップ

GoPro QuikStoriesは、GoPro app に新しく追加された。 GoPro HERO5で撮影した映像素材をスマートフォンに取り込み、すぐにシェアできる映像作品を自動で作成する機能だ。 “QuikStories”によってワンタップでKarmaの空撮映像も残すことが簡単になった。


PhotoFast、iOS専用 DJIドローン、GoProシリーズに最適化された外部ストレージ 4K iReader S発売

PhotoFast、iOS専用 DJIドローン、GoProシリーズに最適化された外部ストレージ 4K iReader S発売

株式会社リンクスインターナショナルは、Lightningコネクタ、Micro SDカードリーダー、USB 3.0搭載、iOS専用 DJIドローン、GoProシリーズに最適化された外部ストレージ、PhotoFast 4K iReader Sを2017年7月29日より、全国の家電量販店や専門店にて発売いたします。


空撮から地上のアクティビティまでカバーするGoProドローンのKarmaが日本で発売開始

空撮から地上のアクティビティまでカバーするGoProドローンのKarmaが日本で発売開始

 GoPro のドローン「Karma」が、日本国内の正規販売店で6月2日、販売を開始した。日本でも人気の高いアクションカメラのGoPro に、空撮の魅力を加えるKarmaは、入門者からエキスパートまで、魅力あるコンテンツ製作を実現する。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。