新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

ドローンの楽しみ方を広げる最新モデルの発表が相次いでいる。飛行申請のいらない200グラム未満のミニドローンと、折りたたみ式で持ち運びが簡単でありながら本格的な空撮が楽しめるプロフェッショナルなモデルがその主役だ。


 フランスのドローンメーカー、Parrot(パロット)は「Mambo」と「SWING」の、飛行申請不要のミニドローン2モデルを発表した。このうちMamboは付属アクセサリーを装着すると、4グラムまでのものをつかみ、運ぶことができる。発表会では、小さいお菓子を運んだ。最高速度29キロメートルでアクロバット飛行も楽しめる。同時に発表されたSWINGは、SF映画「スターウォーズ」に登場する戦闘機「Xウイング」のようなスタイルの翼が特徴的だ。

 中国のメーカー、ZEROTECH(ゼロテック)も、199グラムの「Dobby」(ドビー)を発表。飛行申請が不要の軽量モデルながら、高解像度撮影と安定した自律飛行が可能な技術を搭載した。

 本格モデルとしては、DJI JAPANと、米国のアクションカメラメーカー、GoPro(ゴープロ)が折りたたみモデルを発表した。

 Mavic Proは、4Kカメラを備え、高画質の動画、静止画を撮影できる。人物などの被写体を自動的に追いかけて撮影する機能を搭載。機体のカメラに、指でフレームの形を作って示すと、セルフタイマーによる撮影ができる。折りたたむと500ミリリットルのペットボトルサイズになる。

 GoProの「Karma」(カルマ)は、撮影に同社の新型カメラ「GoPro HERO5 Black」を使う。同社はKarmaをカメラのアクセサリーと位置づけているため、フライト以外でカメラを取り外して使うことを想定している。(田中亘)

Parrotの「Mambo」

ZEROTECHの「Dobby」

DJIの「MavicPro」

GoProの「Karma」

情報提供元:SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161012/bsl1610120500004-n1.htm

この記事のライター

関連する投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


米国のドローン市場を左右する重要人物たち

米国のドローン市場を左右する重要人物たち

米国のドローンメディアのdronelife.comは、2017年2月に「ドローン産業で影響力のある人物」というテーマの記事を掲載した。


DJI 、CP+ 2017に最新ドローンとハンディスタビライザーを出展

DJI 、CP+ 2017に最新ドローンとハンディスタビライザーを出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」(2/24-26) に出展し、 今年1月にCESで発表したハンディスタビライザーの新シリーズ「OSMO MOBILE SILVER」をはじめとするDJIの各製品を出品する。


DJI、MAVIC PRO向けの新アクセサリー7製品を発表

DJI、MAVIC PRO向けの新アクセサリー7製品を発表

無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJIは、 折りたたみ式のコンパクトドローン「MAVIC PRO」向けに、 飛行の安全性を高め、 より快適で安全な飛行体験を実現する新しい7製品のアクセサリーを発表した。


セキドがDJI最新機体を無料体験!NEW PILOT EXPERIENCE in 横浜 3/3(金)

セキドがDJI最新機体を無料体験!NEW PILOT EXPERIENCE in 横浜 3/3(金)

シリーズ最新機体「Phantom4 Pro Plus」、最新折り畳み式ドローン「Mavic Pro」の2機を体験できる絶好のチャンス!


最新の投稿


那須雪崩事故、ドローンによる現場調査で原因究明

那須雪崩事故、ドローンによる現場調査で原因究明

栃木県那須町のスキー場で登山講習会に参加した県立大田原高校の教師、生徒ら8人が雪崩に巻き込まれ死亡した事故で、28日、雪崩の原因を調査するためドローンを現場上空を飛行させた。


実験に成功したOFF Line社,の「ドローンみまもり」とは

実験に成功したOFF Line社,の「ドローンみまもり」とは

OFF Line社は3月16日、 福島県南相馬市において、 一般財団法人 総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が行った複数事業者によるドローン運航管理デモンストレーションに参加し、 「ドローンみまもり」サービスのデモンストレーションに成功した。その内容とは。


東京電力とゼンリン、送電線を「ドローンハイウェイ」に

東京電力とゼンリン、送電線を「ドローンハイウェイ」に

東京電力ホールディングス株式会社と株式会社ゼンリンは29日、両社が保有する設備・地図情報などのインフラデータを組み合わせ、ドローンの安全飛行をインフラ側から支援する「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けた業務提携を発表した。


テラドローンがインドネシアに支店設立

テラドローンがインドネシアに支店設立

テラドローン株式会社(東京都渋谷区) は29日、 インドネシア共和国ジャカルタ首都特別州ジャカルタ市に支店を開設する。 日本で培った高精度な測量技術の提供を通して、 建設会社や建設コンサルタント各社のODA(政府開発援助)事業をサポートする。


次世代バッテリーで〝24時間ドローン〟! アイ・ロボティクス社がSLUSHで公表

次世代バッテリーで〝24時間ドローン〟! アイ・ロボティクス社がSLUSHで公表

 ドローン技術のインテグレータ-、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)は29日、バッテリー交換も、給電ケーブルも不要で、24時間飛行を続けることができるドローンの開発に着手すると発表した。