ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、福島県ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)の試験施設のひとつ「試験用プラント」の最上階に設置した煙突を使い、屋内設備点検ドローン「 ELIOS 」の実証試験を3月14日、報道陣に公開した。同プラント内でドローンの飛行実験を公開するのは初めて。


試験用プラントの煙突内を球体ドローンが点検

 ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、福島県ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)の試験施設のひとつ「試験用プラント」の最上階に設置した煙突を使い、屋内設備点検ドローン「 ELIOS 」の実証試験を3月14日、報道陣に公開した。同プラント内でドローンの飛行実験を公開するのは初めて。

屋内点検ドローンELIOSが試験用プラントの煙突内を点検実証実験で飛行=3月14日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールド

 屋内点検ドローンELIOSを開発したスイスのFlyability 社 は、ブルーイノベーションと昨年業務提携した。この機体は、屋内の狭小空間での飛行に最適な性能があり、これまでにない屋内点検分野での新たなソリューション・サービスが期待されている。狭い、暗い、高い、汚いなど人の立ちれないまたは危険な場所の点検に活用できる。ブルーイノベーションによると鉄工会社のボイラー点検では、足場を組まなくても点検できるため経費と時間が削減され、またゼネコンでは有毒ガスの発生が懸念される地下ピットの作業の危険性が回避できると、ユーザ ー層を広げて いるという。

カーボン製のフレームを煙突の内壁にぶつけながら点検するELIOS。

 今回ELIOSの実験が行われた福島ロボットテストフィールドの試験用プラントは、高さ30mの6階建てで、今年2月に開所したばかり。化学、製鉄所、発電所などの各種プラントを再現し、点検、情報収集、機器操作に 関する試験や操縦訓練を行うことが可能となっている。試験用プラント内には様々な形状の配管、バルブ、ダクト、階段、螺旋階段、キャットウォーク、垂直梯子、タンク、煙突な どが配置され、また計器・指示器の変動、機器の異常振動、煙・気体の充満、熱源や瓦礫の配置などにより異常環境を再現することが可能だ。

実験が公開された試験用プラント。

 ELIOSの公開実験は、試験用プラント5階に設置された、3本ある煙突の中でも直径が一番太い直径3m、高さ約10mの煙突を使った。煙突内部にELIOSを入れ、操縦者は煙突の外から機体の上部に搭載された フルHDのカメラが撮影する映像を確認しながらマニュアルで操作した。煙突内は暗かったが、28WのLEDライトで照らしながら、カーボン製の球体に組まれたフレームの機体は、煙突の金属製の壁にぶつかりながら飛行し、継ぎ目やボルトの状況をリアルタイムで映像伝送した。
 当日は経済産業省の関芳弘副大臣も訪れ、煙突内部に入りドローンが飛行しながら点検する様子を視察した。
 ブルーイノベーションの担当者によると「最近は点検にELIOSを使う依頼が多くなり、飛行訓練をする時間もなくぶっつけ本番で現場で飛行することが多くなった。このように福島ロボットテストフィールドの施設を使って検証できる機会は貴重」と話した。

リアルタイムに伝送されたELIOSの映像。

実験の模様を視察に訪れた経済産業省の関芳弘副大臣(左)。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

産業用ドローンやソリューションを展開するブルーイノベーション(東京都)の展示コーナーに、AEROPROBING Inc.(台湾)の革新的なドローンのコンセプトモデルが展示されていた。


ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーション(東京都文京区)とFlyability社(スイス)は、地下トンネルなどの電波の通りにくい場所でも無線通信を拡張できる電波拡張ユニット「RANGE EXTENDER」の発売と、ドローンの販売・サービス・開発に関する「BIパートナー制度」を開始すると発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


ブルーイノベーションが、 UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携 ドローンポートシステム開発促進

ブルーイノベーションが、 UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携 ドローンポートシステム開発促進

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会 社UKCホールディングス(東京都品川区)、日本郵政キャピタル株式会社 (東京都千代田区)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を行ったと発表した。


JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

 一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドローンユーザーの安全な飛行を支援するため、ドローン飛行支援地図サービスと保険をセットにした「SORAPASS care」を12月5日に発売した。保険は業務用、ホビー用のいずれにも対応する。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。