VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

Transwing Parus5cの性能測定基準の比較。サイズと積載量が同等の世界で最も性能の高いVTOL航空機、最大容量のTB50バッテリーパックを搭載したDJI Matrice 200との比較。

 PteroDynamics社が自社のサイトで公開しているTranswing Parus5cの性能表によれば、同社の新型VTOLドローンはDJI Matrice 200 TB50と比べて669%の飛行時間と、123%の飛行速度に、1233%の飛行範囲を達成している。さらに、価格は$5,000(約55万円)と2%ほど安い。Transwing Parus5cというVTOLドローンの最大の特長は、翼を回転させる構造にある。これまで、VTOLドローンといえばオスプレイ方式のタービンダクトを回転させる方式か、水平飛行と垂直離着陸用にそれぞれプロペラを装備する設計が多かった。それに対して、翼を回転させるTranswing Parus5cでは、離着陸と推進の両方に同じプロペラの推力を利用できる。さらに、翼を長くすることで、プロペラを数を増やしてペイロードと推力を強化できる。PteroDynamics社では、Transwing Parus5cのような小型の機種だけではなく、人の輸送も可能になる大型モデルの開発にも取り組んでいる。同社が公開しているYoutubeの動画を見る限りは、実現性の高い機体設計だと考えられる。すでに、4フィートの翼幅のある実用的なプロトタイプによる100回以上の試験飛行も行っているという。四人乗りの設計では、翼の幅は18フィートで機体は23フィートの長さになる。ペイロードは、最大離陸重量の40%以上になる。

翼の回転によりプロペラを推力にも離着陸にも利用できる

この記事のライター

関連する投稿


最大150分の飛行が可能なMMCのVTOLドローンGriflion M8

最大150分の飛行が可能なMMCのVTOLドローンGriflion M8

MMCUAV(中国)の製造するGriflion M8は、垂直離着陸(VTOL)固定翼ドローンで、複合材料で作られたV字型の尾翼が特長。最大で150分の飛行が可能になる。


CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

2019年1月7日 - 米国ラスベガス。Textron社(NYSE:TXT)のBell Helicopter(アメリカ)は、CES 2019の開催に合わせて、本格的な垂直離着陸(VTOL)航空タクシーを発表した。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


スイス発、最大55分の飛行が可能なVTOLドローン

スイス発、最大55分の飛行が可能なVTOLドローン

Wingtra(スイス)社が2017年から販売を開始したVTOLドローンのWingtraOneは、測量や地図の作成に特化し、最大で55分の飛行と自律飛行により最大50kmのエリアをカバーする。


Coaido、Swift XiのVTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像公開

Coaido、Swift XiのVTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像公開

Coaido(コエイド) 株式会社は、スウィフト・エックスアイ株式会社が主催し、神戸市がサポートするVTOL(垂直離陸)型ドローン「Swift020」のデモンストレーション(7月21日、神戸市のメリケンパーク)に参加し、次世代救命アプリ「Coaido119」連携の訓練を実施した。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。