使い捨て空輸ドローンのLogistic Gliders

使い捨て空輸ドローンのLogistic Gliders

Logistic Gliders Inc.(米国)は、米軍の空中補給のための革新的技術を開発するために2011年に設立さた。Youtubeに公開された最新の動画では、ヘリコプターから投下されて翼を開いて自律的に飛行する様子が紹介されている。


回収の必要がない使い捨て固定翼ドローン

テスト飛行の様子

 Logistic Glidersは、これまでに12のプロトタイプグライダーで飛行試験を行ってきた。グライダーは使い捨てなので、テストごとに新しいグライダーが必要になる。すべてのプロトタイプは、実サイズで設計されている。テスト飛行では、6機のグライダーがヘリコプターの吊り荷から展開された。また、ラジコンで7機のグライダーが飛行した。そして、5機のグライダーが自律飛行した。すべての飛行時間は、54分21秒だった。
 Logistic Gliders社は、斬新なデザイン、最新の製造方法、安価な素材、そして手頃な価格の無人アビオニクスを使用して、軍用貨物グライダーのコンセプトを一新した。同社のグライダーは、折りたたみ式のトラスブレース翼(TBW)と合理化された胴体を使用している。グライダーは、1回使用した後に処分するように設計されている。同社のグライダーは、米軍で利用する標準的な航空機やヘリコプターに搭載して、空中から投下できる。
 LK-1Kグライダーの目標は、分散環境で動作している複数の地上ユニットへの空輸による補給の支援にある。LG-1Kグライダーの長さは10.4フィート(3.2メートル)で、翼幅は23.2フィート(7.1メートル)、積載量は700ポンド(320キログラム)。LG-1Kグライダーの開発は、海兵隊戦闘研究所(MCWL)によって後援されている。
 また、LG-2Kグライダーの目標は、地上ユニットに目的地までの操縦(STOM)空輸を提供すること。LG-2K グライダーの長さは12.7フィート(3.9メートル)で、翼幅は27.2フィート(8.3メートル)、積載量は1,600ポンド(725キログラム)。LG-2K開発は、国防高等研究計画局(DARPA)によって後援されている。
 同社のグライダーは、使い捨てで低コストの補給システムで、部隊に対する現在の補給コストを大幅に減らし、騒音による部隊の位置の発見を防ぐ。また、貨物航空機の離隔距離を広げて乗務員の安全性を高め、燃料を広く分散した場所に輸送するのに費やす燃料と時間を削減する。
 Logistic Gliders社は、軍用の他にも人道支援や物流などにも同社のグライダーを活用できると提唱している。

使い捨てドローンによる物資補給の流れ

この記事のライター

最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。