ALiNKインターネット池田社長を直撃 アクセス40億の「tenki.jp」 データと予報士の声を融合しさらに拡充

ALiNKインターネット池田社長を直撃 アクセス40億の「tenki.jp」 データと予報士の声を融合しさらに拡充

ドローン関係者に不可欠な気象情報のビジネスとはどんなものか。ふと気になって、年間40億のアクセスを稼ぐウェザーテックのALiNK(アリンク)インターネットの社長、池田洋人さんに話を聞いた。国内初の技術を導入し続けるなど、なかなかチャレンジャーな気象予報士だった。


20代の女性は雨が降るとどんなページを見るのか… ユーザー動向解析して反映

 ――まずは会社の事業内容を

 「日本気象協会と共同で「tenki.jp」というサイトを運営していて、このサイトの企画、開発をしています。ユーザーの動向を解析し、最適な情報を提供することを心がけていまして、たとえば関東在住のF1層(20~34歳の女性)は10ミリ以上の雨が降ったときにはどんなページを見る傾向があるか、といったことを分析してサイトに活かしています。


 ――スマホで見られますね

 ダウンロードすれば自分用にカスタマイズできます。たとえばよく出かける場所を登録しておけばそこの天気を確認でき、雨雲の接近の知らせを受け取れます。『お役立ち情報』で、たとえば星空を見るのに適している天気かどうかとか、夏ならビールを飲むのに適しているかどうかといった、ユーザーのほしい情報を表示させることが可能です。気象予報士のコラム「日直予報士のポイント解説」も日々更新しています


 ――2018年は年間で40億のアクセスを集めまくりました

 西日本豪雨など天候要因も大きく影響したと思っています。天気のサイトはわれわれのほかにもいくつかありまして、それぞれに特徴があります。投稿写真を共有するなどエンタメ性が持ち味のサイトもあります。私たちの運営している「tenki.jp」は確かな情報を分かりやすく確実に届けることに力を入れています。天気のサイトは、ふだんは何かのついでに見られがちなのですが、私たちは天気のことが本当に気になるときにこそ頼られるサイトを目指しています。

桜の開花情報。4月7日現在、桜の名所、弘前公園のある青森県はまだつぼみであることがわかる。都道府県をクリックするとさらに県内の名所の様子がわかる

本人も気象予報士 「天気大好き少年ではありませんでした」

 ――池田さんご自身も気象予報士です

 資格を取ったのは会社に入ってからです。気象予報士になる人の中には、子供のころからテストの答案に天気図を書くような天気大好き少年がいるのですが、私はそうではありませんでした。気象予報士という資格は、平成5年の気象業務法改正で、民間にも一般向け予報業務がしやすくなったさいにできた資格です。私にとってはちょうど就職活動をしていた時期で、たまたま気象データをビジネスにする会社があると知って新鮮に感じてその会社に第一期生として入社しました。資格はその後、入社2年目で取得しました。

 ――サイトでは使い勝手の向上だけでなく、広告収入を確保する工夫もしていると聞きました

 いろいろと取り組んでいます。どのぐらいビールが飲みたくなるかの目安を示す「ビール指数」というのがあるのですが、サイトでは指数の数値をアイコンの数で表示します。アイコンそのものを特定銘柄のビールのデザインにして表示することで広告にする、といったこともその例です。ほかにも高単価広告を獲得するヘッダー入札や、ヘッダー入札をたばねたラッパーソリューションも導入していまでは一般的になりつつありますが、いずれも国内で導入したのはわれわれが初めてです。アドテクノロジーは日進月歩なので、海外で実績があれば導入の検討をするようにしています。


 ――今後の抱負は

 いまの取り組みをより充実させていきます。「tenki.jp」では気象というデータと、気象予報士という生の声を融合させる取り組みを強化していきます。登山者向けに定期購読の有料サイト「tenki.jp登山天気」も始めていまして、この充実も図ります。生活情報などの領域も拡大させていくつもりで、真のウェザーテック企業を目指していきたいと思っています。

ビール指数。数字が大きいほどビール需要が高い。夏に向かうにつれて飲食店の需要が高くなる。シーズンに入るとこのアイコンが特定銘柄のビールになり広告効果を発揮する

■池田洋人氏
 いけだ・ひろと 東京国際大卒。1997年ハレックス入社。1999年、気象予報士に合格。ウェザーライン(のちにライフビジネスウェザーに吸収される)、ヤフー、父親が経営するありんくなどで気象情報ビジネスを経験し、2013年3月、ALiNKインターネットを設立し社長。44歳。埼玉県出身。


■会社概要
▽本社=東京都新宿区山吹町337 都住創山吹ビル8階
▽設立=2013年3月16日
▽資本金=1800万円
▽従業員=14人
▽事業内容=天気予報専門サイト「tenki.jp」の企画、開発など

https://tenki.jp/


インタビューに応じる池田洋人社長。40を過ぎてからサーフィンをはじめたそうだ。

この記事のライター

最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。