スカイキャッチとコマツオーストラリアが提携し、オセアニア全体のプロジェクト効率を向上

スカイキャッチとコマツオーストラリアが提携し、オセアニア全体のプロジェクト効率を向上

2019年3月29日 - サンフランシスコ。コマツオーストラリア社とスカイキャッチ社は、オセアニア全土の建設、採掘、採石場の効率を高精度パッケージで強化するために提携するとブログで公開した。


コマツがグローバルに展開するスマートコンストラクション

 コマツの高精度パッケージは、スマートコンストラクションワークフローの重要な構成要素としてEveryday Drone Solutionとして知られている。Everyday Droneには、Explore1高精度 UAV、Edge1統合GNSS基地局およびエッジ計算モジュール、そしてオンラインのデータ視覚化および分析ツールであるViewerがすべて1つの商用グレードのキットにパッケージされている。ドローンを毎日使用すると、ユーザーは地上基準点(GCP)を必要とせずにデータを作成するための業界最先端の時間を経験し、高精度の航空データをスマートコンストラクションのワークフローにシームレスに統合できる。
 一般的な建設ワークフローでは、プロジェクトの利害関係者が現場のデータを表示または分析できるようになるまで、従来の測量方法を使用してデータを収集するまでに数週間かかることがある。Edge1を使用すると、シームレスなGCPフリーのワークフローを活用して、30分以内に50 mm以下の正確なデータを任意の座標系またはローカル座標系で一貫して配信できるため、無数の時間と人件費を節約できる。

 コマツオーストラリアのマートセンターナショナルテクノロジーソリューションエキスパートマネージャーのアーロン・マーシュ(Aaron Marsh)氏は、「現在、プロジェクトの開始時にEveryday Droneを使用して、入札前と入札機能のためにサイト全体の情報を収集し、3D設計面と比較してスマート建設アプリケーションで表示される実際の正確な情報を提供します。最初から正確にカットアンドボリュームを作成し、プロジェクト入札チームがプロジェクトに適したマシンを選択し、車両の推奨を最適化し、チームが最初から適切なデータベースの決定を下すことができるようにします」と話す。
 また、スカイキャッチ社の創設者兼CEOであるクリスチャン・サンズ(Christian Sanz)氏は、「Skycatchは、現場で正確なデータにアクセスするためのより良い方法を提供できることを誇りに思っています。従来の方法では、解決策は断片的で面倒で時間がかかります」と述べる。
 そして、コマツオーストラリアのナショナルリモートサボートマネージャーのジェームス・マッケンジー(James Mackenzie)[氏は、「オーストラリアの顧客はすでに、Everyday Droneソリューションの恩恵を受けています」と話す。
 コマツオーストラリアでは、Civil Construction市場でドローンによるソリューションをテストしてから、すぐに採石場に拡大した。同社は、クラウドで後処理し、翌日にデータを受信して、さまざまな顧客に対して5日間で6つの採石場を調査することができた。
 マッケンジー氏は、「従来の調査と比較して、これは100%生産性が高く効率的です。Everyday Droneを使用することで、顧客はもはや危険な方法で重い機械の周りを調査したり、足首をひねる危険性のある不安定な備蓄を登ったりすることはありません」と話す。そして、顧客が迅速な納期、使いやすさ、そして製品の堅牢性をすぐに高く評価したことにも注目している。
 マーシュ氏は、「プロジェクト全体を通じてほぼリアルタイムのデータを提供するSkycatchの機能は不可欠であり、それを顧客に提供し、プロジェクトチームに有用で正確なデータを使用してプロジェクト全体にわたって意思決定を下す能力を提供することが成功の鍵です。プロジェクトは全体として、サイロ環境だけではなく、貴重です」と述べる。

コマツとスカイキャッチが構築したEveryday Drone Solution

スカイキャッチについて
 Skycatchは、業界の主要なデータ収集および分析会社であり、物理的世界からの重要な情報の索引付けおよび抽出に重点を置いている。ハードウェア、ソフトウェア、人工知能を組み合わせて、これまでにないスピードと使いやすさで高精度のデータを提供する。企業向けに構築された同社のターンキーソリューションは、世界最大の建設会社、鉱業会社、およびエネルギー会社を含むグローバルプロジェクトサイト全体に展開されている。

コマツオーストラリアについて
 コマツは公益事業、建設および採鉱設備の製造業者であり、過去6年間にわたりOEMが通常行うビジネスのやり方を変える主な要因となっている。ソリューションベースのビジネスにおけるテクノロジとイノベーションの最先端を行く。
 コマツは、1965年以来、オーストラリアの請負業者、採石場、鉱山労働者、農家などのエンドユーザーにコマツの機器を供給、サポートしてきた。2015年には、オーストラリア事業50周年を迎えた。

 コマツオーストラリアは、オーストラリア、ニュージーランド、そしてニューカレドニア全域に販売、サービス、サポート、部品の設備を擁する世界的なコマツファミリーの強力なメンバー。そして、コマツのグローバルなリソースを利用して顧客に継続的な成功を約束している。

 コマツオーストラリアは、献身的な経営陣、スタッフ、ビジネスパートナー、サプライヤー、コミュニティ組織への支援、そしてもちろん顧客へサービスを提供する業界部門を通じて、オーストラリアのコミュニティと深く関わっていることを非常に誇りに思っている。

この記事のライター

関連する投稿


ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース① 意義深い1年を振り返る

ドローンタイムズ年末恒例・ドローン10大ニュース① 意義深い1年を振り返る

2018年は、補助者なしで目視外の自動航行を実現させ、被災地での活用が進み、様々な産業用ドローンも新製品が登場、有望なスタートアップに対し大手企業も巻き込んだファンドの投資が活発化、そしてドローンスクール事業も全国に拡大するなど意義深い1年だったのではないだろうか。次回からランキングを発表。


オプティム、ランドログ、コマツが「平成30年7月豪雨」の災害支援  被災状況の把握にドローン測量を無償で実施

オプティム、ランドログ、コマツが「平成30年7月豪雨」の災害支援  被災状況の把握にドローン測量を無償で実施

株式会社オプティム(東京都港区)ならびに株式会社ランドログ(東京都港区)、コマツ(東京都港区)の3社は、「平成30年7月豪雨」の災害支援として、自治体へ向けて、被災状況の把握を目的としたドローン測量を8月3日より無償で実施。


コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツは、建設現場の課題解決のためのソリューション事業「スマートコンストラクション」において、ドローンおよびエッジコンピューティング技術を利用した新サービス「EverydayDrone」(エブリデイドローン)を、子会社であるコマツカスタマーサポート株式会社を通じて本年5月より開始する。


JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVACとコマツは、i-Constructionに対応したドローンを活用した測量を行うためのパイロット育成コースを共同開発し、6月より開始予定。


コマツがスマートコンストラクション事業に,Skycatch と DJIの産業用ドローン 1,000 台導入

コマツがスマートコンストラクション事業に,Skycatch と DJIの産業用ドローン 1,000 台導入

建設機械メーカーであるコマツ(東京都港区)は、同社が推進するスマートコンストラクション事業向けに、DJI(東京都港区) と Skycatch(米国)の高精度ドローン「EXPLORE 1」を 1,000 台導入すると発表した。EXPLORE 1は開催中のジャパンドローン2018のDJIブースで展示されている。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。