ドローン活用、農薬不使用のケール栽培を効率的かつ継続可能に キューサイ株式会社

ドローン活用、農薬不使用のケール栽培を効率的かつ継続可能に キューサイ株式会社

キューサイ株式会社(福岡県福岡市)は、 株式会社NTTドコモ九州支社(福岡県福岡市)とともに、 新規事業プロジェクトへの取り組みを開始した。


 キューサイ株式会社(福岡県福岡市)は、 人手不足や専門的知識の継承問題といった農業におけるさまざまな問題解決に取り組むため、 新規事業プロジェクトとして農業関連のシステム開発を進めるNTTドコモと連携をはかり、 ケール青汁の原料である「ケール」栽培を自社グループ農場の株式会社キューサイファーム島根(島根県益田市)で、ドローンを活用した農場管理に挑戦する。“スマート農業”を実践することで、 最終的には生育状態の把握や収穫量の予測、 病害虫の検知が可能となるようなシステムを開発予定としている。

 今回ドローン導入にあたっては、キューサイファーム島根でも、 島根県の人口減少に伴う「人手不足」が背景にあり、長年の経験や勘で育成状態の把握や収穫量の予測をする場合が多く、 従業員の高齢化もあり、 後継者へ継承することが難しくなっているという問題を抱えている。 そこでキューサイはNTTドコモのドローン技術を使った解析システムを活用し、 これらの課題解決へ向けた取り組みを実施することとした。

 ドローン技術の具体的な活用については、 東京ドーム約6.6個分あるケール畑の定点観測撮影を実施し、 撮影した画像データをNTTドコモの開発した解析システムでNDVI(※)のデータを構築し、 ケールの収穫量の予測や、 ケール株の病虫害被害の検知などを行う。 ドローンでの撮影画像データを膨大に蓄積することで、 人でいうところの経験値となりシステムの精度が向上する。 これにより従来は人の手で定期的に圃場を巡回し、 目視で確認を行っていたものが、 パソコンやスマートフォン、 またタブレット端末などさまざまなデバイスで管理できるようになり、 その結果として、 人手不足の解消や病虫害の早期発見、 収穫量予測の精度向上が期待される。
 現在は人手不足や専門的知識の継承問題などに取り組んでいるが、 その他にもドローンで撮影した画像を解析し、 生育状態が悪い株のみにピンポイントで肥料を散布することができれば、 広大な畑の肥料コストの大幅な削減が期待される。 また、 解析したデータを各農作業機械やトラクターの自動走行と連動させることで、 作業効率の向上や栽培コストの削減も期待できるとしている。
 キューサイファーム島根の四橋 雅美氏は「安全安心なケールをお届けするために農薬や化学肥料を一切使用しないという強い想いから、 人の手でケール1株1株の病害虫をチェックして大切に育ててますが、人手不足などから広大なケール畑を人の手だけで管理することが厳しくなってきています。 ドローンはいろいろな可能性を秘めたツールで、ケール栽培においても、 検証は最低1年はかける予定で、 大変な作業ですが、 この取り組みが成功して、 人手不足や継承問題など、 同じ課題をかかえている地域社会の課題解決の糸口になればと思っています」と話す。

この記事のライター

最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。