住友商事がエアモビリティ業界でBellとの提携を発表

住友商事がエアモビリティ業界でBellとの提携を発表

2019年4月3日、ニューヨーク。住友商事は、テキサス州フォートワースを拠点とする垂直揚力機のトッププロバイダーであり、新興企業の大手企業の1社であるBellとの提携を発表した。


低コストの航空移動性を提供し日常の交通を革新

 住友商事とBellは共同で、市場調査を実施し、既存の技術を改善し、高品質のサービスを手頃な価格でエアモビリティ分野で提供するための新規事業を構築する。
 航空移動産業は、現在の輸送インフラと商業用航空スペースの物流を改善することが期待されている。実現されれば、空中移動性は都市部の都市内の輸送時間を短縮し、遠隔地へのアクセスを改善する。この変革は緊急輸送を改善し、商品の発送方法を変更することも期待されている。今日、空の旅の大部分は伝統的な回転翼機によって行われている。しかし、低コストの航空移動性を提供することによって、私たちの日常の交通に対する考え方を変える可能性がある。
 Bellの技術・イノベーション戦略キャンペーンのディレクターのチャド・スパークス(Chad Sparks)氏は、「Bellは、遠く離れた困難な目的地へのアクセスを可能にしながら、航空機を進化させ、迅速で快適な旅行ソリューションを消費者に提供する新しい方法を絶えず模索しています。私たちは住友商事と提携して新しい技術を探り、乗客と商品の輸送方法を変えることに興奮しています。」と述べる。
 住友商事とBellは、2020年代半ばまでにBellの無人ドローンによる航空タクシーのサービスを開始するための議論を始める。この事業を発展させるために、住友商事とBellはいくつかの会社からの様々な技術を産業界の制限なしに統合することを目指していく。この事業の目的は、電動垂直離着陸機(eVTOL)を使用して新しい物流サービスおよび輸送サービスを作成することによって、社会に新しい価値を提供すること。
 革新的な輸送サービスの開発を目指して、住友商事は新技術と次世代のモビリティサービスを発明するために一生懸命努力する。

住友商事について
 住友商事は66か国に131の拠点を持ち、日本には 22の拠点を持つ世界有数の商社。住友商事グループ全体は、約7万人の従業員と680億ドルを超える総資産を持つ900社を超える企業で構成されている。事業は継続的に多様な製品やサービスに拡大している。その主な事業単位は、金属製品、輸送および建設システム、環境およびインフラストラクチャ、メディア、ネットワーク、ライフスタイル関連商品および不動産、鉱物資源、エネルギーおよび化学電子。

この記事のライター

関連する投稿


CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

2019年1月7日 - 米国ラスベガス。Textron社(NYSE:TXT)のBell Helicopter(アメリカ)は、CES 2019の開催に合わせて、本格的な垂直離着陸(VTOL)航空タクシーを発表した。


住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、ドローンなど先端技術を使った『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。