航空局が平成最後のHP更新 初掲載時の9倍規模

航空局が平成最後のHP更新 初掲載時の9倍規模

 国交省航空局は4月1日にHPを更新し、管理団体は36、講習団体は374と発表した。今回が平成最後の更新で、2017年6月1日の初掲載時は管理団体4、講習団体43だったため、1年10か月で、管理団体は9倍、講習団体は約8・7倍に拡充した。


管理団は4→36、講習団体43→374 JUIDA講習団体は3ケタ目前

 航空局の更新情報によると、2019年4月1日時点での管理団体は36。最大の勢力は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)で、傘下に抱える講習団体は95となり3ケタが目前に迫った。

 また2位は一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)の43、3位はDJI CAMPの33などとなっている。5月1日の更新時には初めて令和での新規掲載がお目見えすると見込まれる。

 国交省が管理団体や講習団体の掲載を始めたのは2017年6月1日だ。2015年4月に放射性物質に汚染された土砂などを搭載したドローンが首相官邸の屋上で発見されたことおきっかけに、国内で安全確保議論が高まり、2015年10月、JUIDAが操縦士や安全運航管理者養成を目的に、スクールの認定制度を開始。同年12月10日に改正航空法が施行されたこともあり、スクールが急増した。

 スクールの急増は、ドローンの操縦法を身に着ける機会拡大した一方で、国民の中に混乱も芽生えるきっかけとなった。増加したスクールの正邪を見分ける指針を求める声が高まったこともあり、国交省が一定の条件を満たしたスクールを航空局のHPで掲載をすることになり、ドローンの技能を身に着けたい国民が、スクールを選ぶさいの判断基準のひとつとして、ドローン黎明期の操縦者育成に機能してきた。

 今後は、機体や電波、プログラミングなど関係技術の進捗や、ドローンに対する社会的な受容のなどの変化を受けて、操縦や飛行に求められる技術の変化が見込まれる。スクールに求められる要素が変化することは確実で、国交省もこうした環境変化に適応していく可能性がある。

http://www.mlit.go.jp/common/001259370.pdf


JUIDAの講習団体は95で、3ケタ目前に迫っている

JUIDA認定スクール第1号であるデジタルハリウッドロボティクスアカデミーは、国交省はHPで講習団体を掲載しはじめた2017年(平成29年)6月1日の初掲載のときから掲載され続けている

この記事のライター

関連するキーワード


航空局 講習団体 管理団体

関連する投稿


DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

 国交省航空局は2月1日、ドローンの講習団体や管理団体を掲載するHPを改訂した。講習団体は前月の304から332に増加。増加分28のうち22が一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)系で、DPCAは講習団体の掲載が33になり、掲載数では一気にJUIDAに次ぐ2位となった。


管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

 国交省航空局は1月1日付で、管理団体、講習団体に関するHPの内容を更新した。ドローン操縦技能指導などを提供する「講習団体」として新たに17団体が加わり304団体が掲載された。講習団体を管理する「管理団体」は前月から3団体増え32団体となり、1年前の2倍超になった。最大は管理数が86と掲載されたJUIDAだった。


「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

 国交省航空局は5月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を得るための講習を実施する「講習団体」は177組と公表。2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が8組あるため、実質169団体が5月1日時点で講習サービスを提供する掲載団体ということになる。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。


「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

 国交省航空局は1月1日、ホームページ上のドローン講習に関する掲載情報を更新した。一定水準の要件を満たした技能認証を提供する「講習団体」は136団体で、このうち2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が5団体となった。また12月1日まで掲載されていた講習団体の1つの掲載が取り下げられた。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。