ロシアからニューヨークに進出するADA Aerospace

ロシアからニューヨークに進出するADA Aerospace

2019年4月4日 - モスクワ。2015年にNGTUとNSUの卒業生であるAlexander Milevskyによって設立されたADA Aerospace社(ロシア)は、ニューヨーク州で新型ドローンの生産を開始すると発表した。


VTOLとマルチコプターのいいとこ取りしたユニークな翼型ドローン

Convertoplan TRIADAは革新的な翼型ドローンとなるのか

 ADA Aerospace社のConvertoplan TRIADAドローンは、これまでのVTOLやセスナ型UAVとは異なる機体のユニークな構造。前方の翼に2つのプロペラを備え、後方にも大きな翼を持つ。そして、機体の後尾にプロペラがある。公開されている動画では、前方の2つのプロペラは上に向いたままで垂直に離着陸する。同社の説明によれば、前方のプロペラは空中で回転して浮力から推力へと変換できる構造になっている。Convertoplan TRIADAドローンは、バッテリーで最大4時間、ハイブリッド式で最大10時間の飛行が可能で、時速は200kmに達し、260kmの範囲まで飛行できる。最大積載重量は7kgで、全自動制御が可能。機体には、空気圧で発射するパラシュートも備える。
 公開されている性能を見る限りは、これまでのVTOLを凌駕する。すでに、3千機を超える受注があり、その製造のために本社をロシアに置いたままで、ニューヨーク州から2億ドル(約220億円)の投資と不動産を提供してもらい、生産設備を4ヶ月以内に米国に作るという。

この記事のライター

関連するキーワード


ADA Aerospace Convertoplan TRIADA

最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。