NEDOと南相馬市がロボット関連人材育成などに関する協力協定を締結

NEDOと南相馬市がロボット関連人材育成などに関する協力協定を締結

2019年4月10日。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と南相馬市は、福島ロボットテストフィールドなどを活用したロボット関連人材育成などに関する協力協定を締結した。


福島ロボットテストフィールドを活用した講座を開催へ

協定書び調印後握手を交わすNEDOの石塚博昭理事長(左)と福島県南相馬市の門馬和夫市長=4月10日、東京都千代田区霞ヶ関

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2017年度に開始した「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)※1」において、各種ロボット(ドローン、水中ロボット、陸上ロボット)の適用分野(インフラ点検、災害対応)ごとに必要な性能の評価軸、その評価軸に沿った性能レベル、それを測定するための標準的な試験方法などの研究開発を実施し、「ロボット性能評価手順書※2」を、昨年度、策定した。また、同プロジェクトにおいて、各種ロボットの性能評価やドローンの飛行試験などを福島ロボットテストフィールド(RTF)※3などで実施している。さらに、国内外のロボットメーカーやユーザーによる「ロボット性能評価手順書」および福島RTFのさらなる利用を促すため、2018年度より、「NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/ロボット性能評価手法に係る特別講座※4」を実施している。

 4月10日、NEDOと南相馬市は、福島RTFなどを活用したロボット関連人材育成などに関する協力協定を締結した。NEDOと南相馬市は、本協定を締結することによって連携を強化し、DRESSプロジェクトや福島RTFを活用したロボット関連人材育成講座などで、国内外の優秀な人材が集う環境を同市に整備し、ロボット関連人材育成の推進やロボット関連産業の活性化を図る。
 締結にあたり南相馬市長の門馬 和夫氏は、今回の取り組みが「復興」に寄与することを強く願っていた。

 今回締結した協定の名称、主な連携・協力事項は以下となる。

【名称】
 福島ロボットテストフィールド等を活用したロボット関連人材育成等に関する国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構と南相馬市との協力協定

【主な連携・協力事項】
(1)国内外の教育機関、事業者、市民を対象とするロボット関連人材の育成
(2)NEDOと南相馬市が関与するロボット関連プロジェクトに関する協力、支援

NEDOと南相馬市の主な役割
・プロジェクトを実施する際の関係者との調整
・NEDOやその関係者と市民との交流による人材育成や地域振興のための場の創出
・シンポジウムなどによるプロジェクト成果の情報発信
・World Robot Summit 2020の開催 ・プロジェクトを実施する際の地元関係機関との調整
・プロジェクトの実施に伴うNEDOやその関係者に対する支援
・シンポジウムなどによるプロジェクト成果の情報発信に関する関係機関への周知
・World Robot Summit 2020開催にかかる関係機関への周知

【注釈】
※1 ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)
事業名:ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト
実施期間:2017年度~2021年度の5年間を予定
2019年度予算:36億円
ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト

※2 ロボット性能評価手順書
具体的にまとめた性能評価手順書は以下の3つで、詳細な内容については、以下ニュースリリースを参照。
【1】橋梁点検のための無人航空機に関する性能評価手順書
【2】ダム・河川点検のための水中点検ロボットに関する性能評価手順書
【3】トンネル災害・プラント災害のための陸上移動ロボットに関する性能評価手順書
インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

※3 福島ロボットテストフィールド
物流、インフラ点検、大規模災害などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主な対象に、実際の使用環境を再現しながら、研究開発、実証試験、性能評価、操縦訓練を行うことができる研究開発拠点。福島県南相馬市および浪江町で2018年度から順次開所している。

※4 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/ロボット性能評価手法に係る特別講座
国内の産業技術の発展のために、先端分野や融合分野の技術を支える人材の育成と人的交流の面から産学連携を促進するための「場」の形成を目的として、NEDOが企画する講座。2006年度から開始し、これまでに光触媒技術や知的財産経営など17件を開講。本件が18件目。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】NEDOブースに集結した国産ドローンチーム

【Japan Drone 2019】NEDOブースに集結した国産ドローンチーム

NEDOが用意したブース内には、国内でドローン関連の研究開発に取り組む各社が一堂に集まった。


NEDOとエンルート、「消防士の空飛ぶチームメイト」世界初の300℃耐火ドローン開発

NEDOとエンルート、「消防士の空飛ぶチームメイト」世界初の300℃耐火ドローン開発

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) のプロジェクトにおいて(株)エンルート(埼玉県朝霞市)は、世界で初めて、火災現場に進入し、火元から10mの近距離空撮が可能な300°C耐火型ドローン「QC730FP」を開発したと3月6日、発表した。


NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心として、複数の参画企業が、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムの実証実験を3月1日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで実施、10機のドローンによる同時飛行に成功した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。