IoTデバイスとしての存在感を増すドローン関連ソリューション

IoTデバイスとしての存在感を増すドローン関連ソリューション

2019年4月10日から東京ビッグサイトで開催されたJapan IT Weekに、IoTをテーマにしたドローンが出展された。通信キャリアからITベンダーまで、最新の展示を追った。


ドコモのドローンプラットフォーム

 ドコモの展示コーナーでは、docomo skyというドローンプラットフォームを紹介していた。ドローンプラットフォームは、ドローンをセルラーネットワークで常時接続して、複数台の自動飛行や目視外での遠隔操作に、機体情報や業務のワークフローに撮影した画像などを管理するクラウドサービス。展示では、ソーラーパネル点検や基地局点検などのソリューションが紹介されていた。会場に置かれていたドローンの機体は、DJI Phantom 4だったが、展示はあくまでイメージ。ソーラーパネル点検では、docomo skyのダッシュボード利用料として1万円/月と、発電規模2MWあたり1回10万円以上の分析利用料が発生する。加えて、機体やパイロットなどを派遣する場合には、別途のコストがかかる。
 ドコモでは、ドローンをビジネスで活用しようと検討している法人顧客に向けて、ドローンスターターサポートというサービスも提供している。機体の手配から講習に保守やサポートなど、ドローンのビジネス活用に関する初期導入をワンストップで支援する。ドローンスターターサポートの料金は、ドコモの法人営業部に問い合わせて、導入規模に合わせて見積もりをもらうことになる。
 ドコモの展示コーナーには、「ドローン×IoT」というテーマが掲げられていた。ドローンがIoT端末として機能することで、取得したデータの通信とクラウドサービスの提供で、ドコモは収益モデルを目指している。

ドコモはドローン×IoTとしてdocomo skyを展示

KDDIのドローンパッケージは IoTクラウドサービスの一種

 KDDIの展示コーナーでは、KDDI IoT クラウドというサービスの一つとして、ドローンパッケージが紹介されていた。展示されていたドローンは、広域監視用の機種だった。また、展示パネルでは鉄塔点検と広域監視が中心に紹介されていた。その理由について、KDDI説明員は「今年度から提供する実サービスの一つ」だからと話す。KDDIでは、他にも風力発電や測量解析に精密農業など、5つのソリューションを発表している。しかし、今回の展示はIoTがテーマだったことから、KDDI IoT クラウドというサービスに関連し、実サービスを開始する内容に絞って紹介していた。KDDIドローンパッケージの特長は、ドローンを扱った経験がない事業者でも、安心してドローンビジネスを開始できるパッケージサービスになっている点。業務の目的に適したドローンの機体から、導入に関する各種サポートに、運用支援までトータルで提供する。これらのパッケージサービスと、KDDI IoT クラウドを組み合わせることで、KDDIではドローンによる収益を図っていく。

KDDI IoT クラウドというサービスの一つとしてドローンを展示

建設現場に向けたソリューションを提案するDream Drone

 映像ソリューションやドローンフライングフィールドにクラウドサービスやドローン関連アライアンスを提供しているDream Droneは、新たに建設現場に向けたソリューションを提案していた。ソリューションには、まだ正式な名称はなく、Phanrom 4 ProやMavic 2 Proなど1インチ以上のセンサーを搭載したドローンで空撮した建設現場の画像をPix4Dで3Dに加工して提供するサービス。展示コーナーには、実際に撮影して加工したデータを搭載したノートPCが置かれ、建物や工事区画の面積などを図る様子が紹介された。すでに、いくつかの建設現場で3D画像の作成などを提供しているが、当初は懐疑的だった現場監督なども、昼休みの間に短時間で空撮し、高精細な3D画像を見せると、その効果を実感している。
 Dream Droneでは、これまで4K映像やGPUクラウドなど高精細な空撮映像のサービスを中心に展開してきたが、今年度は建設現場などの要望に応えるソリューションにも力を入れていく考え。そのため、ドローン専門の展示会よりもIoT展のように具体的なビジネスを検討している来場者が多い場が、ソリューションの提案には適しているという。

建設現場に向けた3D画像ソリューションを提案するDream Drone

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

KDDIはプロドローンと共同の展示スペースに、先ごろ発表したスマートドローンの機体とソリューションを展示した。プロドローンでは、開発中の最新モデルも公開した。


KDDIのスマートドローンが2019年6月から用途別ソリューションの提供を開始

KDDIのスマートドローンが2019年6月から用途別ソリューションの提供を開始

KDDIは、広域監視と鉄塔点検に風力点検、測量解析、精密農業の5つの用途に向けて、2019年6月からドローンによるソリューションを提供すると発表した。


NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心として、複数の参画企業が、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムの実証実験を3月1日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで実施、10機のドローンによる同時飛行に成功した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社のデジタルハリウッド ロボティクスアカデミーで、ドローンの活用を積極的に推進する企業3社のドローン担当者を招き、 ドローンの最新活用事例を学ぶイベント「DroneTalk(ドローントーク)」が1月31日、開催された。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。