ドローン業界7つのトレンドをPwCが発表

ドローン業界7つのトレンドをPwCが発表

アムステルダムで開催されたCommercial UAV Expo Europe(商用UAVエキスポ欧州)の基調講演で、コンサルタント会社のPwCがドローン業界の7つのトレンドについて発表した。


PwCポーランドのマイケル・マズール氏が講演

PwCポーランドのマイケル・マズール氏

 海外サイトのdronelifeは、ポーランドでPwc Drone Powered Solutionsの責任者を務めるマイケル・マズール氏の講演を紹介した。マズール氏は、投資会社の観点からドローン業界における7つのトレンドについて講演した。

1.通信業界はドローン業界の主要な受益者になる

 通信事業者にとって、IoT端末としてのドローンは新たな収益源になる可能性がある。日本でも、ドコモやKDDIがIoTとしてのドローンに注目しているが、ヨーロッパでも通信事業者がドローンの運行管理や膨大なデータ転送で、通信を大量に利用するようになると予測している。

2.エネルギー事業者は故障の自律的な検出をスケールアップする

 ドローンを活用した点検は、LiDARや写真測量の進化と、AIを活用した分析性能の向上により、人手による事後対応から、故障や不備を早期に予測する予防的な保守が可能になる。

3.ドローンによる写真測量は鉱業業界で標準的なツールになりつつある

 ドローンによって、これまで2週間を要していた露天掘り調査が2日に短縮されている。鉱山や天然資源は、遠隔地でアクセスが困難な土地が多いことから、今後もドローンによる写真測量の需要は広がる。また、機能しなくなった鉱山を監視する規制がある国や地域では、安全性の維持と運用コストを低減するために、ドローンを活用するケースも増えるという。

4.都市部におけるUAVモビリティがヨーロッパに広がる

 ヨーロッパでは、都市部の交通渋滞が問題視されていることから、状況を改善するための唯一の選択肢として、ドローンを組み合わせたマルチモーダル交通システムの実現を目指していく。

世界中で空飛ぶタクシーの実現に向けた取り組みが加速する

5.UTMはヨーロッパ中で洗練され展開される

 ドローンの自動飛行にとって重要なステップとなるUTM(運航管理システム)は、ドローン産業の成長において重要なテクノロジーであり、主要なUTMサービスはヨーロッパ中で実装され、今後はグローバルにも影響を与えていく。

6.カウンタードローン技術は急速に成長する

 マズール氏の分析によれば、不法なドローンを除去するためのカウンタードローン技術は、DJIの収益を上回るペースで成長しているという。昨年末の英国ガトウィック空港で起きた事件が注目を集めたことから、今後もカウンタードローン技術を導入する公共機関や施設は増えると予測されている。

7.目視外飛行がヨーロッパで標準的になる

 ドローンの目視外飛行は、大規模なインフラ検査や遠隔監視に配送などでは、必須のテクノロジーとなっている。Pwc Maltaでは、2,500kmにおよぶ道路を、セスナ型ドローンによる目視外飛行で2ヶ月かけて無事故で調査した。こうした実績から、マズール氏はヨーロッパでも目視外飛行が標準的に行われるようになると予測する。

この記事のライター

関連する投稿


PwC コンサルティングとアマナビ、ドローンを利用した 業務コンサルティングおよび運用ソリューションの提供で協業

PwC コンサルティングとアマナビ、ドローンを利用した 業務コンサルティングおよび運用ソリューションの提供で協業

PwC コンサルティング合同会社(東京都千代田区)とアマナグループでドローン人材育成やドローン空撮事業を展開する株式会社アマナビ(東京都品川区)は 4 月 12 日、ドローンを利用した業務コンサ ルティングと運用ソリューションの提供における協業を開始した。


【SLUSH TOKYO 2019】airvisionのアマナ、ライティング、マイクロなど最新事情をプレゼン

【SLUSH TOKYO 2019】airvisionのアマナ、ライティング、マイクロなど最新事情をプレゼン

 アマナドローンスクールを運営するアマナグループは2月22日に東京国際展示場で開幕したSLUSH TOKYO 2019に出展しているpwcのブースで、ドローン事業の最新事情について説明会を行った。この日はライティングやマイクロドローンの可能性などがテーマ。23日も開催する予定だ。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

 ドローンタイムズが主催する「ドローントークPIT」にゲスト登壇したことがある世界最大級の会計事務所PwCが、社内の新規事業を競う「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催した。勝ち上がった6組による高レベルなピッチや、著名芸術を成分までそっくりに再現するクローンアートのセッションが繰り広げられた。


【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム4組が、首都高速道路株式会社、PwCコンサルティング、ドローンタイムズの審査員を前に、4分間のプレゼンテーションを披露した。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。