ドローン+防災の今!展示会で見かけた新製品&ソリューション

ドローン+防災の今!展示会で見かけた新製品&ソリューション

 “空の産業革命”という触れ込みで、近年、大きな注目を集めている「ドローン」だが、災害救助・防災対策での利用にも大きな期待が寄せられ、実用化に向けて着実なステップを踏んでいる。


幕張メッセで開催されていた「CEATEC JAPAN 2016」でも、災害利用を前提としたドローンの展示が複数行われていたので紹介していこう。 まず最初に紹介するのは、日本遠隔制御(JRPROPO)のエンジン駆動の多目的無人ヘリコプター「EARTH ONE」。二重反転式ローター制御システムを搭載し、東京航空計器社の国産フライトコントローラーを搭載する純国産のドローンとなる。
…この記事の続きを読む

情報提供元:RBB TODAY
http://www.rbbtoday.com/article/2016/10/14/146060.html

この記事のライター

関連するキーワード


防災 CEATEC JAPAN 2016

関連する投稿


首都圏直下型を想定したドコモの防災訓練 ドローンによる電波中継など先端技術が登場

首都圏直下型を想定したドコモの防災訓練 ドローンによる電波中継など先端技術が登場

 ドローンで電波を中継し、パワードスーツで可搬型基地局を搬入する――NTTドコモが30日に実施した防災訓練において、先端技術を活用する試みが披露された。


ブイキューブ、鬼怒川での水害を想定した防災訓練でドローンを活用

ブイキューブ、鬼怒川での水害を想定した防災訓練でドローンを活用

 企業・自治体向けの業務用ドローンソリューションを提供するブイキューブロボティクス・ジャパンは10月5日、筑波大学と茨城県常総市、国土交通省国土地理院と連携し、鬼怒川での水害を想定した防災訓練に参画したと発表した。


CEATEC JAPAN 2016でPreferred Networksが、スパイラル学習法でドローンを自動操縦をデモ

CEATEC JAPAN 2016でPreferred Networksが、スパイラル学習法でドローンを自動操縦をデモ

Preferred Networksは、「CEATEC JAPAN 2016」(シーテック ジャパン、会期:2016年10月4~7日、会場:千葉市幕張メッセ)で新たな深層機械学習手法を用いて実現したドローンの自動操縦システムのデモを公開する。


ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

ドローンによる災害調査と防災活用  産学官エキスパートが集結するフォーラムを東京で開催  出展スポンサー募集開始

合同会社スパーポイントリサーチは、災害対策におけるUAV(ドローン)の活躍を高めるためのイベント『第2回 UAV活用フォーラム ― 災害調査・救援、防災・減災への活用 ―』を、2016年11月21日(月)・22(火)、東京・大田区産業プラザにて開催する。


ドコモと仙台市、ドローンの実証実験や防災で連携

ドコモと仙台市、ドローンの実証実験や防災で連携

 NTTドコモと仙台市は、防災対策や地域活性化、最新技術の実験といった分野で協力していくとして、仙台市とICTを活用したまちづくりに関する連携協定を締結したと発表した。


最新の投稿


那須雪崩事故、ドローンによる現場調査で原因究明

那須雪崩事故、ドローンによる現場調査で原因究明

栃木県那須町のスキー場で登山講習会に参加した県立大田原高校の教師、生徒ら8人が雪崩に巻き込まれ死亡した事故で、28日、雪崩の原因を調査するためドローンを現場上空を飛行させた。


実験に成功したOFF Line社,の「ドローンみまもり」とは

実験に成功したOFF Line社,の「ドローンみまもり」とは

OFF Line社は3月16日、 福島県南相馬市において、 一般財団法人 総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が行った複数事業者によるドローン運航管理デモンストレーションに参加し、 「ドローンみまもり」サービスのデモンストレーションに成功した。その内容とは。


東京電力とゼンリン、送電線を「ドローンハイウェイ」に

東京電力とゼンリン、送電線を「ドローンハイウェイ」に

東京電力ホールディングス株式会社と株式会社ゼンリンは29日、両社が保有する設備・地図情報などのインフラデータを組み合わせ、ドローンの安全飛行をインフラ側から支援する「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けた業務提携を発表した。


テラドローンがインドネシアに支店設立

テラドローンがインドネシアに支店設立

テラドローン株式会社(東京都渋谷区) は29日、 インドネシア共和国ジャカルタ首都特別州ジャカルタ市に支店を開設する。 日本で培った高精度な測量技術の提供を通して、 建設会社や建設コンサルタント各社のODA(政府開発援助)事業をサポートする。


次世代バッテリーで〝24時間ドローン〟! アイ・ロボティクス社がSLUSHで公表

次世代バッテリーで〝24時間ドローン〟! アイ・ロボティクス社がSLUSHで公表

 ドローン技術のインテグレータ-、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)は29日、バッテリー交換も、給電ケーブルも不要で、24時間飛行を続けることができるドローンの開発に着手すると発表した。