最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(1)

最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(1)

次世代農業EXPOには、国内の主要なドローンベンダーが集まり、最新鋭の機体を展示した。すでに販売実績のあるモデルから、数年後の製品化を目指すプロトタイプまで、国内のドローン事情が俯瞰できる展示会となっていた。(田中亘)


散布用ドローンは講習とのセット販売が主流

株式会社ヨコヤマ・コーポレーションのMulsanDAX(マルサンダックス)04

 農業用ドローンは、一般社団法人 農林水産航空協会の産業用無人航空機運用要領に定められている機体の認証とオペレーターの認定が必要になる。次世代農業EXPOに集まったドローンの多くは、この認証を得た機体と、薬剤散布とは異なる目的で利用する機体に分かれる。その中で、空中からの散布を目的としたドローンの多くは、最大で10リットルの薬剤を入れたタンクを搭載して飛行できる性能を備える。10リットルは、約1ヘクタールの田畑に散布できる量。機種によっては、4メートルの幅を時速約15キロメートルで飛行し、約10分で散布できる。
 このペイロード10リットルの分野では、株式会社ヨコヤマ・コーポレーションのMulsanDAX(マルサンダックス)04という薬剤散布用マルチローターが、国内で最初に一般社団法人 農林水産航空協会から、性能認定を受けている。販売価格は基本セットが2,550,000円(税別)と、ヘリコプター型の農薬散布機に比べて、四分の一以下となっている。マルサンダックス04を販売するヨコヤマ・コーポレーションのTEAD事業部では、機体の取り扱いだけではなく、オペレーターの教習も行っている。同じく10kgタイプのドローンを開発し販売しているのが、メディックス株式会社のJABO N4010。本体のみの価格が898,000円(税別)とコストパフォーマンスに優れている。この会社では、10kg型の他に、5kgと3kgの小型モデルも開発している。また、液肥の散布だけではなく、タンクを取り替えることで粒剤も散布できる。同社でも、スタジオファルコンと組んで、ドローンの操縦講習を行っている。

メディックス株式会社のJABO N4010

DJI Japanが初の農業用ドローンを展示

スカイロボットによるDJI AGRAS MG-1のデモフライト

 空撮用ドローンで世界的なシェアを誇る中国DJI社の日本法人DJI Japanでは、販売代理店のスカイロボットと協力して、DJI AGRAS MG-1の展示とデモフライトを行っていた。今回のEXPO会場の中でも、かなり広い展示スペースを確保し、専用のケージを特設して実際の機体を飛行させていた。DJI AGRAS MG-1は、液剤を10kgまで搭載が可能で、機体は防水性と防塵性に耐蝕性に優れている。8つのプロペラを備えたオクタコプター型で、アームとプロペラを折りたたんでコンパクトに持ち運べる。
 専用の送信機には、バッテリー残量や飛行高度に速度などがLEDで表示される。現在は、一般社団法人 農林水産航空協会への登録と認可を申請中。国内では、スカイロボットが販売とオペレーターの教育を担当する。オペレーター向けの農業テクニカルコースでは、8日間の屋内・屋外・eラーニングを実施し、運航管理や操縦技術に散布農薬などの知識と実践を学ぶ。

液剤の散布はペイロード10リットルと5リットルが中心

 一方で、5kgタイプの機体で販売実績を伸ばしているのが、株式会社エンルートのZion(ザイオン)AC940-D。同社のドローンは汎用性の高いオクタコプターで、液剤や粒剤を散布する装置を取り付けて、液剤ならば5リットル粒剤ならば7リットルまでの散布に対応する。会場には、このZion AC940-Dの他に、開発中のペイロード10リットルモデルのZion 1200も参考展示していた。Zion 1200は、4プロペラのモデルながら、高いペイロードを実現している。農薬散布用ドローンおいては、10リットルのタンクを搭載できるかどうかが、液剤の散布における大きな目安となっていた。10リットルタイプよりも小型の5リットルのタイプは、個人で購入して利用する例が多いという。東光鉄工株式会社のUAV事業部が開発し販売しているTSV-AH1は4リットルのタンクを搭載し、0.5ヘクタールの田畑を約7分で散布できる。同社によれば、小型のモデルは購入価格が安くなるので、予備のバッテリーを用意しておけば、広い田畑でも数回に分けて散布できるので、個人で液剤などの散布を行う生産者の需要が高いという。
 さらに、参考出品ながら、2年後の実用化を目指して、完全自動飛行による10リットルの液剤を散布できるマルチコプターを株式会社ナイルワークスが展示していた。タブレットによる操作で熟練オペレーターを不要にし、年間100万円のレンタル料でのサービス提供を目指している。

東光鉄工株式会社のUAV事業部が開発し販売しているドローン

エンルートの参考展示Zion 1200

株式会社ナイルワークスの試作ドローン

この記事のライター

関連する投稿


DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、従業員増加と事業拡大に対応す るため、2017 年 5 月 8 日(月)より本社を品川へ移転し、業務を開始することになった。


エンルート、本社移転・営業開始日のお知らせ

エンルート、本社移転・営業開始日のお知らせ

株式会社エンルート(本社:埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:瀧川正靖、 以下エンルート)はこのたび、 業務の拡大に伴い本社を下記住所に移転し、 2017年5月8日より営業を開始することになった。


DJIがFPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表 低遅延伝送とリアルな操作性

DJIがFPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表 低遅延伝送とリアルな操作性

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、 空からの俯瞰的な眺めを、 一人称視点(First Person View: FPV)のフルHDで体験することができるFPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表した。


DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、オーストラリアの Surf Life Saving Central Coast (SLSCC)と共同で、オーストラリアのビーチの捜索救難活 動をドローンで支援すると発表した。


ヤマハ発動機・エンルートが産業用ドローン分野での業務提携に向けた検討を開始

ヤマハ発動機・エンルートが産業用ドローン分野での業務提携に向けた検討を開始

ヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ)と株式会社エンルート(本社:埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:瀧川正靖)は、 産業用ドローン事業での業務提携に向けた検討を開始したと発表した。


最新の投稿


GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

女子高生の間では「デガワカメラ」と呼ばれているアクションカメラのGoPro。そのGoProの活動エリアを空まで広げ、250%は楽しくしてくれるドローンがKarma。白馬で開催されたプレス向けのイベントで初フライトに挑戦した体験レポートをお届けする。


GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoProは、昨年10月に米国で発売した折りたためる小型ドローン「Karma」を、日本国内の一部のGoPro正規販売店で2017年6月から発売予定と発表した。価格は15万8千円(税抜き)。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。


セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、このたび山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施する。