「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」は秋葉原駅から徒歩1分という絶好のロケーションに、JUIDA認定のドローンスクールを開講し、10月17日に1回目の講習をスタートさせた。


ショールーム内に設けられた室内練習場には、電源供給さえ可能であれば約200時間(約8日間)連続の長時間飛行の実績がある有線ドローン「PARC(パーク)」が展示されていた。
PARCには、カメラ以外に化学品探知センサーや放射線センサー、通信機器、赤外線、夜間ビジョン、熱センサーなど、さまざまな探知機器の搭載が可能。

都心に待望のドローンスクール

 田中電気ドローンスクールには、ドローン操縦士(パイロット)及び安全運航管理者養成コースがあり、4日間の短期集中でドローンに関する知識と操縦技能の向上及び安全な飛行を学ぶことができるプログラムとなっている。
 1日目、2日目を秋葉原にある田中電気のショールームで座学と実技。ショールームには4メートル四方の室内練習場があり、ミニドローンなどを使った実技が行える。3日目、4日目は、埼玉県の浦和にあるサッカーコート1面分の田中電気グラウンド(旧浦和ルーテル学院羽根倉総合グラウンド)に場所を移して、ドローンを使った実技講習を行う。
 受講料は4日間の講習で29万8千円(税抜)となっており、修了するとJUIDAの「操縦技能証明証」と「安全運航管理者証明証」を取得することができる。今後は毎月、ドローンスクールを実施していく予定とのこと。
 このほかに、すでにJUIDA「操縦技能証明証」を取得している者を対象としたドローン安全運航管理者養成コースがある。講習期間は1日で、受講料は8万円(税抜)となっている。

 同社は昨年11月にドローンプロジェクトを発足し、今年2月にはドローン事業部を設立。その後準備を重ねて、今回第1回目のドローンスクールを開講するまでにいたった。



田中電気ドローンスクール< http://drone.tanaka-denki.co.jp/school/index.html
田中電気グラウンド< http://drone.tanaka-denki.co.jp/rental.html

田中電気株式会社
取締役 事業部長
東田 英憲氏

■今後のスケジュール

この記事のライター

関連する投稿


注目されるドローンスクール 資格を取ればビジネスに有利か!?

注目されるドローンスクール 資格を取ればビジネスに有利か!?

『ドローンスクール』に注目集まる 資格を取ればビジネスに有利か


JUIDAが「バルーン・ドローン」をデモフライト =ロボットワールドEXPO=

JUIDAが「バルーン・ドローン」をデモフライト =ロボットワールドEXPO=

 販促マーケットの国際的な見本市の「プレミアム・インセンティブショー春2017」が開催され、ロボットによる販促・広告・広報マーケットが注目されていることから同会場内で「ロボットワールドEXPO」が特別企画として展示された。企画展示ではJUIDAによるバルーン・ドローンのデモフライトが行われた。


DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名突破

一般社団法人ドローン操縦士協会( 東京都渋谷区  略称: DPA(ディーパ))は、 世界最大級の屋内施設「DPA潮見ドローン専用飛行場」でのドローンスクール受講者数が、 開校2か月となる2016年12月末時点で、 累計受講者数が600名を超えたと発表。


短期間でドローンが操縦可能に! JUIDA認定ライセンスを取得できる「アマナ ドローンスクール」の販売がスタート

短期間でドローンが操縦可能に! JUIDA認定ライセンスを取得できる「アマナ ドローンスクール」の販売がスタート

次世代クリエイター養成スクールを運営するアマナビが運営する「アマナ ドローンスクール JUIDA 認定ライセンス取得講座」。11月18日から、ビックカメラのカメラ取り扱い店全店、ビックカメラ.comで販売を開始。


スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都)は、11月29日、静岡県掛川市に11月29日『ドローンスクールジャパン静岡掛川校』を開校する。建設業の株式会社長尾機設(静岡県)と提携し、建設業を中心に地元で高まっているドローン操縦士需要に答え、雇用の創出も目指す。


最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。