「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」は秋葉原駅から徒歩1分という絶好のロケーションに、JUIDA認定のドローンスクールを開講し、10月17日に1回目の講習をスタートさせた。


ショールーム内に設けられた室内練習場には、電源供給さえ可能であれば約200時間(約8日間)連続の長時間飛行の実績がある有線ドローン「PARC(パーク)」が展示されていた。
PARCには、カメラ以外に化学品探知センサーや放射線センサー、通信機器、赤外線、夜間ビジョン、熱センサーなど、さまざまな探知機器の搭載が可能。

都心に待望のドローンスクール

 田中電気ドローンスクールには、ドローン操縦士(パイロット)及び安全運航管理者養成コースがあり、4日間の短期集中でドローンに関する知識と操縦技能の向上及び安全な飛行を学ぶことができるプログラムとなっている。
 1日目、2日目を秋葉原にある田中電気のショールームで座学と実技。ショールームには4メートル四方の室内練習場があり、ミニドローンなどを使った実技が行える。3日目、4日目は、埼玉県の浦和にあるサッカーコート1面分の田中電気グラウンド(旧浦和ルーテル学院羽根倉総合グラウンド)に場所を移して、ドローンを使った実技講習を行う。
 受講料は4日間の講習で29万8千円(税抜)となっており、修了するとJUIDAの「操縦技能証明証」と「安全運航管理者証明証」を取得することができる。今後は毎月、ドローンスクールを実施していく予定とのこと。
 このほかに、すでにJUIDA「操縦技能証明証」を取得している者を対象としたドローン安全運航管理者養成コースがある。講習期間は1日で、受講料は8万円(税抜)となっている。

 同社は昨年11月にドローンプロジェクトを発足し、今年2月にはドローン事業部を設立。その後準備を重ねて、今回第1回目のドローンスクールを開講するまでにいたった。



田中電気ドローンスクール< http://drone.tanaka-denki.co.jp/school/index.html
田中電気グラウンド< http://drone.tanaka-denki.co.jp/rental.html

田中電気株式会社
取締役 事業部長
東田 英憲氏

■今後のスケジュール

この記事のライター

関連する投稿


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

ジャパンドローン2018では、有線給電ドローンSPARCを展示、来場者の注目を集めた田中電気株式会社(東京都千代田区)は、秋葉原でドローンスクールを運営することもあって、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」(CSスカパー)の制作に協賛、番組は4月14日から放映される。


オリックス・レンテックがドローン操縦士養成「ドローンスクール」4月開校、受講生募集

オリックス・レンテックがドローン操縦士養成「ドローンスクール」4月開校、受講生募集

オリックス・レンテック株式会社(東京都品川区)は、 ドローン操縦士を養成する「ドローン・トレーニングスクール」を4月10日に開校、受講者の募集を開始した、


【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

都心でドローンスクールが受講できる田中電気株式会社は、JUIDAから11月末現在で認定から1年が経過したスクールとして表彰された。同社によると2016年9月の開校以来、これまでに約80人が卒業した。


国際航業株式会社の3次元計測を取り入れたドローンスクール

国際航業株式会社の3次元計測を取り入れたドローンスクール

創立から70年を迎えた、航空測量の老舗・国際航業株式会社は、国交省の進めるi-Constructionに対応したドローンによる3次元計測を、ドローンスクールの「初級コース」の講習から取り入れ展開。「中級コース」の講習は3次元計測に特化、飛ばす技術だけでなく、計測現場での実践見据えた専門性の高いスクールを開校している。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。