「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」は秋葉原駅から徒歩1分という絶好のロケーションに、JUIDA認定のドローンスクールを開講し、10月17日に1回目の講習をスタートさせた。


ショールーム内に設けられた室内練習場には、電源供給さえ可能であれば約200時間(約8日間)連続の長時間飛行の実績がある有線ドローン「PARC(パーク)」が展示されていた。
PARCには、カメラ以外に化学品探知センサーや放射線センサー、通信機器、赤外線、夜間ビジョン、熱センサーなど、さまざまな探知機器の搭載が可能。

都心に待望のドローンスクール

 田中電気ドローンスクールには、ドローン操縦士(パイロット)及び安全運航管理者養成コースがあり、4日間の短期集中でドローンに関する知識と操縦技能の向上及び安全な飛行を学ぶことができるプログラムとなっている。
 1日目、2日目を秋葉原にある田中電気のショールームで座学と実技。ショールームには4メートル四方の室内練習場があり、ミニドローンなどを使った実技が行える。3日目、4日目は、埼玉県の浦和にあるサッカーコート1面分の田中電気グラウンド(旧浦和ルーテル学院羽根倉総合グラウンド)に場所を移して、ドローンを使った実技講習を行う。
 受講料は4日間の講習で29万8千円(税抜)となっており、修了するとJUIDAの「操縦技能証明証」と「安全運航管理者証明証」を取得することができる。今後は毎月、ドローンスクールを実施していく予定とのこと。
 このほかに、すでにJUIDA「操縦技能証明証」を取得している者を対象としたドローン安全運航管理者養成コースがある。講習期間は1日で、受講料は8万円(税抜)となっている。

 同社は昨年11月にドローンプロジェクトを発足し、今年2月にはドローン事業部を設立。その後準備を重ねて、今回第1回目のドローンスクールを開講するまでにいたった。



田中電気ドローンスクール< http://drone.tanaka-denki.co.jp/school/index.html
田中電気グラウンド< http://drone.tanaka-denki.co.jp/rental.html

田中電気株式会社
取締役 事業部長
東田 英憲氏

■今後のスケジュール

この記事のライター

関連する投稿


前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局は、大規模災害時に被害状況を把握するための研究として、高所からの継続的な映像配信を行うために、有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の実証実験を8月29日、群馬県前橋市で公開した。


【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


スカイロボットが東海地区初の常設屋内飛行場完備のドローンスクール4月25日開校

スカイロボットが東海地区初の常設屋内飛行場完備のドローンスクール4月25日開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットは、東海地区初の常設屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン愛知春日井校』を4月25日(火)に開校する。当日は、開校式典のほか、デモフライトや操縦体験会も開催する。


Japan Drone 2017速報・驚異的な滞空時間誇る有線給電ドローン「PARC」を展示する田中電気

Japan Drone 2017速報・驚異的な滞空時間誇る有線給電ドローン「PARC」を展示する田中電気

Japan Drone 2017で田中電気は自社ブースで驚異的な滞空時間を誇る有線給電ドローン「PARC」を展示し注目を集めた。


スカイロボット、西日本初の屋内ドローンスクール 3月31日開校(大阪豊中)

スカイロボット、西日本初の屋内ドローンスクール 3月31日開校(大阪豊中)

女性インストラクターも活躍、大阪豊中でアクセス良好 。3 月 31 日 式典、デモフライト、操縦体験会開催。


最新の投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。


ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

米国インテルは、科学者や専門家と提携し、ドローンと人工知能(AI)を活用して、北極熊やクジラなどの野生生物の生態研究をサポートしている。