スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、東京駅から車で15分の江東区潮見に『ドローンスクールジャパン東京校』を開校した。開校日となった25日には、来場者がドローンの操縦を体験、農業用ドローンや、ドローンを捕獲するため のドローンなどの飛行デモンストレーションが行われた。


東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す

開校記念式典後のデモンストレーション。農薬散布用の大型ドローンも余裕で飛べる広さがある。

 「ドローンスクールジャパン東京校」は、都内のドローン練習場やパイロット不足を解消を目的に、ドローン操縦士を育成する学校として開校した。JR 京葉線東京駅から7分ほどの潮見駅から徒歩 1 分、車だと約15分というアクセスのよさが特長。天候に左右されず練 習できる屋根付きの練習場は元西濃運輸の倉庫というだけあって、約 12,000 坪の敷地内に建てられた広さ3,000坪、天井までの高さ約 15mの施設で、世界最大級の屋内ドローン訓練場となっている。
 一般社団法 人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA)の認定校で、講習内容はホビー用から 産業用まで、目的に応じた操縦技術と知識を習得できる各種コースを用意、 修了者は DPA の認定資格を取得することができる。
  10 月 25 日の開校式典で挨拶に立ったDPAの小林一郎理事長は「潮見のDSJ東京校は今後ドローン業界の聖地となるポテンシャルがあり、ドローン市場の成功を左右する」と述べた。式典後はインストラクターによる各種ドローンの飛行デ モンストレーションや、参加者の無料操縦体験会も実施された。

 「ドローンスクールジャパン(略称DSJ)」は、ホビー用ドローンの安全運航技術や知識の取得から、 産業用ドローン(災害時の救助や調査、インフラ点検、農林業利用)の専門的な操縦技術やノウハウの 取得まで、ドローン操縦士の養成・訓練を目的とした学校。2016 年 4 月に、神奈川県高座郡 寒川町で「ドローンスクールジャパン神奈川校」をすでに運営を開始している。
 今回開校した東京校は第 2 号校で、東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す。 今後、2017 年 9 月までの間に、北海道、静岡県、千葉県、福島県など、全国に 10 校を開校予定という。

■■各種コースについて■■
「ドローンスクールジャパン」では、 各コースの修了者へ、星の数に応じた カード型の認定証と、認定証書を発行 する。下記の表は一例で、他にも 3D マッピングやレスキューなどの各種 「プロコース」や、「インストラクター 養成コース」などを用意している。 年齢や経験は一切関係なく、入学資格は 「ドローンの操縦や知識を学びたい気 持ちがあること」で、入学金は不要。

■■ドローンスクールジャパン東京校■■

住所:
東京都江東区潮見2丁目8
(旧西濃運輸東京支店倉庫内)

最寄駅:
JR 京葉線「潮見」駅から徒歩 1 分

開校式典後に行われたドローン体験会。

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、今年2月に提携した米国のドローンソリューション・ベンチャー PrecisionHawk USA Inc.(米・北カロライナ州) のドローン業務ソリューションの提供を5月から開始する。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)が運営するドローンスクールジャパンは、農薬散布用ドローンDJI AGRAS MG-1専門のスマート農業コースを開講する。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。


スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結  赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結 赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 赤外線カメラメーカーFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結し、世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始した。1月17日(水)から開催される「ロボデックス ロボット開発・活用展」で展示される。


最新の投稿


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。