スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、東京駅から車で15分の江東区潮見に『ドローンスクールジャパン東京校』を開校した。開校日となった25日には、来場者がドローンの操縦を体験、農業用ドローンや、ドローンを捕獲するため のドローンなどの飛行デモンストレーションが行われた。


東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す

開校記念式典後のデモンストレーション。農薬散布用の大型ドローンも余裕で飛べる広さがある。

 「ドローンスクールジャパン東京校」は、都内のドローン練習場やパイロット不足を解消を目的に、ドローン操縦士を育成する学校として開校した。JR 京葉線東京駅から7分ほどの潮見駅から徒歩 1 分、車だと約15分というアクセスのよさが特長。天候に左右されず練 習できる屋根付きの練習場は元西濃運輸の倉庫というだけあって、約 12,000 坪の敷地内に建てられた広さ3,000坪、天井までの高さ約 15mの施設で、世界最大級の屋内ドローン訓練場となっている。
 一般社団法 人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA)の認定校で、講習内容はホビー用から 産業用まで、目的に応じた操縦技術と知識を習得できる各種コースを用意、 修了者は DPA の認定資格を取得することができる。
  10 月 25 日の開校式典で挨拶に立ったDPAの小林一郎理事長は「潮見のDSJ東京校は今後ドローン業界の聖地となるポテンシャルがあり、ドローン市場の成功を左右する」と述べた。式典後はインストラクターによる各種ドローンの飛行デ モンストレーションや、参加者の無料操縦体験会も実施された。

 「ドローンスクールジャパン(略称DSJ)」は、ホビー用ドローンの安全運航技術や知識の取得から、 産業用ドローン(災害時の救助や調査、インフラ点検、農林業利用)の専門的な操縦技術やノウハウの 取得まで、ドローン操縦士の養成・訓練を目的とした学校。2016 年 4 月に、神奈川県高座郡 寒川町で「ドローンスクールジャパン神奈川校」をすでに運営を開始している。
 今回開校した東京校は第 2 号校で、東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す。 今後、2017 年 9 月までの間に、北海道、静岡県、千葉県、福島県など、全国に 10 校を開校予定という。

■■各種コースについて■■
「ドローンスクールジャパン」では、 各コースの修了者へ、星の数に応じた カード型の認定証と、認定証書を発行 する。下記の表は一例で、他にも 3D マッピングやレスキューなどの各種 「プロコース」や、「インストラクター 養成コース」などを用意している。 年齢や経験は一切関係なく、入学資格は 「ドローンの操縦や知識を学びたい気 持ちがあること」で、入学金は不要。

■■ドローンスクールジャパン東京校■■

住所:
東京都江東区潮見2丁目8
(旧西濃運輸東京支店倉庫内)

最寄駅:
JR 京葉線「潮見」駅から徒歩 1 分

開校式典後に行われたドローン体験会。

この記事のライター

関連する投稿


株式会社スカイロボットが『ドローン事業セミナー』1月30日(月)

株式会社スカイロボットが『ドローン事業セミナー』1月30日(月)

ドローンビジネス参入を検討されている方に大満足していただける“セミナー内容”をご紹介します。


スカイロボット社が空中から正確な温度測定可能なドローン用赤外線カメラを発売

スカイロボット社が空中から正確な温度測定可能なドローン用赤外線カメラを発売

産業用ドローンの開発、販売を手掛ける株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ドローンに搭載して空中から正確な温度測定ができる赤外線サーモグラフィカメラ『FLIR Vue PRO R(フリアービュープロアール)』を2017年2月7日に発売すると発表した。


スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都)は、11月29日、静岡県掛川市に11月29日『ドローンスクールジャパン静岡掛川校』を開校する。建設業の株式会社長尾機設(静岡県)と提携し、建設業を中心に地元で高まっているドローン操縦士需要に答え、雇用の創出も目指す。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。