スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、東京駅から車で15分の江東区潮見に『ドローンスクールジャパン東京校』を開校した。開校日となった25日には、来場者がドローンの操縦を体験、農業用ドローンや、ドローンを捕獲するため のドローンなどの飛行デモンストレーションが行われた。


東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す

開校記念式典後のデモンストレーション。農薬散布用の大型ドローンも余裕で飛べる広さがある。

 「ドローンスクールジャパン東京校」は、都内のドローン練習場やパイロット不足を解消を目的に、ドローン操縦士を育成する学校として開校した。JR 京葉線東京駅から7分ほどの潮見駅から徒歩 1 分、車だと約15分というアクセスのよさが特長。天候に左右されず練 習できる屋根付きの練習場は元西濃運輸の倉庫というだけあって、約 12,000 坪の敷地内に建てられた広さ3,000坪、天井までの高さ約 15mの施設で、世界最大級の屋内ドローン訓練場となっている。
 一般社団法 人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA)の認定校で、講習内容はホビー用から 産業用まで、目的に応じた操縦技術と知識を習得できる各種コースを用意、 修了者は DPA の認定資格を取得することができる。
  10 月 25 日の開校式典で挨拶に立ったDPAの小林一郎理事長は「潮見のDSJ東京校は今後ドローン業界の聖地となるポテンシャルがあり、ドローン市場の成功を左右する」と述べた。式典後はインストラクターによる各種ドローンの飛行デ モンストレーションや、参加者の無料操縦体験会も実施された。

 「ドローンスクールジャパン(略称DSJ)」は、ホビー用ドローンの安全運航技術や知識の取得から、 産業用ドローン(災害時の救助や調査、インフラ点検、農林業利用)の専門的な操縦技術やノウハウの 取得まで、ドローン操縦士の養成・訓練を目的とした学校。2016 年 4 月に、神奈川県高座郡 寒川町で「ドローンスクールジャパン神奈川校」をすでに運営を開始している。
 今回開校した東京校は第 2 号校で、東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す。 今後、2017 年 9 月までの間に、北海道、静岡県、千葉県、福島県など、全国に 10 校を開校予定という。

■■各種コースについて■■
「ドローンスクールジャパン」では、 各コースの修了者へ、星の数に応じた カード型の認定証と、認定証書を発行 する。下記の表は一例で、他にも 3D マッピングやレスキューなどの各種 「プロコース」や、「インストラクター 養成コース」などを用意している。 年齢や経験は一切関係なく、入学資格は 「ドローンの操縦や知識を学びたい気 持ちがあること」で、入学金は不要。

■■ドローンスクールジャパン東京校■■

住所:
東京都江東区潮見2丁目8
(旧西濃運輸東京支店倉庫内)

最寄駅:
JR 京葉線「潮見」駅から徒歩 1 分

開校式典後に行われたドローン体験会。

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボット社が空中から正確な温度測定可能なドローン用赤外線カメラを発売

スカイロボット社が空中から正確な温度測定可能なドローン用赤外線カメラを発売

産業用ドローンの開発、販売を手掛ける株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ドローンに搭載して空中から正確な温度測定ができる赤外線サーモグラフィカメラ『FLIR Vue PRO R(フリアービュープロアール)』を2017年2月7日に発売すると発表した。


スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

スカイロボット、静岡の廃校でドローンスクール 11月29日、操縦士育成と定住促進を

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都)は、11月29日、静岡県掛川市に11月29日『ドローンスクールジャパン静岡掛川校』を開校する。建設業の株式会社長尾機設(静岡県)と提携し、建設業を中心に地元で高まっているドローン操縦士需要に答え、雇用の創出も目指す。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


最新の投稿


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。