スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

スカイロボットが世界最大級の屋内ドローンスクールを都心に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、東京駅から車で15分の江東区潮見に『ドローンスクールジャパン東京校』を開校した。開校日となった25日には、来場者がドローンの操縦を体験、農業用ドローンや、ドローンを捕獲するため のドローンなどの飛行デモンストレーションが行われた。


東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す

開校記念式典後のデモンストレーション。農薬散布用の大型ドローンも余裕で飛べる広さがある。

 「ドローンスクールジャパン東京校」は、都内のドローン練習場やパイロット不足を解消を目的に、ドローン操縦士を育成する学校として開校した。JR 京葉線東京駅から7分ほどの潮見駅から徒歩 1 分、車だと約15分というアクセスのよさが特長。天候に左右されず練 習できる屋根付きの練習場は元西濃運輸の倉庫というだけあって、約 12,000 坪の敷地内に建てられた広さ3,000坪、天井までの高さ約 15mの施設で、世界最大級の屋内ドローン訓練場となっている。
 一般社団法 人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA)の認定校で、講習内容はホビー用から 産業用まで、目的に応じた操縦技術と知識を習得できる各種コースを用意、 修了者は DPA の認定資格を取得することができる。
  10 月 25 日の開校式典で挨拶に立ったDPAの小林一郎理事長は「潮見のDSJ東京校は今後ドローン業界の聖地となるポテンシャルがあり、ドローン市場の成功を左右する」と述べた。式典後はインストラクターによる各種ドローンの飛行デ モンストレーションや、参加者の無料操縦体験会も実施された。

 「ドローンスクールジャパン(略称DSJ)」は、ホビー用ドローンの安全運航技術や知識の取得から、 産業用ドローン(災害時の救助や調査、インフラ点検、農林業利用)の専門的な操縦技術やノウハウの 取得まで、ドローン操縦士の養成・訓練を目的とした学校。2016 年 4 月に、神奈川県高座郡 寒川町で「ドローンスクールジャパン神奈川校」をすでに運営を開始している。
 今回開校した東京校は第 2 号校で、東京都内におけるドローン飛行練習場不足と、パイロット不足の解消を目指す。 今後、2017 年 9 月までの間に、北海道、静岡県、千葉県、福島県など、全国に 10 校を開校予定という。

■■各種コースについて■■
「ドローンスクールジャパン」では、 各コースの修了者へ、星の数に応じた カード型の認定証と、認定証書を発行 する。下記の表は一例で、他にも 3D マッピングやレスキューなどの各種 「プロコース」や、「インストラクター 養成コース」などを用意している。 年齢や経験は一切関係なく、入学資格は 「ドローンの操縦や知識を学びたい気 持ちがあること」で、入学金は不要。

■■ドローンスクールジャパン東京校■■

住所:
東京都江東区潮見2丁目8
(旧西濃運輸東京支店倉庫内)

最寄駅:
JR 京葉線「潮見」駅から徒歩 1 分

開校式典後に行われたドローン体験会。

この記事のライター

関連する投稿


「ドローンスクールジャパン兵庫姫路校」2017年5月29日開 完全屋内型スクール

「ドローンスクールジャパン兵庫姫路校」2017年5月29日開 完全屋内型スクール

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:貝應大介)は、 西日本最大級の屋内飛行場を完備した「ドローンスクールジャパン兵庫姫路校」を5月29日に開校する。開校当日は、 式典のほか、 デモフライトや操縦体験会も開催。


ドローンスクールジャパンが常設屋内飛行場を完備した会津猪苗代校を開校

ドローンスクールジャパンが常設屋内飛行場を完備した会津猪苗代校を開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、福島県に常設屋内飛行場を完備した「ドローンスクールジャパン会津猪苗代校」を5月19日(金)に開校する。当日は、開校式典のほか、デモフライトや操縦体験会も開催する。


スカイロボットがドローン搭載のマーキングシステム「スカイマーカー」の世界特許を取得

スカイロボットがドローン搭載のマーキングシステム「スカイマーカー」の世界特許を取得

バックスピン射出と後方噴射排気管により、正確なマーキングを可能に。9月下旬発売予定


スカイロボットが東海地区初の常設屋内飛行場完備のドローンスクール4月25日開校

スカイロボットが東海地区初の常設屋内飛行場完備のドローンスクール4月25日開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットは、東海地区初の常設屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン愛知春日井校』を4月25日(火)に開校する。当日は、開校式典のほか、デモフライトや操縦体験会も開催する。


福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

産業用ドローンの開発、販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区、 代表取締役社長:貝應大介)は、九州初となる常設屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン福岡東校』を4月21日(金)に開校する。 当日は、 開校式典のほか、 デモフライトや操縦体験会も開催する。


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。