IoT展に登場した国産ドローンと新たな「視覚」

IoT展に登場した国産ドローンと新たな「視覚」

10月26日から幕張メッセで開催された「第二回 IoT/M2M展」の会場に、国産ドローンやドローンに搭載するセンサーカメラが登場した。空からのIoTを加速するドローンの最前線を取材した。(田中亘)


佐賀県と佐賀大学が連携するIT農業向け国産ドローン

アグリドローンの展示コーナー

国立大学法人佐賀大学農学部(以下 佐賀大学)ならびに佐賀県農林水産部(以下 佐賀県)、株式会社オプティム(以下 オプティム)は、「楽しく、かっこよく、稼げる農業」を目指して、三者連携協定を結び「アグリドローン」を開発してきた。展示コーナーには、開発中の機体が吊るされていた。「アグリドローン」は、フライトコントローラーに3D Robotics社のPixhawkを採用し、機体などを独自に設計している。その特長は、センサー機能と薬剤散布の両立。機体の前方下部に近赤外線カメラやサーモカメラなどを取り付けられるので、用途に合わせて切り替えて撮影できる。また自動飛行機能を備える。そして、最大2kgのペイロードによる薬剤の散布が可能。2kgというペイロードは、これまでの農業向けドローンと比較すると小さい。しかし、オプティムの九州エリアマネージャーの長沼俊介氏によれば「圃場や畑を撮影した画像データを解析して、問題のある個所にだけピンポイントでの農薬散布が可能なので2kgで充分」だという。現在は、佐賀県の提供する農業試験場での実証実験を繰り返し、カメラで撮影したデータを佐賀大学が協力して、生育分析や害虫被害の検出を研究している。「アグリドローン」の価格や発売時期は未定だが、必要な認可の申請と実証実験から得られたデータを元に、製品化に向けて取り組んでいるという。

開発中の機体の展示

機体の下部にはカメラを取り付けるアダプタと薬剤を散布できるタンクや噴霧装置を備える

エアロセンス社のドローンに「視覚」を提供するレグラス社のステレオカメラ

エアロセンス社のドローンに搭載されたステレオカメラ

画像処理技術を核とした先端技術を開発している株式会社レグラス(本社:東京都)は、エアロセンス社のドローン用の「視覚」となるステレオカメラを展示していた。同社は、車載用や高速画像検査向けなどの用途に、高性能な小型インテリジェントカメラを数多く開発している。今回、エアロセンス社のドローン搭載したステレオカメラは、その小型カメラを2個利用したもの。ステレオカメラによって、ドローンが物体の奥行などを認識できるようになる。レグラス社の古澤弘毅代表取締役社長によれば、「当社のステレオカメラによって、エアロセンス社のドローンは障害物などを立体的に認識し、屋内などでの自律飛行に役立てられると思います」と話す。同社ではステレオカメラの他にも、マルチスペクトルを計測できるセンサーカメラも開発中で、需要があればドローンへの搭載も検討していくという。ドローンの自律飛行と高性能なセンサーカメラの組み合わせは、空からのIoT端末として必須の機能。今年のIoT展では、その可能性を示すドローンやセンサーの展示が見られた。

レグラス社の古澤弘毅代表取締役社長とステレオカメラを搭載して自律飛行するドローンの試験映像

この記事のライター

関連する投稿


先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

ドローンなど先進技術を活用した救急救命の実証実験に取り組む「救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称:EDAC)」は、東京都内でシンポジウムを開き、1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡)で行われた実証実験の成果などを発表した。


米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

米CES 2017で注目を集めた日本のLoRaDrone

ITベンダーの株式会社システナ(本社:東京、代表取締役社長:三浦賢治)の米国子会社のSystena America Incは、米国ラスベガスで開催された家電ショーのCES2017に、世界初となるLoRaDroneを出展した。(田中亘)


ドローン映像とセンサーデータで病虫害防除、生育管理や新たな就農者を増やす取り組み

ドローン映像とセンサーデータで病虫害防除、生育管理や新たな就農者を増やす取り組み

農業は「国民に対する食料の安定的供給」という重要な役割を持つ産業です。しかし今の日本では、農業をめぐりさまざまな課題が存在します。


リコーがドローンに参入する理由

リコーがドローンに参入する理由

大手複写機メーカーのリコーは、同社のMFP技術を切り出し、新領域に展開する動きのなかでドローン分野に参入。3次元イメージングや全天球イメージングをはじめとする複合技術をドローンに導入しようと、新たなビジネスに挑戦しているところだ。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。