全国ドローンレース選手権開催! JDRAが関西など全国4エリアで12月10、11日に

全国ドローンレース選手権開催! JDRAが関西など全国4エリアで12月10、11日に

 一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、 12月11日(日)に東北、関東、関西、四国の全国4エリアで、全国ドローンレース選手権 を開催する。


■全国ドローンレース選手権詳細
日時:2016年12月10日(土)、 11日(日)
場所:全国4エリアごとに異なる
千葉県君津市(関東エリア)
兵庫県(関西エリア)
福島県(東北エリア)
徳島県(四国エリア)
エントリー数:67名(10月30日現在)
エントリー方法:下記HPの「エントリーはこちらから」より
http://jdra.or.jp/championship/

■本大会の特徴
世界で初めて全国4エリアで同日時、 同コースレイアウトでドローンレースを開催する。 各エリアの上位入賞者には、 2017年初旬に予定している「日本初の夜間LED特別コース」で行う「第三回Japan Drone Championships」に完全招待(交通費・宿泊費を負担)する。

この記事のライター

関連する投稿


世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催

世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催

2017年2月に長崎のハウステンボスで感動の激光体験!「第3回 ジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボス」が開催。


「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点・一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、2016年11月26日にワークショップ「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける(かける)!~」を開催する。会場は、東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター。


日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は6日、 関西支部、 東北支部、 四国支部を新たにJDRA支部として発足したと発表した。


最新の投稿


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS、簡単操作で、ドローン活用を支援する「Smart at drone」の提供開始

M-SOLUTIONS株式会社(エムソリューションズ株式会社、 本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:佐藤 光浩、 以下M-SOL)は、 この度、 簡単にドローンの活用を支援するM-SOLのオリジナルサービス「Smart at drone(スマートアットドローン)」の提供を本日より開始すると発表した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 2/23開催!

本セミナーの内容を正しくご理解してもらうことで、ユーザーが実際に国土交通省とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートする。


【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

【慶大×田村市:ドローン日記】船引高校2年の石井新一さん「ドローンがとても好きに」

 福島県田村市の県立船引高等学校(伊豆幸男校長)2年生、石井新一さん(写真中央)が、慶應大学が指導する「ドローン特別講座」に参加した感想を、日記にまとめてくれました。昨年12月にスタートした講座は、現在、基礎練習から、空撮、レース、地域課題解決に分かれ、専門のトレーニングにさしかかっています。