全国ドローンレース選手権開催! JDRAが関西など全国4エリアで12月10、11日に

全国ドローンレース選手権開催! JDRAが関西など全国4エリアで12月10、11日に

 一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、 12月11日(日)に東北、関東、関西、四国の全国4エリアで、全国ドローンレース選手権 を開催する。


■全国ドローンレース選手権詳細
日時:2016年12月10日(土)、 11日(日)
場所:全国4エリアごとに異なる
千葉県君津市(関東エリア)
兵庫県(関西エリア)
福島県(東北エリア)
徳島県(四国エリア)
エントリー数:67名(10月30日現在)
エントリー方法:下記HPの「エントリーはこちらから」より
http://jdra.or.jp/championship/

■本大会の特徴
世界で初めて全国4エリアで同日時、 同コースレイアウトでドローンレースを開催する。 各エリアの上位入賞者には、 2017年初旬に予定している「日本初の夜間LED特別コース」で行う「第三回Japan Drone Championships」に完全招待(交通費・宿泊費を負担)する。

この記事のライター

関連する投稿


世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催

世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催

2017年2月に長崎のハウステンボスで感動の激光体験!「第3回 ジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボス」が開催。


「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点・一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、2016年11月26日にワークショップ「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける(かける)!~」を開催する。会場は、東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター。


日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は6日、 関西支部、 東北支部、 四国支部を新たにJDRA支部として発足したと発表した。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。