全国ドローンレース選手権開催! JDRAが関西など全国4エリアで12月10、11日に

全国ドローンレース選手権開催! JDRAが関西など全国4エリアで12月10、11日に

 一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、 12月11日(日)に東北、関東、関西、四国の全国4エリアで、全国ドローンレース選手権 を開催する。


■全国ドローンレース選手権詳細
日時:2016年12月10日(土)、 11日(日)
場所:全国4エリアごとに異なる
千葉県君津市(関東エリア)
兵庫県(関西エリア)
福島県(東北エリア)
徳島県(四国エリア)
エントリー数:67名(10月30日現在)
エントリー方法:下記HPの「エントリーはこちらから」より
http://jdra.or.jp/championship/

■本大会の特徴
世界で初めて全国4エリアで同日時、 同コースレイアウトでドローンレースを開催する。 各エリアの上位入賞者には、 2017年初旬に予定している「日本初の夜間LED特別コース」で行う「第三回Japan Drone Championships」に完全招待(交通費・宿泊費を負担)する。

この記事のライター

関連する投稿


世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催

世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催

2017年2月に長崎のハウステンボスで感動の激光体験!「第3回 ジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボス」が開催。


「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける!~」 東大でワークショップ開催

東京大学社会科学研究所現代中国研究拠点・一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、2016年11月26日にワークショップ「ドローン×アジア~ドローン、アジアを翔ける(かける)!~」を開催する。会場は、東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター。


日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

日本ドローンレース協会(JDRA)が関西、四国、東北に支部発足

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は6日、 関西支部、 東北支部、 四国支部を新たにJDRA支部として発足したと発表した。


最新の投稿


特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

ドローンを飛ばしている人は、大きく二つに分かれる。一つはホビーで楽しむ人。もう一つはビジネスにしている人。趣味ではなく仕事でドローンを飛ばす人たちは、どんな仕事でどのくらいの収入があるのか、気になるところだ。


栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市の「ハンターマウンテンゆりパーク」で、ドローン撮影。


DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米アマゾンが移動式UAV修理&配送ビークルの特許を取得

米国時間の8月1日に公開された特許によれば、米アマゾンは故障したUAVを自動的に保守できる移動式の修理車両を開発する考えだ。


senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbris(アルブリス)のデモンストレーションを実施した。